1 つ以上の従量課金またはサブスクリプション ECS インスタンスを作成します。

説明

インスタンスを作成する前に、 DescribeAvailableResourceを呼び出して、指定されたリージョンまたはゾーンで利用可能なリソースを表示することができます。

インスタンスの作成にはリソースに対する課金が発生するため、インスタンスを作成する前に ECS の課金方法を十分にご確認ください。 詳しくは、「 課金方法」をご参照ください。

本インターフェイスを呼び出す際は次の点に留意してください。

  • 一度に最大 100 個のインスタンスを作成できます。
  • AutoReleaseTimeパラメーターを使用してインスタンスの自動リリースの時間を設定できます。
  • インスタンスの作成後、 DescribeInstancesを呼び出して新しいインスタンスのステータスを確認できます。
  • インスタンスを作成する前に、セキュリティグループが作成されていることをご確認ください。 詳細については、「CreateSecurityGroup」をご参照ください。
  • インスタンスは、作成後に自動的に有効化されます。 Runningの状態であれば、使用が開始できる状態です。
  • VPC ベースのインスタンスを作成する前に、同じリージョンでVPC の作成をする必要があります。
  • CreateInstanceと異なり、RunInstancesを呼び出してインスタンスを作成する際、InternetMaxBandwidthOut の値が 0 より大きい場合はパブリック IP アドレスが設定されます。
  • インスタンス作成タスクを送信後、パラメーターが無効であるか、使用可能なリソースがない場合はエラーが返されます。 詳細については、エラーコードをご参照ください。

ベストプラクティス

RunInstances を呼び出して、一度に複数のインスタンスを作成することができます。 今後の管理および取得をする際のために、各バッチ作成タスクで作成されたインスタンスのTag.N.KeyおよびTag.N.Valueタグを指定することを推奨します。 HostNameInstanceNameの値は、UniqueSuffixを追加することを推奨します。

インスタンス起動テンプレートを使用すると、新しいインスタンスの作成時にその都度使用する設定パラメーターを自動で設定できます。 CreateLaunchTemplate を実行して、インスタンス起動テンプレートを作成できます。 次に、LaunchTemplateVersionRunInstancesおよびLaunchTemplateIdを指定して該当のテンプレートを有効化します。

ECS コンソールを使用して、ECS インスタンス作成時のRunInstancesベストプラクティスを入手することができます。 順序を確認する際、左側の API ワークフローのウィンドウで、RunInstancesと関連付け可能な API およびリクエストパラメーターが一覧表示されます。 右側には、プログラミング言語固有のサンプルが用意されています。 Java および Python のサンプルが提供されています。

デバッグ

API Explorer でデバッグを実行できます。 API Explorer で各種操作を実行して API の使用を簡素化できます。 たとえば、API の取得、API の呼び出し、SDK のサンプルコードの動的な生成ができます。

リクエストパラメーター

名前 データ型 必須/省略可能 説明
RegionId String 必須 cn-hangzhou

インスタンスのリージョン ID 。 DescribeRegionsを実行すると、最新のリージョンリストが表示されます。

Action String 省略可能 RunInstances

実行する操作。 値を RunInstances に設定します。

ZoneId String 省略可能 cn-hangzhou-d

指定されたリージョンで使用可能なゾーン ID 。 DescribeZonesを呼び出して、最新のゾーンリストを取得できます。 デフォルトでは、システムによってランダムに割り当てられます。

ImageId String 省略可能 win2008r2_64_ent_sp1_en-us_40G_alibase_20170915.vhd

インスタンスを作成するときに指定するイメージリソースの ID 。 DescribeImages を呼び出して、利用可能な画像リソースを表示することができます。 インスタンス起動テンプレートの指定にLaunchTemplateIdまたはLaunchTemplateNameを使用しない場合、ImageIdが必要になります。

SecurityGroupId String 省略可能 sg-bp15ed6xe1yxeycg7ov3

インスタンスが属するリソースグループの ID 。 同じセキュリティグループ内のインスタンスは相互にアクセスすることができます。 1 つのセキュリティグループには、最大 1,000 個のインスタンスを含めることができます。

SecurityGroupId によってインスタンスのネットワークタイプが判断されます。 たとえば、セキュリティグループが VPC タイプである場合、そのインスタンスは VPC タイプである必要があります。 また、それらの VSwitchId を指定する必要があります。

インスタンス起動テンプレートの指定にLaunchTemplateIdまたはLaunchTemplateNameを使用しない場合、SecurityGroupIdが必要です。

VSwitchId String 省略可能 vsw-bp1s5fnvk4gn2tws03ziX

VSwitch の ID。 VPC ベースのインスタンスの作成時に指定する必要があります。

InstanceType String 省略可能 ecs.g5.large

インスタンスの種類 詳細については、インスタンスタイプファミリーを参照するか、またはDescribeInstanceTypesの操作を行って最新のインスタンスタイプのリストを取得してください。LaunchTemplateId または LaunchTemplateName を使用してインスタンス起動テンプレートを指定しない場合、InstanceType が必要になります。

InternetMaxBandwidthIn Integer 省略可能 200

パブリックネットワークのインバウンド帯域幅の最大値。 単位:Mbit/s。 有効値:1〜200。

既定値 : 200

InternetMaxBandwidthOut Integer 省略可能 5

パブリックネットワークのアウトバウンド帯域幅の最大値。 単位:Mbit/s。 有効値:0〜100。

既定値:0。

InstanceName String 省略可能 JoshuaHost

インスタンスの名前。 長さは 2〜128 文字で、大文字と小文字、数字、コロン(:)、アンダースコア(_)、ハイフン(-)を含めることができます。 先頭は文字である必要があります。 先頭文字列を http:// または https:// にすることはできません。デフォルトではInstanceIdが使用されます。

インスタンスのバッチ作成の際は、UniqueSuffixを使用して、インスタンスに対して異なるInstanceNameの値を設定することができます。
HostName String 省略可能 JoshuaHost

インスタンスのホスト名

  • 文頭および文末をピリオド (.) やハイフン (-) にすることはできません。 ピリオド (.) やハイフン (-) を連続して使用することはできません。
  • Windows の場合:ホスト名は 2〜15 文字の長さである必要があります。大文字と小文字、数字、ピリオド (.)、ハイフン (-) を含めることができます。 数字のみにすることはできません。
  • その他のオペレーティングシステムの場合:ホスト名の長さは 2〜64 文字である必要があります。大文字と小文字、数字、ハイフン (-) を含めることができます。 ピリオド (.) でセグメントを区切ることができます。
インスタンスのバッチ作成の際は、UniqueSuffixを使用して、インスタンスに対して異なるHostNameの値を設定することができます。
UniqueSuffix Boolean 省略可能 true

