VPC に接続された ECS インスタンスを使用中で、Elastic IP (EIP) アドレスがその ECS インスタンスにバインドされている場合、課金方法に関わらず必要に応じて 帯域幅変更 機能を使うことでインターネット帯域幅を変更することが可能です。

制限

帯域幅変更機能は VPC に接続し、EIP アドレスがバインドされたインスタンスにのみ有効です。

帯域幅の変更

EIP アドレスのインターネット帯域幅を変更するには、以下の手順に従います。

  1. ECS コンソール にログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[インスタンス] をクリックします。
  3. リージョンを選択します。
  4. EIP アドレスがバインドされたインスタンスを選択し、"操作" 列から [設定の変更] をクリックします。
  5. [設定変更] ダイアログボックスで、[帯域幅変更] を選択し、[続行] をクリックします。
  6. 注文の確認ページで、新たなピーク帯域幅を設定します。

  7. [有効化] をクリックし、以下に従って設定を完了します。

関連操作

クラシックネットワークのサブスクリプションインスタンス、または VPC に接続し EIP アドレスがバインドされていない ECS インスタンスは、以下の機能を使ってインターネット帯域を変更できます。