edit-icon download-icon

利用イメージ

最終更新日: Dec 20, 2018

Database Backup は、さまざまな利用イメージのニーズを満たす完全バックアップ、増分バックアップ、およびデータ復旧機能を提供します。

RPO を最小限に抑えたリアルタイムバックアップ

データベースは企業にとって最も貴重な資産です。つまり、データベースのバックアップを維持することが不可欠です。DBS を使用すると、データの重要度に基づき、毎週、毎日、毎時のデータベースバックアップを実行できます。データベースで障害が発生すると、毎週、毎日、または毎時のバックアップを実行していても、重要なデータが失われる可能性があります。これは、ゲームや金融会社にとって、あってはならないことです。

障害発生時のデータ損失を最小限に抑えるために、DBS はリアルタイムバックアップを提供します。これにより、データベースを正確な時点に復元できます。

テーブルの復元

完全バックアップは最も一般的なデータバックアップソリューションです。誤ってデータベース内のテーブルを削除した場合、削除されたテーブルを見つけるには、データベース全体を復元する必要があります。この従来のソリューションは、時間がかかり、障害復旧時間が長くなります。

DBS では、データベースの障害から迅速に復旧するために、特定のニーズに合わせて個々のテーブルを復元できます。テーブル復元の詳細については、「テーブルを復元する」 をご参照ください。

長期データアーカイブ

コンプライアンス要件を満たすためには、しばしば長期間のデータストレージが必要になります。従来の解決方法では、ディスクまたは磁気テープにデータを格納しています。ただし、ハードウェア障害が発生した場合、バックアップの信頼性が保証されないことがあります。重要なタスクの実行中にデータの復元が失敗し、バックアップがない場合は、すべてのデータが失われます。バックアップするデータの量が増えるにつれて、データ管理も難しくなっています。

DBS はデータバックアップのための完全なライフサイクル管理ソリューションを提供します。データアクセス頻度に従って、さまざまなストレージタイプを選択できます。DBS では、自動的にバックアップセットを異なるストレージロケーションに転送し、設定に基づいて期限切れのバックアップを削除します。

コールドバックアップサイト

データベースの完全なディザスタリカバリソリューションでは、ローカルデータベースのバックアップと、遠隔地のバックアップが必要です。従来の解決策では、バックアップセットが冗長なディスクやサーバーに保存されています。これは、地震や台風などの自然災害が発生した場合に、簡単に破損する可能性があります。遠隔地にバックアップを格納するには、まず、異なる地域に複数のバックアップサイトを構築する必要があります。これには非常に大きな投資が必要です。

DBS は従量課金制を採用しており、オンプレミスデータセンター、ECS インスタンス、およびサードパーティのクラウド環境にデプロイされた RDS インスタンスと、データベースをサポートします。DBS は、データベースのバックアップを Alibaba Cloud OSS に保管します。リモートディザスタリカバリの詳細については、「DBS によるリモートバックアップの作成」 をご参照ください。

コールドバックアップサイトとは別に、DTS を使用してホットバックアップサイトを構築することもできます。ビジネスセンターで障害が発生すると、サービスへのすべてのトラフィックが、ローカルのデータセンターやバックアップサイトに送信されます。

注意:

  • コールドバックアップサイト:比較的低コストです。Alibaba Cloud OSS にデータを格納します。データ復旧時間は数時間以内です。
  • ホットバックアップサイト:高いコストが必要です。データをデータベースに格納します。データ復旧時間は数分以内です。