連続したサフィックスをHostNameおよびInstanceNameに追加するかを示します。 連続したサフィックス の範囲は 001 〜 999 です。 例:LocalHost001, LocalHost002, MyInstance001 、およびMyInstance002. 既定値:false

Description String 省略可能 FinanceDept

インスタンスの説明。 長さは 2 ~ 256 文字である必要があります。 先頭文字列を http:// または https:// にすることはできません。

PasswordInherit Boolean 省略可能 false

イメージで事前定義されたパスワードを使用するかを示します。 PasswordInherit が指定されている場合、 Password は null である必要があります。 選択したイメージにパスワードが設定されていることをご確認ください。

パスワード String 省略可能 EcsV587!

インスタンスのパスワード。 長さは 8~30 文字である必要があります。大文字、小文字、数字、記号のすべてを含める必要があります。 以下の記号が使用可能です。

 ()`~!@#$%^&*-_+=|{}[]:;'<>,.?/

Windows の場合、パスワードの先頭をスラッシュ (/) にすることはできません。

パスワード が指定されている場合は、パスワードを機密に管理するために HTTPS プロトコルでリクエストを送信することを推奨します。
KeyPairName String 省略可能 インスタンステスト

キーペアの名前。

  • Windows インスタンスの場合は、このパラメーターを無視してください。 既定値 : null 。 このパラメーターが指定されている場合でも、 パスワード値が使用されます。
  • Linux インスタンスの場合、初期化の段階ではパスワードログオン方法は禁止されています。
SystemDisk.Size String 省略可能 40

システムディスクのサイズ。 単位:GiB。 有効値:20 〜 500 。

この値は、最大 {20, ImageSize} 以上である必要があります。 既定値:最大 {40, ImageSize}

SystemDisk.Category String 省略可能 cloud_ssd

システムディスクのカテゴリ。 非 I/O 最適化のフェーズアウトインスタンスタイプの、非 I/O 最適化インスタンス規定値は cloud です。 その他のインスタンスの規定値は cloud_efficiency です。 有効値:

  • cloud:ベーシックディスク
  • cloud_efficiency:ウルトラディスク。
  • cloud_ssd:SSD
  • ephemeral_ssd: ローカル SSD
  • cloud_essd:ESSD ESSD はパブリックベータテスト段階にあるため、一部の地域のみで利用が可能です。 詳細については、ESSD FAQをご参照ください。
SystemDisk.DiskName String 省略可能 cloud_ssdSystem

システムディスクの名前。 長さは 2〜128 文字である必要があります。大文字と小文字、数字、コロン (:)、アンダースコア (_)、ハイフン (-) を含めることができます。 先頭は文字である必要があります。 先頭文字列を http:// または https:// にすることはできません。 既定値 : null 。

SystemDisk.Description String 省略可能 FinanceDept

システムディスクの説明。 長さは 2 ~ 256 文字である必要があります。 先頭文字列を http:// または https:// にすることはできません。

DataDisk.n.Size Integer 省略可能 2,000

n 番目のデータディスクのサイズ。n の範囲は 1〜16 です。 単位:GiB。 有効値:

  • cloud:5〜2,000。
  • cloud_efficiency: 20 〜 32768
  • cloud_ssd: 20 〜 32768
  • cloud_essd:20 〜 32768
  • ephemeral_ssd: 5 〜 800

この値のサイズはSnapshotId以上である必要があります。

DataDisk.n.SnapshotId String 省略可能 s-bp17441ohwka0yuhx3h0

n 番目のデータディスクの作成に使用されるスナップショットの ID。n の範囲は 1〜16 です。 DataDisk.n.SnapshotIdが指定されている場合、 DataDisk.n.Sizeの値は無視されます。 新しいデータディスクのサイズは、指定されたスナップショットと同じサイズになります。 2013 年 7 月 15 日以前に作成されたスナップショットはここでは使用できません。 それ以外の場合、エラーが返され、リクエストは拒否されます。

DataDisk.n.Category String 省略可能 cloud_ssd

n 番目のデータディスクのカテゴリ。 既定値:cloud 有効値:

  • cloud:ベーシックディスク
  • cloud_efficiency:ウルトラディスク。
  • cloud_ssd:SSD
  • ephemeral_ssd: ローカル SSD
  • cloud_essd:ESSD ESSD はまだパブリックベータテスト段階であるため、一部の地域のみで利用が可能です。 詳細については、ESSD FAQをご参照ください。
DataDisk.n.Encrypted String 省略可能 false

n 番目のデータディスクが暗号化されているかを示します。 既定値:false

DataDisk.N.KMSKeyId String 省略可能 0e478b7a-4262-4802-b8cb-00d3fb40826X

n 番目のデータディスクの KMS ID 。

DataDisk.n.DiskName String 省略可能 cloud_ssdData

n 番目のデータディスクの名前。 長さは 2〜128 文字である必要があります。大文字と小文字、数字、コロン (:)、アンダースコア (_)、ハイフン (-) を含めることができます。 先頭は文字である必要があります。 先頭文字列を http:// または https:// にすることはできません。 既定値 : null 。

DataDisk.n.Description String 省略可能 FinanceDept

n 番目のデータディスクの説明。 長さは 2 ~ 256 文字である必要があります。 先頭文字列を http:// または https:// にすることはできません。

DataDisk.N.Device String 省略可能 /dev/xvda

n 番目のデータディスクのマウントポイント。

このパラメーターは削除予定です。 互換性を確保するために他のパラメーターを使用することを推奨します。
DataDisk.n.DeleteWithInstance Boolean 省略可能 true

インスタンスとともにデータディスクがリリースされるかどうかを示します。 既定値:true

IoOptimized String 省略可能 optimized

インスタンスが I/O 最適化インスタンスであるかを示します。フェーズアウトインスタンスタイプの既定値は none 、その他のインスタンスの場合は optimized です。 有効値:

