指定されたインスタンスのすべてのステータス情報を記述します。すべてのステータス情報には、インスタンスのステータス、およびインスタンスイベントのステータスが含まれます。インスタンスのステータスとは、インスタンスのライフサイクルのステータスのことで、インスタンスイベントのステータスとは、メンテナンスイベントのヘルスステータスのことです。詳細は、インスタンスライフサイクル、およびインスタンスのシステムイベントをご参照ください。

説明

インターフェースを呼び出すと、スケジュールされたイベントのステータス (Scheduled) と、指定されたインスタンスのステータスを含む情報が返されます。

期間を指定すると、その期間内のすべてのイベントが照会されます。

リクエストパラメーター

名前 必須かどうか 説明
Action String はい このインタフェースの名前。値:DescribeInstancesFullStatus
RegionId String はい インスタンスが属するリージョンの ID。詳細については、「リージョンとゾーン」を参照するか、 DescribeRegions を呼び出して最新のリージョンリストを取得してください。
InstanceId.N String いいえ インスタンス ID。 N の値の範囲:[1,100]。たとえば、 InstanceId. 1=”i-instance1”, 2=”i-instance2”……
EventId.N String いいえ イベント ID。 N の値の範囲:[1,100]。たとえば、EventId. 1=”e-xhskHun1256xxxx”, EventId. 2=”e-xhskHun1257xxxx”……
Status String いいえ インスタンスのライフサイクルステータス。オプションの値:
  • Starting
  • Running
  • Stopped
HealthStatus String いいえ インスタンスのヘルスステータス。オプションの値:
  • OK:インスタンスのパフォーマンスは正常です。
  • Impaired:インスタンスのパフォーマンスが異常です。
  • Warning:メンテナンスや技術的な問題のために、インスタンスのパフォーマンスが低下することがあります。
  • Maintaining:インスタンスはメンテナンス中です。
  • Initializing:インスタンスは初期化中です。
  • InsufficientData:データが不十分でイベントの詳細を特定できません。
  • NotApplicable:該当しません。
InstanceEventType.N String いいえ 1 つまたは複数のインスタンスのイベントタイプ。N の値の範囲:[[1, 30]。イベントは、InstanceEventType.1=”Reboot”、InstanceEventType.2=”SystemFailure.Reboot” のような形式で表示する必要があります。オプション値: SystemMaintenance.Reboot:システムメンテナンスのため、インスタンスが再起動します。 SystemFailure.Reboot:システム障害により、インスタンスが再起動します。 InstanceFailure.Reboot:インスタンス障害により、インスタンスが再起動します。Instanceeventtype. 1=”Reboot”, InstanceEventType. 2=”SystemFailure.Reboot”…… 値の範囲:
  • Systemmaintenance. Reboot:システムメンテナンスのためインスタンスが再起動します。
  • Systemfailure. Reboot:システム障害によりインスタンスが再起動します。
  • Maid. Reboot:インスタンス障害によりインスタンスが再起動します。
EventType String いいえ インスタンスのイベントタイプ。EventType は、InstanceEventType.N が指定されていない場合にのみ有効です。オプションの値:
  • SystemMaintenance.Reboot
  • SystemFailure.Reboot
  • InstanceFailure.Reboot
NotBefore.Start String いいえ スケジュールされたイベント実行の開始時刻を問い合わせます。 時刻形式は ISO8601標準に準拠し、UTC 時間が使用されます。形式は yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZ です。
NotBefore.End String いいえ スケジュールされたイベント実行の終了時刻を問い合わせます。 時刻形式は ISO8601 標準に準拠し、UTC 時間が使用されます。形式は yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZ です。
EventPublishTime.Start String いいえ イベントリリースの開始時刻を問い合わせます。時刻形式は ISO8601 標準に準拠し、UTC 時間が使用されます。形式は yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZ です。
EventPublishTime.End String いいえ イベントリリースの終了時刻を問い合わせます。時刻形式は ISO8601 標準に準拠し、UTC 時間が使用されます。形式は yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZ です。
PageNumber Integer いいえ クエリ結果のページ番号。値は正の整数でなければなりません。

デフォルト値:1

PageSize Integer いいえ クエリ結果のページサイズ。値の範囲:[1,100]

デフォルト値:10

レスポンスパラメーター

名前 説明
TotalCount Integer インスタンスのステータスの合計数。
Pagenumber Integer インスタンスのステータスリストのページ番号。
Pagesize Integer 各ページのサイズ。
Instancefullstatusset Array of InstanceFullStatusTypeすべてのインスタンスステータスの配列。
InstanceFullStatusType
名前 説明
InstanceId String インスタンス ID。
Scheduledsystemeventset Array of ScheduledSystemEventType スケジュールされたイベントの配列。
Status. Code Integer インスタンスライフサイクルステータスのコード。
Status. Name String インスタンスライフサイクルステータスの名前。
Healthstatus. Code Integer ヘルスステータスのコード。
Healthstatus. Name String ヘルスステータスの名前。
ScheduledSystemEventType
名前 説明
EventId String インスタンスイベントの ID。
EventCycleStatus.Code Integer イベントステータスのコード。
EventCycleStatus.Name String イベントステータスの名前。
EventType.Code Integer イベントタイプのコード。
EventType.Name String イベントタイプのコード。
Eventpublishtime String イベントのリリース時刻。時刻形式は ISO8601 標準に準拠し、UTC 時間が使用されます。形式は yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZ です。
NotBefore String イベント実行の予定時刻。時刻形式は ISO8601 標準に準拠し、UTC 時間が使用されます。形式は yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZ です。

