仮想プライベートクラウド(VPC) はユーザー専用の Alibaba Cloud プライベートネットワークです。 ユーザー自身の VPC で、IP アドレス範囲の指定、ルートテーブルの構築、ネットワークゲートウェイなどをフルコントロールできます。 また、ECS、RDS、SLBなどの Alibaba Cloud リソースをユーザー自身の VPC で使用することもできます。

VPCコンポーネント

VRouter と VSwitch はVPCの基本コンポーネントです。
  • VRouterはVPC 内の各 VSwitch に接続できます、またゲートウェイとして VPC を他のネットワークに接続することも可能です。 VRouter は、 VPC を作成後に自動的に作成されます。 各 VRouter はルートテーブルと関連付けられています。 詳細はこちらをご参照くださいルーティング

  • VSwitchはVPC 内の基本的なネットワークモジュールで、様々なクラウドプロダクトインスタンスへ接続するに使用されます。 VPC を作成後、VSwitch を作成して仮想プライベートネットワークをさらに1つまたは複数のサブネットにセグメント化することができます。 サービス向上のために、異なったアプリケーションを異なったゾーンの異なった VSwitch にデプロイすることができます。 デフォルト設定では、同一 VPC 内の異なったゾーンに存在する VSwitch はイントラネットを通して相互に通信することができます。 詳細はこちらをご参照くださいVSwitchの管理



IPアドレス範囲(CIDRブック)

VPC を作成時に、IP アドレス範囲を CIDR(Classless Inter-Domain Routing)ブロックの形式で指定する必要があります。 次のスタンダードプライベート CIDR ブロックや、そのサブセットを IP アドレス範囲として使用してください。 IP アドレス範囲はネットワークのデザインに関連しています。 詳細はこちらをご参照くださいVPC環境の設定

スタンダード CIDR ブロックのサブセットを IP アドレスの範囲として使用する場合は、CreateVPCAPI を使用して VPC を作成する必要があります。

CIDRブロック 使用可能なプライベートIPの数
192.168.0.0/16 65,532
172.16.0.0/12 1,048,572
10.0.0.0/8 16,777,212

VPCとVSwitchの作成

VPC にクラウドリソースをデプロイするには、少なくとも一つの VSwitch を作成しなければなりません。 VPC と VSwitch を作成するには、次のプロセスに従ってください。
  1. VPCコンソールにログインします。
  2. VPC のリージョンを選択します。

    VPC とクラウドリソースは同一リージョンにデプロイしなければなりません。

  3. VPCの作成をクリックし、次の情報を参考してVPCを構築してから、OKをクリックします
    構成 説明
    VPCの構築
    名前 VPC の名前を入力します。

    入力できる文字数は2~128文字です。 英字または漢字で始まり、数字、ハイフン(-)、アンダーバー(_)を含めることができます。

    宛先の CIDR ブロック VPC の CIDR ブロックを選択します。 VPC の CIDR ブロックの制限事項は次の通り:
    • 192.168.0.0/16、172.16.0.0/12、10.0.0.0/8の3つのスタンダード CIDR ブロック及びそのサブセットを VPC の IP アドレス範囲として使用可能です。 スタンダード CIDR ブロックのサブネットを IP アドレス範囲として使用しようとする場合は、CreateVpc API を使用して VPC を作成する必要があります。

    • VPC を他の VPC、またはローカルネットワークに接続して、ハイブリッドクラウドを構築しようとする場合、スタンダード CIDR ブロックのサブセットを使用することをお勧めします、そしてネットワークマスクが/16 を超えないことを確実にしてください。