  • none。
  • optimized。
<td class="en-UStry align-left colsep-1 rowsep-1"> NetworkInterface.n.PrimaryIpAddress </td> String 省略可能 172.16.236.14X

n 番目の ENI のプライマリ IP アドレス。

<td class="en-UStry align-left colsep-1 rowsep-1"> NetworkInterface.n.VSwitchId </td> String 省略可能 vsw-vswitchid2

n 番目の ENI の VSwitch の ID 。

<td class="en-UStry align-left colsep-1 rowsep-1"> NetworkInterface.n.SecurityGroupId </td> String 省略可能 sg-securitygroupid2

n 番目の ENI のセキュリティグループの ID 。

<td class="en-UStry align-left colsep-1 rowsep-1"> NetworkInterface.n.NetworkInterfaceName </td> String 省略可能 FinanceJoshua

n 番目の ENI の名前。

<td class="en-UStry align-left colsep-1 rowsep-1"> NetworkInterface.n.Description </td> String 省略可能 FinanceDept

n 番目の ENI の説明。 長さは 2 ~ 256 文字である必要があります。 先頭文字列を http:// または https:// にすることはできません。

RamRoleName String 省略可能 FinanceDept

インスタンスの RAM ロール名。 ListRoles を呼び出して、指定したインスタンスの RAM ロールを表示できます。

UserData String 省略可能 ZWNobyBoZWxsbyBlY3Mh

インスタンスのユーザーデータ。 Base64 でエンコードする必要があります。 ユーザーデータの最大サイズは 16 KB です。

MinAmount Integer 省略可能 2

指定インスタンスの最小購入数。 有効値:1 ~ 100 。

  • 在庫の ECS インスタンスの数が MinAmount 値よりも少ない場合、インスタンス作成の操作は失敗します。
  • 在庫の ECS インスタンスの数が MinAmount 値以上である場合、インスタンス作成の操作は成功します。
Amount Integer 省略可能 3

作成するインスタンス数。 有効値:1 ~ 100 。

既定値:1

SpotPriceLimit Float 省略可能 0.97

インスタンスの最高価格/時。 小数点以下 3 桁まで正確です。 SpotStrategy SpotWithPriceLimit に設定されている場合にのみ有効になります。

SpotStrategy String 省略可能 NoSpot

従量課金インスタンスのプリエンプティブポリシー。 このパラメーターは、 InstanceChargeTypePostPaidに設定されている場合にのみ有効になります。 有効値:

  • NoSpot:通常の従量課金インスタンス。
  • SpotWithPriceLimit:価格上限が定義されたプリエンプティブインスタンス。
  • SpotAsPriceGo:現在の市場価格に基づいた従量課金のインスタンス。
SpotInterruptionBehavior String 省略可能 Terminate

プリエンプティブインスタンスの中断モード。 インスタンスがリリースされる終了モードのみがサポートされています。

CreditSpecification String 省略可能 Standard

バースト可能なインスタンスの実行モード (t5)。 有効値:

  • 標準:標準モード。 詳細については、標準モードをご参照ください。
  • Unlimited:無制限モード。 詳細については、無制限モードをご参照ください。

既定値 : null 。

SecurityEnhancementStrategy String 省略可能 Active

セキュリティー強化を有効化するかを示します。 有効値:

  • Active:セキュリティ強化を有効化します。 Alibaba Cloud パブリックイメージにのみ適用可能です。
  • Deactive:セキュリティ強化を無効化します。 すべてのイメージに適用可能です。
DeploymentSetId String 省略可能 ds-bp1brhwhoqinyjd6tnXX

デプロイメントセットの ID。

DedicatedHostId String 省略可能 dh-dedicatedhost1

指定された専用ホスト (DDH) で ECS インスタンスを作成するかを示します。 DescribeDedicatedHostsを呼び出して DDH リストを表示することができます。

DDH でプリエンプティブインスタンスを作成することはできません。 指定した場合DedicatedHostId を指定した場合、SpotStrategy Spotpricelimit の値は無視されます。

Tag.N.Key String 省略可能 FinanceDept

インスタンス、ディスク、プライマリ NIC のタグキー。 n の範囲は 1〜20 です。 このパラメーターは空白のままにできません。 長さは 64 文字以下である必要があります。 先頭文字列を aliyunまたはacs: にすることはできません。また、 http:// または https:// を含めることはできません。

Tag.N.Value String 省略可能 FinanceDept.Joshua

インスタンス、ディスク、プライマリ NIC のタグ値。 n の範囲は 1〜20 です。 このパラメーターは空白のままも可能です。 長さは 128 文字以下である必要があります。 先頭文字列を aliyunまたはacs: にすることはできません。また、 http:// または https:// を含めることはできません。

HpcClusterId String 省略可能 hpc-clusterid

インスタンスが属する EHPC クラスターの ID。

ResourceGroupId String 省略可能 rg-resourcegroupid1

インスタンスが属するリソースグループの ID 。

LaunchTemplateId String 省略可能 lt-bp1apo0bbbkuy0rj3b9X

インスタンス起動テンプレートの ID 。 詳細については、 DescribeLaunchTemplatesを実行してください。 インスタンス起動テンプレートを指定するには、 LaunchTemplateIdまたはLaunchTemplateNameを使用する必要があります。

LaunchTemplateName String 省略可能 JoshuaWinPostPaid

インスタンス起動テンプレートの名前。 インスタンス起動テンプレートを指定するには、LaunchTemplateIdまたはLaunchTemplateNameを使用する必要があります。

LaunchTemplateVersion Long 省略可能 3

インスタンス起動テンプレートのバージョン。 LaunchTemplateIdまたはLaunchTemplateNameを指定したが LaunchTemplateVersion をスキップした場合、デフォルトのテンプレートバージョンが使用されます。

DeletionProtection Boolean 省略可能 false

インスタンスのリリース保護の属性。 ECS コンソール上で、またはDeleteInstance操作でインスタンスのリリースが可能かを示します。 既定値:false 有効値:

  • true:リリース保護を有効化します。
  • false:リリース保護を無効化します。
この属性は、従量課金のインスタンスのみに適用可能です。 手動リリースの操作をブロックする場合にもに使用できます。システムによる自動リリース操作はブロックできません。
AutoReleaseTime String 省略可能 2018-01-01T12:05:00Z

インスタンスの自動リリースの時刻。 時間は、ISO 8601標準、UTC 時間です。 形式:yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZ。

