edit-icon download-icon

プロセス設定の取得

最終更新日: Mar 13, 2018

プロセス設定の取得は、バケット内の画像処理に関連する属性を検索するために使用されます。

構文を要求する

  1. GET /?processConfiguration HTTP/1.1
  2. Host: BucketName.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com
  3. Date: GMT Date
  4. Content-Length: 0
  5. Authorization: SignatureValue

応答の要素

名前 説明
CompliedHost 処理構成が有効になるドメイン名。
img / both という2つの値しか利用できません。 img 値は、設定されたスタイル区切り文字が IMG にのみ適用されることを示します。 both 値は、 OSS が IMG のスタイルセパレータも使用できることを示します。
型: String
親要素: BucketProcessConfiguration
SourceFileProtect 元のイメージがファイル保護を有効にしているかどうか。
使用可能な値は2つだけです: Enabled / DisabledEnabled 値は、元の画像に対してファイル保護が有効になっていることを示します。 Disabled 値は、元の画像に対してファイル保護が有効になっていないことを示します。
型: String
親要素: BucketProcessConfiguration
SourceFileProtectSuffix 保護のために元のイメージファイルの接尾辞を設定します。
JPG と GIF ファイル形式の元の画像保護を有効にするには、値を jpg 、 gif に設定します。すべての画像ファイルを保護したい場合は、値を *に設定してください。この設定は、 “SourceFileProtect” 機能が “Enabled” のときに有効です。
型: String
親要素: BucketProcessConfiguration
SourceFileProtectSuffix 保護のために元のイメージファイルの接尾辞を設定します。
JPG と GIF ファイル形式の元の画像保護を有効にするには、値を jpg、gif に設定します。すべての画像ファイルを保護したい場合は、値を *に設定してください。この設定は、 “SourceFileProtect” 機能が “Enabled” のときに有効です。
型: String
親要素:BucketProcessConfiguration
StyleDelimiters スタイル区切りを設定します。
複数のセパレータを一度に設定し、パラメータを ,で区切ることができます。スタイル区切り文字が必要ない場合は、値を null に設定します。
型: String
親要素:BucketProcessConfiguration
BucketProcessConfiguration 要求された Container 。
型: Container
親要素:なし

詳細の分析

サンプル

リクエストサンプル

  1. GET /?processConfiguration HTTP/1.1
  2. Host: BucketName.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com
  3. Date: GMT Date
  4. Content-Length: 0
  5. Authorization: SignatureValue

応答サンプル

  1. HTTP/1.1 200 OK
  2. Server: AliyunOSS
  3. Date: Fri, 24 Feb 2012 07:32:52 GMT
  4. Last-Modified: Fri, 24 Feb 2012 06:07:48 GMT
  5. Content-Length: 188
  6. Connection: keep-alive
  7. x-oss-request-id: 5650BD72207FB30443962F9A
  8. <BucketProcessConfiguration>
  9. <Version>2</Version>
  10. <CompliedHost>img</CompliedHost>
  11. <SourceFileProtect>Disabled</SourceFileProtect>
  12. <SourceFileProtectSuffix>jpg,png</SourceFileProtectSuffix>
  13. <StyleDelimiters>/,-</StyleDelimiters>
  14. </BucketProcessConfiguration>