Cloud Enterprise Network(CEN)を使用することにより、VPC間またはVPCとオンプレミスデータセンター間にプライベートネットワーク通信を構築できます。 CENはダイナミックルーティングを使用します。これにより、ネットワークの収束とネットワーク間通信の品質およびセキュリティが向上し、すべてのネットワークリソースの相互接続を実現します。



コンポーネント

CEN は、以下のコンポーネントで構成されています。

  • CEN インスタンス

    CEN インスタンスは、ネットワークの作成と管理に関する基本的なリソースです。

    世界中のネットワークに接続するには、まず CEN インスタンスを作成し、ネットワークにアタッチしてから、帯域幅パッケージを購入し、クロスリージョン間通信用の帯域幅を設定する必要があります。

  • ネットワーク

    CENにアタッチされたネットワークは相互に通信できます。 ネットワークには、Virtual Private Cloud(VPC)、Virtual Border Router(VBR)、およびCloud Connect Networks(CCN)が含まれます。

  • 帯域幅パッケージ

    帯域幅パッケージは、クロスリージョン間通信にのみ必要です。 帯域幅パッケージを購入する場合、通信するネットワークリソースの相互接続エリアを指定する必要があります。 エリアは複数の Alibaba Cloud リージョンで構成されています。 コンソール上で接続できるエリアを確認できます。

    接続するネットワークが同じリージョンにある場合、帯域幅パッケージは不要です。 ただし、異なるリージョンのネットワーク接続の場合は、帯域幅パッケージを購入する必要があります。 デフォルトでは、接続されたネットワークに1 Kbit / sの帯域幅が提供されるため、接続テストが可能です。 通常業務を行うためには、帯域幅パッケージを購入し、適切な相互接続帯域幅を設定する必要があります。
    リージョン間の関係を次の表で示します。
    エリア リージョン
    中国本土 中国(青島)、中国(北京)、中国(張家口)、中国(深セン)、中国(杭州)、中国(上海)、中国(フフホト)
    北米 米国(シリコンバレー)、米国(バージニア州)
    アジア太平洋 香港、シンガポール、マレーシア(クアラルンプール)、日本(東京)、インド(ムンバイ)、インドネシア(ジャカルタ)
    ヨーロッパ ドイツ(フランクフルト)、イギリス(ロンドン)
    オーストラリア オーストラリア (シドニー)

    たとえば、北京 (中国北部 2) のネットワークにシリコンバレー (米国西部 1) のネットワークから接続したい場合は、相互接続エリアは、中国本土と北米です。 詳細は、利用イメージ をご参照ください。