  • ss00以外の値に設定されている場合、mmの値のみが使用されます (ss が 00 に変わります)。
  • 自動リリースの時間は、現在の時刻から 30 分以上あとである必要があります。
  • 自動リリースの時間は、現在の時刻から 3 年未満である必要があります。
InternetChargeType String 省略可能 PayByTraffic

インスタンスの課金方法。 既定値 : PayByTraffic 有効値:

  • PayByTraffic:実際のトラフィックに基づいて課金されます。
Period Integer 省略可能 1

インスタンスのサブスクリプション期間。 単位:month 。 このパラメーターは、InstanceChargeTypePrePaidに設定されている場合にのみ有効・必要になります。 DedicatedHostId が指定されている場合、Period パラメーター値の範囲は DDH のサブスクリプション期間内である必要があります。 有効値:

  • {“1”, “2”, “3”, “4”} PeriodUnit が Week に設定されている場合。
  • { “1”, “2”, “3”, “4”, “5”, “6”, “7”, “8”, “9”, “12”, “24”, “36”,”48”,”60”} PeriodUnit が Month に設定されている場合。
AutoRenew Boolean 省略可能 true

自動更新が有効になっているかを示します。 このパラメーターは、 InstanceChargeTypePrePaidに設定されている場合にのみ有効になります。 既定値:false 有効値:

  • true 。
  • false 。
PeriodUnit String 省略可能 Month

サブスクリプション期間の単位。 既定値:Month 。 有効値:

  • Week
  • Month
AutoRenewPeriod Integer 省略可能 1

インスタンスの自動更新期間。 有効値:

  • {“1”, “2”, “3”} PeriodUnit が Week に設定されている場合。
  • PeriodUnit が Month に設定されている場合、 {"1", "2", "3", "12", "24", "36","48", "60"}

既定値 : 1。

InstanceChargeType String 省略可能 PrePaid

インスタンスの課金方法。 既定値:PostPaid。 有効値:

  • PrePaid:サブスクリプション
  • PostPaid:従量課金

PrePaid に設定されている場合、支払口座に十分なクレジットがあることを確認してください。 それ以外の場合は、InvalidPayMethodエラーコードが返されます。

Ipv6AddressCount Integer 省略可能 1

ランダムに生成され、ENI に割り当てられている IPv6 アドレスの数。

Ipv6Addresses.NIpv6AddressCount両方を指定することはできません。
PrivateIpAddress String 省略可能 172.16.236.14X

インスタンスのプライベート IP アドレス。 PrivateIpAddress は VSwitchId に依存し、個別に指定することはできません。

PrivateIpAddressが指定されている場合、 Amountは 1 にしか設定することができません。
Ipv6Address.N RepeatList 省略可能 Ipv6Address。 1=2001:db8:1234:1a00::XXX

1 つ以上の IPv6 アドレスを ENI に割り当てます。 N は 1 にしかすることはできません。

サンプル:

Ipv6Addresses.NIpv6AddressCountの両方を指定することはできません。
DryRun Boolean 省略可能 false

チェックリクエストのみを送信するかを示します。 既定値:false

  • true: 確認要求は送信されますが、インスタンスは作成されません。 システムが必要なパラメーターが設定されているかを確認し、要求形式、サービス制限、使用可能な ECS インスタンスを検証します。 確認が失敗した場合、対応するエラーコードが返されます。 確認が成功した場合、DryRunOperationが返されます。
  • false:要求が送信され、インスタンスが作成されます。
ClientToken String 省略可能 123e4567-e89b-12d3-a456-426655440000

べき等性を保証するために使用されるトークン。 クライアントでトークンの生成が可能ですが、トークンはグローバル一意である必要があります。ClientToken には ASCII 文字のみが使用可能です。 長さは 64 文字以下である必要があります。 詳細については、「べき等性を確保する方法」をご参照ください。

Affinity String 省略可能 default

インスタンスが作成された DDH にECS インスタンスを関連付けるかを示します。 有効値:

  • デフォルト :インスタンスが作成される DDH にインスタンスが関連付けられていません。 [停止した VPC インスタンスへの無課金 (VPC 接続)] 機能が有効化されているインスタンスでは、インスタンスの再起動後に元の DDH に十分なリソースがない場合、自動 DDH リソースプールで該当のインスタンスは別の DDH でホストされます。
  • ホスト :インスタンスは、インスタンスが作成されるDDHに関連付けられます。 [停止した VPC インスタンスへの無課金 (VPC 接続) ] 機能が有効化されているインスタンスは、再起動後も元のDDH でホストされます。 元の DDH に十分なリソースがない場合、インスタンスの再起動は失敗します。

規定値:false

DataDisk.N.PerformanceLevel String 省略可能 PL2

データディスクとして使用される ESSD クラウドディスクに対して選択するパフォーマンスレベル。 N の値は、DataDisk.N.Category = cloud_essdの値と同じである必要があります。 有効値:

  • PL1 (既定値) :1 つのディスクのランダム読み取り/書き込み IOPS は最大 50,000 です。
  • PL2 :1 つのディスクのランダム読み取り/書き込み IOPS は最大 100,000 です。
  • PL3 :1 つのディスクのランダム読み取り/書き込み IOPS は最大 1,000,000 です。

ESSD クラウドディスクのパフォーマンスレベルを選択する方法については、 ESSD クラウドディスクをご参照ください。

SecurityGroupIds.N RepeatList 省略可能 sg-bp15ed6xe1yxeycg7o ***

ECS インスタンスが属するセキュリティグループの ID 。 1つの ECS インスタンスを複数のセキュリティグループに追加できます。 N の値の範囲は、ECS インスタンスを追加できるセキュリティグループの最大数によって異なります。 詳細については、「セキュリティグループの制限」をご参照ください。

SystemDisk.PerformanceLevel String 省略可能 PL1

システムディスクとして使用される ESSD クラウドディスクに対して選択するパフォーマンスレベル。 有効値:

  • PL1 (既定値):単1 つのディスクのランダム読み取り/書き込み IOPS は最大 50,000 です。
  • PL2 :単1 つのディスクのランダム読み取り/書き込み IOPS は最大 100,000 です。
  • PL3 :単1 つのディスクのランダム読み取り/書き込み IOPS は最大 1,000,000 です。

ESSD クラウドディスクのパフォーマンスレベルを選択する方法については、「ESSD クラウドディスク」をご参照ください。

Tenancy String 省略可能 default

DDH で ECS インスタンスを作成するかを示します。 有効値:

