edit-icon download-icon

バックアップ計画を設定する

最終更新日: Dec 20, 2018

DBS は、完全バックアップ、増分バックアップ、データ回復などの機能を提供します。これらの機能を使用するには、バックアップ計画を作成して設定する必要があります。

操作手順

バックアップ計画を作成したら、次の手順に従って、DBS コンソールで計画を設定する必要があります。

  1. バックアップのソースとターゲットを設定する
  2. バックアップオブジェクトを設定する
  3. バックアップスケジュールを設定する
  4. ライフサイクルを設定する
  5. 事前チェック

バックアップのソースとターゲットを設定する

  1. データベース、バージョン、およびネットワーク環境の詳しい制限事項については、「制限事項」 をご参照ください。
  1. 必要なデータベース許可の詳細については、「データベースの許可」 をご参照ください。
  1. バックアップファイルの詳細については、「OSS でのバックアップファイルの検索方法」 をご参照ください。
  1. DBS は、ローカルとリモートのバックアップオプションを提供しています。リモートバックアップの作成の詳細については、「DBS でリモートバックアップを作成する」 をご参照ください。
  1. OSS バケットと DBS バックアップ計画で、同じリージョンを選択する必要があります。
  1. ホワイトリストを追加する方法をクリックして、DBS サーバーの IP アドレスを見つけることができます。DBS にデータベースへのアクセスを許可する必要があります。

バックアップオブジェクトを設定する

データベースインスタンス内に、複数のデータベースがある可能性があります。データベースインスタンス全体、特定のデータベース、または複数のテーブルのバックアップを選択できます。

バックアップスケジュールを設定する

このページで、データベースをいつバックアップするかを設定できます。毎週、または特定の時点でバックアップを実行するよう選択できます。たとえば、午前 3 時など、オフピーク時に完全バックアップを実行できます。

増分バックアップを設定することもできます。増分バックアップを有効にした後は、データベースを数秒まで正確に復元できます。増分バックアップは、より多くのバックアップデータを生成し、コストが高くなります。

ライフサイクルを設定する

DBS を使用すると、バックアップセットのライフサイクルを管理し、ストレージコストを削減できます。OSS に格納されているすべてのバックアップセットの転送ポリシーと、削除ポリシーを設定できます。以下は、完全バックアップセットの例です。最大保持期間は、730 日です。バックアップセットは 730 日後に削除されます。新しく作成されたバックアップセットは、最初に OSS 標準ストレージに 180 日間保管された後、OSS 低頻度アクセスストレージに移動されます。さらに 365 日後、バックアップは OSS アーカイブストレージに転送されます。増分バックアップセットにも同様のポリシーを設定できます。バックアップセットのライフサイクルの詳細については、「バックアップセットのライフサイクル 」 をご参照ください。

事前チェック

バックアップ計画を設定したら、設定、データベース接続、およびデータベースログ設定を事前にチェックできます。事前チェックが成功すると、バックアップ計画はすぐに有効になります。

バックアップ計画を表示する

DBS コンソールで、バックアップ計画の詳細を表示できます。

補足

SSL 接続

手順 1: SSL 証明書と秘密鍵を作成します。

バージョン 説明
5.7 より前の MySQL バージョン OpenSSL を使用してください。
MySQL 5.7 以降のバージョン 次のコマンドを実行してください。 /bin/mysql_ssl_rsa_setup
  1. OpenSSL のインストールの詳細については、「Creating SSL and RSA Certificates and Keys using MySQL」 をご参照ください。

  2. mysql_ssl_rsa_setup のインストールの詳細については、「mysql_ssl_rsa_setup — Create SSL/RSA Files 」 をご参照ください。

3.MySQL で SSL を有効にする方法の詳細については、「SSL 暗号化の設定」 をご参照ください。

手順 2: SSL 証明書と秘密鍵を選択します。

証明書ファイル 説明
ca.pem Self-signed CA certificate
ca-key.pem CA private key
server-cert.pem Server certificate
server-key.pem Server private key
client-cert.pem Client certificate
client-key.pem Client private key

手順 3: SSL 証明書と秘密鍵をアップロードします。

バックアップ計画を設定するときは、接続タイプとして [SSL 接続] を選択し、SSL 証明書と秘密鍵をアップロードします。

  • CA 証明書
  • クライアント証明書
  • クライアント秘密鍵