リクエストの例
  1. https://ecs.aliyuncs.com/?Action=DescribeInstancesFullStatus&RegionId=cn-hangzhou&<共通リクエストパラメーター>
成功したレスポンスの例

XML 形式

  1. <DescribeInstancesFullStatusResponse> <? xml version=”1.0 encoding=”UTF-8 ? > <InstanceFullStatusSet> <InstanceFullStatusType> <InstanceId>i-instance1</InstanceId> <Status> <Code>1</Code> <Name>Running</Name> </Status> <HealthStatus> <Code>0</Code> Group1 </HealthStatus> <ScheduledSystemEventSet> <ScheduledSystemEventType> <EventId>e-event1</EventId> <EventCycleStatus> <Code>24</Code> <Name>Scheduled</Name> </EventCycleStatus> <EventType> <Code>1</Code> <Name>SystemMaintenance.Reboot</Name> </EventType> <EventPublishTime>2017-11-30T06:32:31Z</EventPublishTime> <NotBefore>2017-12-01T06:32:31Z</NotBefore> </ScheduledSystemEventType> <ScheduledSystemEventType> <EventId>e-event2</EventId> <EventCycleStatus> <Code>24</Code> <Name>Scheduled</Name> </EventCycleStatus> <EventType> <Code>34</Code> <Name>InstanceExpiration.Stop</Name> </EventType> <EventPublishTime>2017-11-30T00:00:00Z</EventPublishTime> <NotBefore>2017-12-07T00:00:00Z</NotBefore> </ScheduledSystemEventType> </ScheduledSystemEventSet> </InstanceFullStatusType> <InstanceFullStatusType> <InstanceId>i-instance2</InstanceId> <Status> <Code>1</Code> <Name>Running</Name> </Status> <HealthStatus> <Code>64</Code> <Name>Warning</Name> </HealthStatus> <ScheduledSystemEventSet> <ScheduledSystemEventType> <EventId>e-event3</EventId> <EventCycleStatus> <Code>24</Code> <Name>Scheduled</Name> </EventCycleStatus> <EventType> <Code>65</Code> <Name>SystemFailure.Reboot</Name> </EventType> <EventPublishTime>2017-11-30T06:32:31Z</EventPublishTime> <NotBefore>2017-12-01T06:32:31Z</NotBefore> </ScheduledSystemEventType> </ScheduledSystemEventSet> </InstanceFullStatusType> </InstanceFullStatusSet> <PageSize>10</PageSize> <PageNumber>1</PageNumber> <TotalCount>2</TotalCount> <RequestId>AAC49D3E-ED6F-4F00-XXXX-377C551B1DD4</RequestId></DescribeInstancesFullStatusResponse>
JSON 形式
  1. { InstanceFullStatusSet”: { InstanceFullStatusType”: [ { InstanceId”: i-instance1”, Status”: { Code”: 1, Name”: Running }, HealthStatus”: { Code”: 0, Name”: Ok }, ScheduledSystemEventSet”: { ScheduledSystemEventType”: [ { EventId”: e-event1”, EventCycleStatus”: { Code”: 24, Name”: Scheduled }, EventType”: { Code”: 1, Name”: SystemMaintenance.Reboot }, EventPublishTime”: 2017-11-30T06:32:31Z”, NotBefore”: 2017-12-01T06:32:31Z }, { EventId”: e-event2”, EventCycleStatus”: { Code”: 24, Name”: Scheduled }, EventType”: { Code”: 34, Name”: InstanceExpiration.Stop }, EventPublishTime”: 2017-11-30T00:00:00Z”, NotBefore”: 2017-12-07T00:00:00Z } ] } }, { InstanceId”: i-instance2”, Status”: { Code”: 1, Name”: Running }, HealthStatus”: { Code”: 64, Name”: Warning }, ScheduledSystemEventSet”: { ScheduledSystemEventType”: [ { EventId”: e-event3”, EventCycleStatus”: { Code”: 24, Name”: Scheduled }, EventType”: { Code”: 65, Name”: SystemFailure.Reboot }, EventPublishTime”: 2017-11-30T06:32:31Z”, NotBefore”: 2017-12-01T06:32:31Z } ] } } ] }, PageSize”: 10, PageNumber”: 1, TotalCount”: 2, RequestId”: AAC49D3E-ED6F-4F00-XXXX-377C551B1DD4”}
エラーレスポンスの例

XML 形式

  1. <Error> <RequestId>C38E0D94-C18B-44F3-8C05-6E35BE334088</RequestId> <HostId>ecs.aliyuncs.com</HostId> <Code>InstanceIdLimitExceeded</Code> <Message>The amount of InstanceId specified exceeds limit 100.</Message></Error>
JSON 形式
  1. { RequestId”: 1A8B4B27-8B2D-XXXX-XXXX-0F64DBE4C213”, HostId”: ecs.aliyuncs.com Code”: InstanceIdLimitExceeded Message”: The amount of InstanceId specified exceeds limit 100.”}

エラーコード

このインタフェースに固有のエラーコードは次の通りです。詳細については、API のエラーセンターをご覧ください 。

エラーコード  エラーメッセージ HTTP ステータスコード 説明
InvalidParameter The Parameter provided is not valid. 403 指定されたパラメーターは無効です。
EventIdLimitExceeded The amount of EventId specified exceeds limit 100. 403 指定された EventId の数は、100 を超えることはできません。
InstanceIdLimitExceeded The amount of InstanceId specified exceeds limit 100. 403 指定された InstanceId の数は、100 を超えることはできません。
MissingParameter The input parameter that is mandatory for processing this request is not supplied. 403 必要なパラメーターを指定する必要があります。
InternalError The request processing has failed due to some unknown error,exception or failure. 500 内部エラーです。しばらくしてからもう一度お試しください。