  • デフォルト : DDH 上にECS インスタンスが作成されません。
  • ホスト:DDH 上に ECS インスタンスが作成されます。 DedicatedHostIdを指定しない場合、Alibaba Cloud がインスタンスの DDH を自動的に選択します。

規定値:default

レスポンスパラメーター

名前 データ型 説明
InstanceIdSets ["i-instanceid1", "i-instanceid2", "i-instanceid3"]

インスタンス ID のリスト (InstanceId

RequestId String 473469C7-AA6F-4DC5-B3DB-A3DC0DE3C83E

リクエスト ID。

リクエスト例


https://ecs.aliyuncs.com/?Action=RunInstances
&RegionId=cn-hangzhou
&InstanceType=ecs.cm4.6xlarge
&SecurityGroupId=sg-securitygroupid
&Amount=3
&<Common request parameters>

通常のレスポンス例

XML 形式

<RunInstancesResponse> 
  <RequestId>04F0F334-1335-436C-A1D7-6C044FE73368</RequestId>
  <InstanceIdSets> 
    <InstanceIdSet> 
      <InstanceId>i-instanceid1</InstanceId> 
      <InstanceId>i-instanceid2</InstanceId> 
      <InstanceId>i-instanceid3</InstanceId> 
    </InstanceIdSet> 
  </InstanceIdSets> 
</RunInstancesResponse> 

JSON 形式

{
	"RequestId":"04F0F334-1335-436C-A1D7-6C044FE73368"
	"InstanceIdSets":{
		"InstanceIdSet":[
			"i-instanceid1",
			"i-instanceid2",
			"i-instanceid3"
		]
	}
}

