テスト分析
  • 同じシャードの場合、ストレスが増加してもランダム書き込み操作の遅延の変化がわずかであれば、このレイテンシのリソースは比較的適切です。 ストレスが増加すると、QPS は大きくなります。

  • 同じシャードの場合、ストレスが増加してランダム書き込み操作の遅延がより長くなると、シャードがあるサーバーに要求のキューが表示されます。 ストレスが増加すると、QPS は直線的には増加しません。

  • このパフォーマンステストは、サービスパフォーマンスの限界テストではありません。 このテストは、Table Store サーバーの 調整処理がトリガーされません。 Table Store の自動ロードバランシング機能は、単一のテーブルで提供されるサービス機能の水平方向の拡大を保証します。

ランダム書き込みパフォーマンス



ランダム読み取りパフオーマンス

ランダムバッチ書き込みバフォーマンス

ランダム取得範囲パフォーマンス