はじめに

  • anti-leech 機能は、HTTP でサポートされるリファラー情報に基づいています。 この機能では、リファラーを使用してソースを追跡、識別、および判断します。 リファラーのブラックリストとホワイトリストを設定すると、訪問者のIDを識別してフィルタリングし、DCDN リソースへのアクセスを制限することができます。
  • anti-leech 機能は、ブラックリストまたはホワイトリストをサポートします。 訪問者がリソースのリクエストを開始した後、そのリクエストは DCDN ノードに到達します。 DCDN ノードは、あらかじめ設定された anti-leech ブラックリストまたはホワイトリストに従って、訪問者のIDをフィルターします。 ID がホワイトリストに含まれている、または ID がブラックリストに含まれていない訪問者は、リソースを取得できます。 これ以外の場合、訪問者のレクエストは拒否され、403 レスポンスコードが返されます。

制限およびガイドライン

  • anti-leech 機能は、デフォルトでは無効です。 必要に応じて設定することができます。
  • ブラックリストとホワイトリストは互いに排他的です。 この機能を使用して一度に編集できるのは、ブラックリストのみ、あるいはホワイトリストのみです。
  • 空のリファラーフィールドに、DCDN リソースにアクセスできるかどうかの設定ができます。 これにより、ブラウザのアドレスバーからリソース URL に直接アクセスできます。
  • 設定後、ワイルドカードドメインのサポートが自動的に追加されます。 たとえば、「example.com」と入力すると、実際は「 *.example.com」という設定になり、example.com のすべてのサブドメインに適用されます。

手順

  1. ドメイン名ページで、ドメイン名を選択し、[設定] をクリックします。
  2. [アクセス制御] > [リファラーAnti-leech] に移動し、[変更] をクリックします。
  3. ブラックリストまたはホワイトリスト を設定します。