エラー

HTTP ステータスコード エラーコード エラーメッセージ 意味
404 InvalidSecurityGroupId 指定された SecurityGroupId が無効であるか、存在しません。 指定されたセキュリティグループ ID が存在しない場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidInternetChargeType.ValueNotSupported 指定された InternetChargeType は無効です。 指定されたインスタンス設定変更タイプが存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidHostName.Malformed 指定されたパラメーター "HostName" は無効です。 指定された HostName の形式が無効の場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidParams.InstanceNameExceed uniqueSuffix は名前空間が 3 つ必要になります。InstanceName を短くしてください。 uniqueSuffix が3つの名前空間を要するためにインスタンス名を短縮する必要がある場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidParams.HostnameExceed uniqueSuffix は名前空間が 3 つ必要になります。 Hostname. を短くしてください。 uniqueSuffix が 3 つの名前空間を要するためにホスト名を短縮する必要がある場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidPasswordParam.Mismatch passwdInherit が true の場合、入力パスワードは null にする必要があります。 PasswdInherit が true に設定されていてパスワードを設定できない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidSystemDiskCategory.ValueNotSupported 指定されたパラメーター "SystemDisk.Category" は無効です。 指定された SystemDisk.Category は無効です。
400 InvalidDataDiskSize.ValueNotSupported 指定された DataDisk.n.Size が許容範囲外であるか、またはスナップショットの容量が指定されたディスクカテゴリのサイズ制限を超えています。 指定されたデータディスクの最大サイズに達したときに返されるエラーメッセージ。
400 InvalidDataDiskCategory.ValueNotSupported 指定されたパラメーター "DataDisk.n.Category" は無効です。 指定された DataDisk.N.Category が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidSnapshotId.BasedSnapshotTooOld 指定されたスナップショットは 2013 年 7 月 15 日以前に作成されたものです。 指定されたスナップショットが 2013 年 7 月 15 日以前に作成されたときに返されるエラーメッセージ。
403 InvalidSnapshotId.NotReady 指定されたスナップショットは完了していません。 指定されたスナップショットが完了していない場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidDevice.InUse 指定されたデバイスは使用されています。 指定されたデバイスがディスクにアタッチされている場合に返されるエラーメッセージ。
403 ImageRemovedInMarket 指定されたマーケットイメージが使用できないか、または指定されたカスタムイメージに、マーケットプレイスから入手されたイメージに基づくプロダクトコードが含まれており、同一のイメージがマーケットプレイスから削除されている場合。 指定されたマーケットプレースイメージが使用可能の場合に返されるエラーメッセージ。
404 InvalidClusterId.NotFound 指定された ClusterId は、レコードに存在しません。 指定された ClusterId がが存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidDiskDescription.Malformed 指定されたパラメーター "SyatemDisk.DiskDescription" または "DataDisk.n.Description" は無効です。 指定された SyatemDisk.DiskDescription または DataDisk.N.Description が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
403 RegionUnautifiedized 指定されたリージョンにインスタンスを作成する権限がありません。 指定されたリージョンにインスタンスを作成する権限がない場合に返されるエラーメッセージ。
403 CategoryNotSupported 指定されたゾーンまたはクラスターに、指定されたディスクカテゴリが存在しません。 指定されたディスクカテゴリが指定したゾーンまたはクラスターで使用できない場合に返されるエラーメッセージ。
403 CategoryNotSupported 指定されたクラスターに、指定のディスクカテゴリは存在しません。 指定されたクラスターで指定のディスクカテゴリが使用できない場合に返されるエラーメッセージ。
404 InvalidVSwitchId.NotFound 指定された仮想スイッチは存在しません。 指定されたトレイルがが存在しない場合に表示されるエラーメッセージです。
400 InvalidParameter.Mismatch 指定されたセキュリティグループと仮想スイッチは同じ VPC 内にありません。 指定されたセキュリティグループが VSwitch と同じ VPC 内にない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidPrivateIpAddress 指定されたプライベート IP アドレスは仮想スイッチの CIDR ブロック内に存在しません。 指定されたプライベート IP アドレスが、 VSwitch の 同じ CIDR ブロック内に存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidPrivateIpAddress.Malformed 指定されたプライベート IP アドレスは不正 IP アドレスです。 指定されたプライベート IP アドレスが無効な場合に返されるエラーメッセージ。
400 IncorrectVSwitchStatus 仮想スイッチの現在のステータスは、この操作をサポートしていません。 指定された VSwitch が保留状態にあり、削除できない場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidParameter.Mismatch 指定された仮想スイッチは指定のゾーンに存在しません。 指定された VSwithc が指定のゾーンに存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
400 MissingParameter このリクエスト処理に必須の入力パラメーター "VSwitchId" が指定されていません。 VSwitchId パラメーターが空の場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidDiskCategory.Mismatch 指定されたディスクカテゴリの組み合わせはサポートされていません。 指定されたディスクタイプが一緒に使用されている場合に表示されるエラーメッセージ。
403 Forbbiden 指定されたリソースで操作を行う権限のないユーザー。 指定されたリソースで操作を実行する権限がない場合に返されるエラーメッセージ。
404 InvalidImageId.NotFound 指定された ImageId は存在しません。 指定されたイメージが該当のアカウントに存在しない場合に返されるエラーメッセージ。 イメージ ID が正しいか確認してください。
403 InvalidDiskSize.TooSmall スナップショットのサイズより小さいディスクサイズが指定されました。 指定されたディスクにスナップショット用のスペースが十分に確保できない場合に返されるエラーメッセージ。
404 InvalidInstanceChargeType.NotFound InstanceChargeType はレコードに存在しません 指定されたインスタンス設定タイプが存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidPeriod 指定された期間は無効です。 指定された期間が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidDataDiskCategory.ValueNotSupported 指定されたパラメーター DataDisk.n.Category は無効です。 指定されたディスクタイプが無効な場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidSystemDiskCategory.ValueNotSupported 指定されたパラメーター SystemDisk.Category は無効です。 指定されたディスクが無効な場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidDiskCategory.NotSupported 指定されたディスクカテゴリは、指定されたインスタンスタイプをサポートしていません。 指定されたディスクタイプが指定のインスタンスタイプでサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InstanceDiskCategoryLimitExceed 指定された DataDisk.N.Size が許容範囲外であるか、またはスナップショットの容量が指定されたディスクカテゴリのサイズ制限を超えています。 指定されたデータディスクの最大サイズに達した場合に返されるエラーメッセージ。
403 QuotaExceed.BuyImage 指定されたイメージはイメージマーケットから入手されました 購入されていない、あるいはクォータを超えています。 指定されたイメージが購入されていないか、最大クォータに達したときに返されるエラーメッセージ。
400 InvalidClientToken.ValueNotSupported clienttoken が無効です。 指定された ClientToken が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidHostName.Malformed 指定されたパラメーター HostName は無効です。 指定された HostName が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidInternetMaxBandwidthOut.Malformed 指定されたパラメーターInternetMaxBandwidthOut は無効です。 指定された InternetMaxBandwidthOut が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidTagValue.Malformed 指定された Tag.N.Value は無効です。 指定された Tag.N.Value が無効な場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidMinAmount.Malformed 指定されたパラメーター MinAmount は無効です。 指定された MinAmount が無効な場合に返されるエラーメッセージ。 内容が正しいか確認してください。
400 InvalidMaxAmount.Malformed 指定されたパラメーター Amount は無効です。 指定された MaxAmount が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidAutoReleaseTime.Malformed 指定されたパラメーター AutoReleaseTime は無効です。 指定された AutoReleaseTime が無効な場合に返されるエラーメッセージ。 日付は ISO 8601、UTC 時間です。 形式: yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZ。
400 InvalidPrivateIpAddress.Malformed 指定されたパラメーター PrivateIpAddress は無効です。 指定された PrivateIpAddress が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
404 InvalidSystemDiskSize.LessThanImageSize 指定されたパラメーター SystemDisk.Size はイメージサイズより小さいサイズです。 指定された SystemDisk.Size がイメージサイズより小さい場合に返されるエラーメッセージ。
403 OperationDenied 指定された RegionId は、ネットワークタイプ ECS インスタンスの作成をサポートしていません。 指定されたリージョンでは該当のネットワークタイプの ECS インスタンスを作成できない場合に返されるエラーメッセージ。 指定されたリージョンで該当のネットワークタイプが利用可能か確認してください。
400 OperationDenied.NoVlan 指定されたパラメーター "VlanId" が有効でないか、または vlan 内の IP アドレスが不足しています。 指定された VLAN ID が無効であるか、この VLAN で使用可能な IP アドレスがない場合に返されるエラーメッセージ。
403 OperationDenied.SnapshotNotValid 指定されたスナップショットはディスクの作成を許可されていません。 指定したスナップショットに対してディスクが作成できない場合に返されるエラーメッセージ。
