従量課金インスタンスでは、停止した VPC インスタンスを無課金とする機能を有効化できます。 機能を有効化後、VPC インスタンスが停止されると、vCPU、メモリーおよびインターネットアドレスに料金は発生しませんが、クラウドディスクは引き続き課金されます。

定義

停止した VPC インスタンスへの無課金 (VPC 接続) 機能は、従量課金インスタンスが ECS コンソール上で、StopInstanceインターフェイス、または A libaba Cloud CLI により停止され、[Stopped] (Stopped) ステータスの vCPU、メモリー、インターネットアドレスに対して支払う必要がないことを意味しています。 ただし、クラウドディスクは引き続き課金されます。

適用性についての説明

  • この機能の適用には、以下のような条件があります。 言い換えると、以下の条件を満たすリソースでは料金が発生しません

    アイテム 説明
    課金方法 従量課金
    ネットワークタイプ VPC
    リソース vCPU、メモリーおよびインターネットアドレス (停止された VPC インスタンスからリリースされたもの)
    重要
    • インスタンスの OS 上でインスタンスを停止した場合、機能を有効にしていてもインスタンスへ課金されます。
    • ECS コンソール、API、または Alibaba Cloud CLI からインスタンスを停止した場合、vCPU およびメモリーには課金されません。
  • この機能は、以下の条件では適用されません。 言い換えると、以下の条件を満たすリソースには課金されます

    アイテム 説明
    ローカルディスクインスタンス ローカルディスクを持つすべてのインスタンス、"d1"、"d1ne"、"ga1"、"gn5"、"i1" および "i2" などのインスタンスタイプファミリー。
    インスタンスに接続されているクラウドディスク (システムディスクおよびデータディスクを含む)、EIP (Elastic IP) アドレス、帯域幅およびイメージ。 この機能を有効化後、インスタンスが [停止した VPC インスタンスへの無課金 (VPC 接続)] モードであっても、これらのリソースへの課金は継続します。 課金について詳しくは、「従量課金」「クラウドディスク料金」「ネットワーク帯域幅への課金」「帯域幅料金」および「EIP 料金」をご参照ください。
    起動しているインスタンス 新しい従量課金 VPC インスタンスは、初めての起動時に、[Stopped] ステータス (Stopped) から [Running] ステータス (Running) に変わります。 このようなインスタンスを ECS コンソールまたは CreateInstace API により作成できます。
    支払延滞分によりインスタンスは停止されます。 この場合、課金も停止されます。 コンピューティングリソースおよびインターネットアドレスもリリースされます。 すべてのリソースへの課金は、お使いのインスタンスが正常に「再有効化」された後に再開されます。
    クラシックネットワークの従量課金インスタンス このようなインスタンスが [Stopped] ステータスになった後でも、Alibaba Cloud によりインスタンスおよび関連するリソースに課金されます。 インスタンスの再起動後、インスタンスのインターネットアドレスおよびプライベート IP アドレスの変更はありません。

影響

この機能を有効化し、インスタンスを停止した際、お使いのインスタンスへの影響は以下になります。

  • vCPU およびメモリーはリリースされます。そのため、再びインスタンスを起動することができないことがあります。 起動できない場合、しばらくしてから再度起動させます。 「従量課金インスタンスの設定変更」の後、再度起動させることもできます。

  • インスタンスに割り当たられたインターネットアドレスがある場合、そのアドレスはリリースされます。 ECS コンソールまたは StartIncstance インターフェイスを利用し、お使いのインスタンスを起動させた後、お使いのインスタンスには新しいインターネットアドレスが割り当てられます。 ただし、プライベート IP アドレスの変更はありません。

    インターネットアドレスを変更する場合、「インターネットアドレスの EIP アドレスへの変更」を行なった後、インスタンスを停止できます。
  • "t5" インスタンスが停止した場合、既存の CPU クレジットは有効ですが、クレジットの発生は停止します。 起動した場合、CPU クレジットは発生し続けます。 詳しくは、「基本概念」をご参照ください。

「システムディスクの置き換え」(ReplaceSystemDisk)、「ディスクのロールバック」(ResetDisk)、「ディスクの再初期化」(ReInitDisk) などの操作に関しては、インスタンスを停止させ、すぐに再起動する必要があります。 お使いのインスタンスが正常に起動したかを確認するために、以下のいずれかの操作ができます。

  • ECS コンソールにログインします。 [概要] ページ、[全リージョンで停止したインスタンスへの無課金 (VPC 接続)] をオフにします。
  • ECS コンソールにログインします。 インスタンスを停止させた際、[インスタンスへの課金を維持] チェクボックスをオンにします。
  • API または Alibaba Cloud CLI を使用している場合、「StopInstance」インターフェイスで StoppedMode = KeepCharging を設定します。

機能の有効化

方法 1: すべてのインスタンスで機能を有効化する

[停止したインスタンスへの無課金 (VPC 接続)] 機能を手動で有効化する必要があります。 一度機能を有効化した場合、ご利用のアカウントのすべてのリージョンにある従量課金 VPC インスタンスに適用されます。 従量課金 VPC インスタンスを停止させた際、機能を有効にしたまま、従量課金 VPC インスタンスへの課金を維持する場合、インスタンスの停止時に [インスタンスへの課金を維持] チェックボックスをオンにします。

すでに 1 つまたは複数の従量課金 VPC インスタンスを使用している場合、この機能は自動的に有効化されません。 この機能により、お使いのシステムやアプリケーションに制御不能となるような影響がないことを、理解し、確認した後、ECS コンソールにログインし機能を有効化します。

以下の手順に従い、[停止したインスタンスへの無課金 (VPC 接続)] 機能を有効化します。

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウから [概要] をクリックします。
  3. [共通操作] エリアから、[設定] をクリックします。
  4. [全リージョンでの停止したインスタンスへの無課金 (VPC 接続)] チェックボックスをオンにし、表示されたウィンドウでの注記を読みます。その後、[停止したインスタンスへの無課金 (VPC 接続)] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。
方法 2: 1 つのインスタンスに対して機能を有効化する

「1 つのインスタンスの停止」を行なった際、表示されたウィンドウの [停止したインスタンスへの無課金 (VPC 接続)] をクリックすることで機能を有効化できます。

機能の無効化

方法 1: すべてのインスタンスに対して機能を無効化
この機能を無効化した後、
  • この操作により、ご利用のアカウントのすべてのリージョンのすべての従量課金 VPC インスタンスに対して機能が無効化されます。 ご注意の上、進めてください。
  • [Stopped] (Stopped) にある 1 つのインスタンスに対して、[ストップモード][停止したインスタンスへの無課金] の場合、インスタンスには課金されません。 起動後、

    • 停止される前にインターネットアドレスが割り当てられていた場合、新しいアドレスが割り当てられます。
    • インスタンスが停止される前に、EIP アドレスが接続解除されてる場合、EIP アドレスに変更はありません。

以下の手順に従い、機能を無効化します。

  1. ECS コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウから [概要] をクリックします。
  3. [共通操作] エリアから、[設定] をクリックします。
  4. [全リージョンでの停止したインスタンスへの無課金 (VPC 接続)] チェックボックスをオフにし、表示されたウィンドウでの注記を読みます。その後、[同意する] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。
方法 2: 1 つのインスタンスに対して機能を無効化する。

「インスタンスの停止」を行なった際、表示されたウィンドウで [インスタンスへの課金の継続] チェックボックスをオンにします。