Table Store に格納されているデータが一意に構造化されていて、各行のデータを処理するための開発ロジックを定義したい場合 (たとえば、特定の JSON 文字列の解析)、ユーザー定義関数 (UDF) を使用できます。

手順

  1. MaxCompute Studioに従って、IntelliJ に MaxCompute-Java / MaxCompute-Studio プラグインをインストールします。 プラグインをインストールすると開発を開始できます。

    次の図は、2 つの文字列を接続する単純な UDF 定義を示しています。 MaxCompute は、ユーザー定義のウィンドウ実行ロジックなど、より複雑な UDF をサポートします。 詳細については、 「UDF の開発とデバッグ」をご覧ください。



  2. パッケージ化したら、リソースを MaxCompute にアップロードします。

    [ファイル] > [プロジェクト構造] > [成果物] を選択します。 名前出力ディレクトリを入力し、アウトプットモジュールを選択するために [+] をクリックします。 パッケージ化したら、リソースをアップロードし、ODPS Project Explorer を使用して関数を作成したら、それを SQL で呼び出すことができます。



  3. "bin/odpscmd.bat" を実行します。
    // Select a line of data, and pass name/name into the UDF. 2つの文字列の連結が返されます。
    select cloud_metric_extract_md5(name, name) as udf_test from test_table limit 1;
    

    返された結果の例は、次のように表示されます。