edit-icon download-icon

テンプレートの使用

最終更新日: Jun 22, 2018

Function Compute コンソールには、Web クローラー、画像自動分類など、関数サービスを迅速に作成したり、Alibaba Cloud Object Storage Service (OSS) または Table Store (OTS) へアクセスするためのテンプレートが用意されています。以下に、Web クローラーテンプレートを使用して Web クローラー関数を作成する方法の例を示します。この例では、関数テンプレートの意味と使い方を知ることができます。

手順

  1. コンソールに DEMO という名前のサービスを作成します。

  2. DEMO で関数を作成し、image-crawler関数テンプレートを選択し、トリガー設定をトリガーなしに設定します。

    step1

  3. 関数の基本設定フィールドで、関数名と関数の説明 (オプション) を入力します。

    step2

  4. コードメニューに切り替えて、コードをオンラインで編集し、カスタマイズします (コード内のお客様のリージョンバケット名を実際のリージョンとバケット名に置き換えてください)。

    step3

  5. イベントをクリックし、イベントパラメーターを変更します。

    step4

  6. 関数には OSS インスタンスでの読み取り/書き込み操作が含まれるため、関数サービスにはロールの承認が必要です。

    :セキュリティ上の理由から、関数は Alibaba Cloud 上で他のリソースを直接読み書きすることはできず、関数サービスにはそのような操作を実行する権限が必要です。つまり、次の表で示すように、指定したリソースにアクセスするために、関数は特定のロールを使用する (あるリソースへのアクセス許可をもつ) 必要があります。

    role

    次の例では、RAMコンソールでOSSに読み込みと書き込みの権限があるロールを作成します。

    1. RAMコンソールにログインして、”ロール管理”メニューに入って、”新規ロール”をクリックします。

      ram1

    2. “Function Compute” を選択し、 ロール fc-oss-rw を作成します。

      37

      38

    3. “ロールの詳細”に入って基本情報を編集します。次の例をご参考ください。

      6-3

    4. “権限付与ポリシー管理” メニュに入って, “権限付与ポリシーを作成” をクリックします。 OSS に書き込みと読み込み権限があるポリシーfc-oss-rw-policyを作成します。

      30

      ポリシーの詳細はこちらです: (ポリシー言語の詳細について、 こちらをご覧ください。 ポリシー言語.)

      1. {
      2. "Version": "1",
      3. "Statement": [
      4. {
      5. "Effect": "Allow",
      6. "Action": [
      7. "oss:GetObject",
      8. "oss:PutObject"
      9. ],
      10. "Resource": "*"
      11. }
      12. ]
      13. }

      31

    5. ポリシーfc-oss-rw-policyをロールfc-oss-rwに付与します。 そうするとロールfc-oss-rwはOSSに書き込みと読み込み権限を持つようになります。

      33

      ポリシーを付与した後に、 こちらのような対応関係になります:

      36

  7. fc-oss-rw を DEMO サービスのロールとして設定します。

    37

  8. 関数を実行します。

    39

結論

この例では、Function Compute で関数テンプレートを使用する方法を紹介しています。関数テンプレートを使用して、独自の関数サービスを素早く作成し、作業の繰り返しを避けることができます。