403 Code: OperationDenied.NoStock リソースは使用不能です。 インスタンスが実行中のステータスではない場合に表示されるエラーメッセージ。 インスタンスを有効化するか、適切な操作が実行されているかを確認します。
403 OperationDenied.SnapshotParamsNotValid スナップショットの容量が、指定されたディスクカテゴリのサイズ制限を超えているか、指定されたカテゴリが許可されていません。 スナップショットの最大サイズに達したか、または指定されたディスクタイプを使用する権限がない場合に返されるエラーメッセージ。
403 OperationDenied.DiskTypeNotSupport このディスクタイプでは、操作を実行できません 指定された期間が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
400 Account.Arrearage アカウントに料金の滞納が発生しています。 アカウントに十分な残高がない場合に返されるエラーメッセージ。 アカウントの残高をチャージして、もう一度お試しください。
403 InvalidUserData.Forbidden-US パラメーター "UserData" を入力する権限が付与されていません。権限 "UserData" を申請してください。 UserData を設定する権限がない場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidUserData.NotSupported 指定されたパラメーター "UserData" は、vpc および I/O 最適化インスタンスのみをサポートします。 指定された UserData が VPC タイプまたは最適化インスタンスのみでサポートされている場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidUserData.NotSupported 指定されたパラメーター "UserData" は、vpc および I/O 最適化インスタンスのみをサポートします。 指定された UserData が VPC タイプまたは最適化インスタンスのみでサポートされている場合に表示されるエラーメッセージ。
404 InvalidZoneId.NotFound 指定された zoneId は存在しません。 指定されたゾーン ID が存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
403 Zone.NotOnSale 指定されたゾーンのリソースは販売停止されています。 他のリージョンやゾーンをお試しください。 指定されたゾーンで使用可能なリソースがない場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidResourceType.NotSupported リソースタイプがサポートされていません。 別のインスタンスタイプでお試しください。 指定のインスタンスタイプがサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidInstanceType.ZoneNotSupported 指定されたゾーンはこのインスタンスタイプをサポートしていません。 指定されたインスタンスタイプが指定のゾーンでサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InstanceDiskNumber.LimitExceed インスタンス内の指定されたディスクの総数を超えています。 インスタンスにある指定のディスクの最大数に達した場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidDiskCategory.ValueNotSupported 指定された "DiskCategory" パラメーターは無効です。 指定された DiskCategory が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidParameter.Bandwidth %s パラメーターが無効である場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidDataDiskCategory.ValueNotSupported %s パラメーターが無効である場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidSystemDiskCategory.ValueNotSupported %s パラメーターが無効な場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidParameter.Conflict %s パラメーターが別のパラメーターと競合している場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidInternetChargeType.ValueNotSupported %s パラメーターが無効である場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidInstanceType.ValueNotSupported %s 指定されたインスタンスタイプが無効な場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InstanceType.Offline %s 指定されたインスタンスタイプが利用できない場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidSystemDiskSize.ValueNotSupported %s パラメーターが無効である場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidDataDiskSize.ValueNotSupported %s パラメーターが無効である場合に返されるエラーメッセージ。
404 InvalidKeyPairName.NotFound 指定されたパラメーター "KeyPairName" はレコードに存在しません。 指定された KeyPairName がが存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
403 DependencyViolation.WindowsInstance 作成するインスタンスが windowsベースです。ログインに ssh キーペアを使用することはできません。 Windows で SSH キーペアがサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidInstanceType.ValueNotSupported 指定されたパラメーター "KeyPairName" は、IoOptimized インスタンスのみをサポートしています。 SSH キーペアが最適化インスタンスでサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidNetworkType.MismatchRamRole RAM ロールはクラシックインスタンスには使用できません。 RAM ロールがクラシックインスタンスでサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
404 InvalidRamRole.NotFound 指定されたパラメーター "RAMRoleName" は存在しません。 指定された RAMRoleName が存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
404 <td class="en-UStry align-left colsep-1 rowsep-1"> InvalidLaunchTemplate.NotFound </td> %s 指定されたテンプレート名が見つからない場合に返されるエラーメッセージ。
404 <td class="en-UStry align-left colsep-1 rowsep-1"> InvalidLaunchTemplateVersion.NotFound </td> %s 指定されたテンプレートバージョンが見つからない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidInstanceType.ElasticNetworkInterfaceNotSupported 指定されたインスタンスタイプは Elastic Network Interface をサポートしていません。Elastic Network Interface を Generation I インスタンスにアタッチすることはできません。 指定したインスタンスタイプで ENI がサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidParameter.EncryptedIllegal %s パラメーターが無効である場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidParameter.EncryptedNotSupported %s パラメーターが無効である場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidParameter.Encrypted.KmsNotEnabled 暗号化されたディスクは KMS の有効化が必要です。 KMS が暗号化されたディスクに対して有効になっていない場合に返されるエラーメッセージ。
500 InternalError 未知のエラー、例外、または障害が発生した為、リクエスト処理に失敗しました。 未知のエラーが発生した場合に表示されるエラーメッセージ。
403 Code: Forbidden.RiskControl この操作は Aliyun Risk Control システムによって禁止されています。 リスク管理システムによって操作が禁止されている場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidInstance.UnPaidOrder 指定されたインスタンスには未払いの注文があります。 指定されたインスタンスに未払いの注文がある場合に返されるエラーメッセージ。
403 RealNameAuthenticationError 実名認証が未完了です。 実名認証に失敗したときに返されるエラーメッセージ。
403 InvalidAccountStatus.NotEnoughBalance アカウントに十分な残高がありません。 アカウントに十分な残高がない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidSpotPriceLimit.LowerThanPublicPrice 指定されたパラメーター "spotPriceLimit" は、現在の販売価格より低くすることはできません。 指定された spotPriceLimit が現在の市場価格より低い場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidRelationResource.NotFound 関連リソースが削除されています。 関連のリソースが削除されている場合に返されるエラーメッセージ。
400 IncorrectRecycleBinStatus このインスタンスのステータスでは許可されていない操作です。 該当の操作がリソースの現在のステータスでサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidHpcClusterId.Unnecessary 指定された HpcClusterId は不要です 指定された HpcClusterId が不要である場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidVSwitchId.Necessary VSwitchId が必要です 必要なパラメーターが指定されていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidHpcClusterId.Necessary HpcClusterId が必要です 必要なパラメーターが指定されていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidHpcClusterId.NotFound 指定された HpcClusterId が見つかりません。 指定された HPC クラスターが存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidHpcClusterId.Creating 指定された HpcClusterId は作成中です 指定された HPC クラスターが無効な場合に返されるエラーメッセージ。
404 InvalidVSwitchId.NotExist %s 指定された VSwitch が存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
403 ImageNotSupportInstanceType 指定されたイメージは、指定の InstanceType をサポートしていません。 指定されたイメージで指定のインスタンスタイプがサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidSecurityGroup.NotInDefaultVpc %s 指定されたセキュリティグループがデフォルトの VPC に存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidSpotInterruptionBehavior %s SpotInterruptionBehavior がサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidSpotInterruptionBehavior.ClassicNetworkNotSupport 指定された SpotInterruptionBehavior は、クラシックネットワークインスタンスをサポートしていません。 プリエンプティブインスタンスがクラシックインスタンスである場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidSpotInterruptionBehavior.LocalDiskNotSupport 指定された SpotInterruptionBehavior は、ローカルディスクインスタンスをサポートしていません。 ローカルディスクを有するプリエンプティブインスタンスの使用を試みると返されるエラーメッセージす。
