はじめに

この機能では、オリジンフェッチのクライアントプロトコルは、リソースアクセスのためのプロトコルと同じものになります。 つまり、クライアントが HTTPS を使用してリソースをリクエストし、そのリソースがノード上にキャッシュされていない場合、DCDN は HTTPS を使用して、オリジンのリソースをリクエストします。 同様に、クライアントが HTTP を使用してリソースをリクエストした場合、ノードは HTTP を使用してオリジンにリクエストを転送します。

現在、動的オリジンプロトコルポリシーと静的オリジンプロトコルポリシーがサポートされています。
オリジンサイトは、ポート 80 とポート 443 に対応している必要があります。 対応していない場合、オリジンフェッチが失敗する可能性があります。

手順

動的オリジンプロトコルポリシー
  1. [ドメイン名] ページでドメイン名を選択し、[設定] をクリックします。
  2. [アクセラレーションルール] > [動的オリジンプロトコルポリシー] に移動し、[変更] をクリックします。
  3. リダイレクトタイプの選択: クライアントと一致HTTP、または HTTPS
静的オリジンプロトコルポリシー
  1. [ドメイン名] ページでドメイン名を選択し、[設定] をクリックします。
  2. [オリジンフェッチ] > [静的オリジンプロトコルポリシー] に移動し、スイッチをクリックします。