このトピックでは、ClassicLink 接続を確立する方法について説明します。 ClassicLink 接続を確立した後、クラシックネットワーク ECS インスタンスを、VPC にデプロイされたクラウドリソースに接続できます。

始める前に

ClassicLink 接続を確立する前に、次の条件を満たしている必要があります。
  • ClassicLink 接続の確立に関連する制限事項を理解していること。 詳細は、「ClassicLink の概要」をご参照ください。
  • ClassicLink 接続を確立する VPC の ClassicLink 機能が有効化されていること。 詳細は、「ClassicLink の有効化」をご参照ください。

手順

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションペインで、 [インスタンス & イメージ] > [インスタンス] を選択します。
  3. ターゲット ECS インスタンスが属するリージョンを選択します。
  4. [インスタンスリスト] ページで、ターゲットのクラシックネットワークインスタンスを見つけ、[アクション] 列の [詳細] > [ネットワークとセキュリティグループ] > [ClassicLink の設定] を選択します。
  5. [VPC へのリンク] ダイアログボックスで、ターゲット VPC を選択し、[OK] をクリックします。
  6. [クラシックリンクセキュリティグループにルールを追加します。] をクリックし、[クラシックリンクルールを追加] をクリックします。
    ClassicLink ルールの追加
  7. [クラシックリンクルールを追加] ダイアログボックスでパラメーターを設定し、[OK] をクリックします。 次の表に、パラメーターについて説明します。
    設定 説明
    クラシックセキュリティグループ クラシックネットワークセキュリティグループの名前。
    VPC セキュリティグループ VPC のセキュリティグループを選択します。
    モード 次のいずれかのモードを選択します。
    • クラシック<=> VPC:接続されたリソースは相互にアクセスできます (推奨)。
    • クラシック=> VPC:クラシックネットワーク ECS インスタンスから VPC のクラウドリソースへのアクセスを許可します。
    • クラシック<= VPC:VPC のクラウドリソースからクラシックネットワーク ECS インスタンスへのアクセスを許可します。
    プロトコルタイプ 通信用のプロトコルを選択します。
    ポート範囲 通信用のポートを選択します。 ポートの形式は xx/xx でなければなりません。 たとえば、ポート 80 を使用する場合、80/80 と入力します。
    プライオリティ セキュリティグループルールのプライオリティを設定します。 値が小さいほど、プライオリティが高くなります。
    説明 セキュリティグループルールの説明を入力します。
  8. ECS のインスタンスページで、右上の [表示項目] アイコンをクリックし、[リンクステータス] を選択し、[OK] をクリックして ECS インスタンスのリンクステータスを表示します。
    図 1. [表示項目] アイコン
    [表示項目] アイコン
    図 2. リンクステータス
     リンクステータス
    図 3. VPC に接続済み
    VPC に接続済み