400 InvalidDeploymentOnHost %s 指定されたデプロイメントセットで DDH がサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidInstanceChargeType.NotSupport Dedicated ホストは、指定されたインスタンス料金タイプをサポートしていません。 該当の課金方法が DDH でサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidNetworkType.NotSupported クラシックの networkType は、dedicatedHostでの ECS 作成をサポートしていません DDH でクラシックネットワークの使用を試みると返されるエラーメッセージ。
400 InvalidDedicatedHostId.NotFound 指定された DedicatedHostId は存在しません。 指定された DDH ID が存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidDedicatedHostStatus.NotSupport 専用ホストのステータスが原因で操作が拒否されました。 リソースの現在のステータスで該当の操作がサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 IncorrectDedicatedHostStatus リソースの現在のステータスでは、この操作を実行できません。 リソースの現在のステータスで該当の操作がサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 ChargeTypeViolation.PostPaidDedicatedHost 後払い専用ホストに前払いインスタンスの指定は禁止されています DDH の課金方法が変更された場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidPeriod.ExceededDedicatedHost インスタンスの有効期限を専用ホストの有効期限より長くすることはできません。 インスタンスの有効期限日が DDH の有効期限日よりも遅い場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidInstanceType.ValueUnauthorized 指定された InstanceType は許可されていません。 該当のインスタンスタイプを使用する権限が付与されていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 DedicatedHostType.Unmatched 指定された DedicatedHostType はインスタンスタイプと一致していません。 プリエンプティブインスタンスが該当のイスタンスタイプをサポートしていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 LackResource 指定された専用ホストに十分なリソースがありません。 DDH に十分なリソースがない場合に返されるエラーメッセージ。
400 MissingParameter このリクエスト処理に必須の入力パラメータ ImageId が指定されていません。 必要なパラメーターが指定されていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 MissingParameter このリクエスト処理に必須の入力パラメーター InstanceType が指定されていません。 必要なパラメーターが指定されていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 ChargeTypeViolation.PostPaidDedicatedHost 後払い専用ホストでの前払いインスタンスの指定は許可されていません。 DDH の課金方法が変更されたときに返されるエラーメッセージ。
400 InvalidParam.NetworkInterface %s 指定されたパラメーターが無効な場合に返されるエラーメッセージ。
401 InvalidRamRole.NotEcsRole 指定された RAM ロールは ECS の権限が付与されていません。ロールポリシーをご確認ください。 指定された RAM ロールが ECS へのアクセスを許可されていない場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidParameter.NotMatch %s パラメーターが別のパラメーターと競合している場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidVSwitch.DefaultVSwitchNotSupport 指定された vpc のゾーンは、デフォルトvSwitch の作成をサポートしていません。 指定されたゾーンの VPC でデフォルトの VSwitch がサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidParameter.CreditSpecification 指定された CreditSpecification はこのリージョンでサポートされていません。 指定された CreditSpecification が該当のリージョンでサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
404 InvalidMarketImage.NotFound 指定されたマーケットプレイスイメージは存在しません。imageId を変更してもう一度お試しください。 指定されたイメージが Alibaba Cloud マーケットで利用できない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidInstanceType.NotSupported 指定された instanceType はデプロイメントセットでサポートされていません。 指定されたデプロイメントセットで指定のインスタンスタイプがサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidVpcZone.NotSupported ご利用の VPC が属するゾーンでは許可されていない操作です。別のゾーンでお試しください。 指定されたゾーンで該当の操作がサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
40 IncorrectDefaultVpcStatus デフォルトの VPC のステータスが無効です。 デフォルト VPC のステータスが正しくない場合に返されるエラーメッセージ。
404 DeploymentSet.NotFound 指定されたデプロイメントセットは存在しません。 指定されたデプロイメントセットが存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidAutoRenewPeriod.ValueNotSupported 指定された autoRenewPeriod が無効です。 指定された autoRenewPeriod が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
403 DefaultVswitch.Existed VPC のデフォルト vswitch はすでに存在します。 VPC のデフォルトの VSwtich が作成済みである場合に返されるエラーメッセージ。
400 InvalidMarketImageChargeType.NotSupport 指定された marketImage の chargeType はサポートされていません。 マーケットプレイスイメージの課金方法が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
403 IncorrectInstanceStatus リソースの現在のステータスでは、この操作を実行できません。 リソースの現在のステータスで該当の操作がサポートされていない場合に返されるエラーメッセージ。
403 CategoryViolation このインスタンスは、該当のディスクカテゴリではこの操作をサポートしていません。 ローカルディスクが接続されているインスタンスの設定が変更されたときに返されるエラーメッセージ。
400 InvalidPeriodType.ValueNotSupported 指定されたパラメーター PeriodType は無効です。 指定された PeriodType が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidDisk.SystemDiskSize 指定された SystemDiskSize は許容範囲を超えています。 指定されたシステムディスクの最大サイズに達したときに返されるエラーメッセージ。
400 IncorrectImageStatus 指定されたマーケットプレイスイメージは利用できません。 指定されたマーケットプレイスイメージが存在しない場合に返されるエラーメッセージ。
403 MaxEniIpv6IpsCountExceeded %s ENI に割り当てることができる IPv6 アドレスの最大数に達したときに返されるエラーメッセージ。
403 InvalidIp.IpRepeated %s The error message returned when the IP address is specified repeatedly.
403 InvalidIp.IpAssigned %s 指定された InstanceId が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidIp.Address %s 指定された送信元の IP アドレスが無効な場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidOperation.Ipv4CountExceeded %s IPv4 アドレスの最大数に達した場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidOperation.Ipv6CountExceeded %s IPv6 アドレスの最大数に達した場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidOperation.Ipv6NotSupport %s IPv6 アドレスが該当のインスタンスタイプで非対応の場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidVSwitch.Ipv6NotTurnOn %s The error message returned when the IPv6 feature is not enabled on the VSwitch.
403 InvalidParam.Amount %s 指定された期間が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidVSwitchId.IpInvalid %s 指定された説明が無効な場合に表示されるエラーメッセージ。
403 Forbidden.RegionId %s 指定されたイメージが指定のインスタンスタイプに対応していない場合に表示されるエラーメッセージ。
400 IncorrectVpcStatus インスタンスの現在のステータスでは、この操作を実行できません。 現行ステータスの VPC で該当の操作が実行できない場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidChargeType.ValueNotSupported The operation is not permitted due to deletion protection only support postPaid instance The error message returned when release protection is not supported.
403 InvalidRegion.NotSupport 指定されたリージョンはサポートされていません。 The error message returned when BYOK is not supported in the specified region.
403 UserNotInTheWhiteList ユーザーはボリュームホワイトリストにありません。 The error message returned when you use BYOK.
400 InvalidParameter.EncryptedIllegal The specified parameter Encrypted must be true when kmsKeyId is not empty. The error message returned when the Encrypted feature is not enabled after you set KmsKeyId.
400 IoOptimized.NotSupported The specified instance must be IoOptimized instance when kmsKeyId is not empty. The error message returned when optimized instances are not used after you set KmsKeyId.
404 InvalidParameter.KMSKeyId.NotFound 指定された KMSKeyId は存在しません。 指定された KMSKeyId が無効な場合に返されるエラーメッセージ。
403 InvalidParameter.KMSKeyId.KMSUnauthorized ECS サービスに KMS にアクセスする権限がありません。 ECS による KMSへのアクセスが許可されていない場合に返されるエラーメッセージ。

エラーコードの表示