    • 必要な VPC は1つのみで、ローカルネットワークとの通信は必要がない場合、スタンダード CIDR ブロックやそのサブセットであればどれでも使用できます。

    重要 VPC を作成後、CIDR ブロックを変更することはできません。
    VSwitchの構築
    名前 VSwitch の名前を入力します。

    入力できる文字数は2~128文字です。 英字または漢字で始まり、数字、ハイフン(-)、アンダーバー(_)を含めることができます。

    ゾーン VSwitch のゾーンを選択します。 VPC では、異なったゾーンに存在する VSwitch の間でイントラネットを通して相互に通信することができます。
    CIDRブロック VSwitch の CIDR ブロックを入力します。 VSwitch の CIDR ブロックを指定する際には、次の制限事項に注意してください:
    • VSwitch の CIDR ブックを VSwitch の親 VPC、またはVPC CIDR ブロックのサブセットのものと同様に設定できます、

      たとえば、VPC の CIDR ブロックは192.168.0.0/16である場合、VPC 内の VSwitch の CIDR ブロックを192.168.0.0/16から192.168.0.0/29までに設定することができます。

      VSwitch の CIDR ブックを VSwitch の親VPC のものと同様に設定している場合は、VSwitch を一つしか作成できません。
    • VSwitch のサブネットマスクのサイズは/16~/29で、8~65536のIPアドレスを提供可能です。

    • 最初と最後の3つの IP アドレスはシステムが予約済みです。

      たとえば、IP アドレス範囲は192.168.1.0/24とします、その場合、システムが予約済みのIPアドレスは192.168.1.0、192.168.1.253、 192.168.1.254、及び192.168.1.255です。

    • VSwitch は他の VPC の VSwitch、またはローカルデータセンターに接続している場合は、CIDR ブロックの重複を避けてください。

    重要 VSwitch を作成後、その CIDR ブロックを変更することはできません。

VPCの削除

VPC 内のすべての switch が削除されていることをしっかり確かめてください。 VPC を削除後、関連付けられた VRouter とルートテーブルも削除されます。

VPC を削除するには、次を参照してください。
  1. VPC コンソールで、VPC のリージョンを選択します。
  2. 対象 VPC を検索し、削除をクリックします。
  3. 表示されるダイアログボックスで、OKをクリックします

ClassicLink機能の有効化

ClassicLink を使用することで、典型的なネットワーク内の ECS インスタンスは VPC に接続したクラウドリソースと通信できます。 詳細はこちらをご参照くださいClassicLink概要

ClassicLink 機能を有効化するには、こちらをご参照してください:
  1. VPC コンソールで、VPC のリージョンを選択します。
  2. 対象 VPC の ID をクリックします。
  3. VPCの詳細ページで、クラシックリンクの有効化をクリックします。


  4. OKをクリックします。
  5. ClassicLink コネクションを作成します。

    詳細はこちらをご参照くださいClassic Link 接続の作成

CENインスタンスにアタッチします

VPC を CEN インスタンスにアタッチすることで、CEN インスタンス内の他の VPC、またはローカルデータセンターに通信することができるようになります。 詳細は次を参照してくださいCENの概要

同一アカウント内でVPCをすばやく CEN インスタンスにアタッチするにはこちらをご参照ください:
  1. VPC コンソールで、VPC のリージョンを選択します。
  2. 対象 VPC の ID をクリックします。
  3. VPCの詳細ページからCENにアタッチをクリックします。


  4. CEN インスタンスを選択してOKをクリックします。

CENの権限付与

異なったアカウントでの CEN インスタンスに VPC をアタッチしようとする場合、まずCEN インスタンスに権限を付与する必要があります。

VPC をアタッチするための CEN インスタンスへの権限付与は、次の手順を参照して実行してください。
  1. VPC コンソールで、VPN のリージョンを選択します。
  2. アタッチに使う対象VPCのIDをクリックします。
  3. VPCの詳細ページで、CENクロスアカウント権限付与をクリックします。


  4. CENにアタッチのダイアログボックスで、CEN インスタンスの所属するアカウントID と CEN インスタンスの ID を入力して、OKをクリックします。

関連するAPI

CreateVPC

DeleteVPC

DescribeVpcs

ModifyVpcAttribute