edit-icon download-icon

Dynamic Route for CDN とは

最終更新日: Dec 26, 2018

概要

Dynamic Route for CDN は、動的アクセラレーション静的アクセラレーションの技術を統合した CDN プロダクトです。このワンストップソリューションにより、サイト全体のパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスが向上し、レスポンス遅延、パケットロス、サービスの不安定さなどの問題も解決されます。これらの問題は、動的なページコンテンツと静的なページコンテンツの混在、キャリア間アクセス、不安的なネットワーク、単一ソースサイト、トラフィックの急増、ネットワーク輻輳などの要因によって引き起こされます。

特徴

1. 動的コンテンツと静的コンテンツを区別する

Dynamic Route for CDN では、コンテンツタイプ、URI、リクエスト方法、カスタム HTTP ヘッダーを指定することにより、動的コンテンツと静的コンテンツを区別することができます。

2. 動的コンテンツと静的コンテンツを別々に高速化する

シンプルな設定ルールにより、動的コンテンツと静的コンテンツを同時に高速化できます。

  • 静的コンテンツは、隣接する CDN ノードのキャッシュから取得することができます。
  • 動的コンテンツは、スマートルーティング最適化やプロトコル最適化などのコア技術を使用して、back-to-origin プロセスで取得することができます。

CDN と Dynamic Route for CDN

CDN Dynamic Route for CDN
アクセラレーション方法 静的コンテンツのエッジノードキャッシング、およびグローバルサーバーロードバランシング 静的コンテンツのエッジノードキャッシング、グローバルサーバーロードバランシング、および動的コンテンツのスマートルーティングにより、輻輳を回避し、キャリア間アクセスのパフォーマンスに関する問題を解決します。
サポートされるコンテンツタイプ 静的コンテンツ (HTML、JSS、イメージファイル、インストールパッケージ、動画ファイルなど) 静的コンテンツ (HTML、JSS、イメージファイル、インストールパッケージ、動画ファイルなど) と、動的コンテンツ (接尾辞が .aspx、.asp、.jsp、.php、.perl などの動的リクエストのアクセラレーション)
ソースサイトの対応 静的コンテンツサイトと動的コンテンツサイトの区別が必要です。静的コンテンツを含むソースサイトのみが高速化されます。 ソースサイトの変更は不要です。Dynamic Route for CDN プロダクトでは、静的アクセラレーションと動的アクセラレーションのルールを柔軟に設定できます。

注意:デフォルトでは、Dynamic Route for CDN サービスは、動的アクセラレーションを使用して、すべてのコンテンツを高速化します (静的コンテンツはキャッシュされず、代わりに、動的アクセラレーションを使用して back-to-origin プロセスで取得されます)。静的ファイルをキャッシュするには、Dynamic Route for CDN ドメイン名を追加し、動的コンテンツと静的コンテンツのルールを手動で設定し、静的コンテンツのタイプを指定します。

Dynamic Route for CDN をすぐに使い始めるには、「クイックスタート」をご参照ください。

機能

Dynamic Route for CDN は、静的コンテンツと動的コンテンツの分離、スマートキャッシング、ルーティング最適化、転送最適化などのコア技術を活用することで、転送の高速化、安定化、基本的な保護、柔軟な制御を実現します。主な機能は次のとおりです。

  • 転送の高速化

    • 静的コンテンツと動的コンテンツの分離と静的キャッシュ。

    • アクセスリンク最適化、圧縮、転送コンテンツのマージ、スマートルーティング、およびリンク多重化。

    • 全ノード SSD 高速化。

  • 安定性

    • サーバーロードバランシグ、効率的な back-to-origin、QoS 制限がサポートされています。

    • セッション持続性とフェイルオーバー再試行機能を提供し、効率的な back-to-origin と情報の同期を保証します。

    • ソースサイトのヘルスチェックでは、レイヤー 4 およびレイヤー 7 の検出プロセスを通じて、back-to-origin リンクのステータスを追跡します。

  • 基本的な保護

    • anti-leech 機能。リファラーブラックリストとホワイトリストの設定をサポート。

    • IP ブラックリストとホワイトリスト、および UA ブラックリストとホワイトリスト。

    • 全体的な情報のモニタリングと完全なログのダウンロード。

  • HTTPS 設定

    • HTTP/2 と SNI 共有 IP 技術をフルサポート。

    • 複数の証明書形式。非公開鍵ソリューションなし。

  • 柔軟な制御

    • カスタマイズ可能な動的アクセラレーションルールと静的アクセラレーションルール。

    • コンソールのカスタマイズ、独自のサービスドメイン名の設定、および API。

    • 複数のソースサイトの優先度設定をサポート。

    • 一般的なドメイン名の設定をサポート。

    • ディレクトリと URL の両方で、Web サイトコンテンツの有効期限を設定可能。

    • ページの最適化、リフレッシュやウォームアップなどの機能をサポート。