ここでは、モバイルデバイス上で ECS インスタンスに接続する方法について説明します。 インスタンスのオペレーティングシステムに応じて、以下の必要な方法を選択します。

  • Linux インスタンスへの接続: この例では、SSH Control Lite を使用して iOS デバイス上の Linux インスタンスに接続する方法および JuiceSSH を使用して Android デバイス上の Linux インスタンスに接続する方法を説明します。
  • Windows インスタンスへの接続: この例では、Microsoft リモートデスクトップを使用して、iOS または Android デバイス上で Windows インスタンスに接続する方法を説明します。

Linux インスタンスへの接続

前提条件
  • インスタンスが "Running" ステータスである必要があります。
  • インスタンスにはパブリック IP アドレスがあり、インターネットにアクセスできる状態です。
  • インスタンスのログインパスワードが設定されています。パスワードを紛失した場合は、インスタンスパスワードをリセットします
  • インスタンスのセキュリティグループは、次のセキュリティグループルールを含んでいます。
    ネットワークタイプ NIC ルールの方向 許可ポリシー プロトコルタイプ ポート範囲 許可タイプ 許可オブジェクト 優先度
    VPC 設定不要 インバウンド 許可 SSH (22) 22/22 アドレスフィールドアクセス 0.0.0.0/0 1
    クラシック インターネット
  • 適切なアプリをダウンロードしてインストールしておきます。
    • iOS デバイスの場合は、SSH Control Lite をインストール
    • Android デバイスの場合は、JuiceSSH をインストール
手順

iOS デバイスの場合は、「SSH Control Lite を使用した Linux インスタンスへの接続」をご参照ください。この例では、認証にユーザー名とパスワードが使用されています。

Android デバイスの場合は、「JuiceSSH を使用した Linux インスタンスへの接続」をご参照ください。 この例では、 認証にユーザー名とパスワードが使用されています。

SSH Control Lite を使用した Linux インスタンスへの接続
  1. SSH Control Lite を起動し、[Hosts] をクリックします。
  2. Hostsページの左上隅にある [+] アイコンをクリックします。
  3. 操作シートで、[Connection] をクリックします。
  4. Connection ページで、接続情報を設定し、 をクリックします。 以下の接続情報が必要です。
    • Name: ホスト名を指定します。 この例では、 DocTest が使用されます。
    • Protocol: 既定値の SSH を使用します。
    • Host: 接続先の Linux インスタンスのパブリック IP アドレスを入力します。
    • Port: SSH プロトコルのポート番号を入力します。 この例では 22 が使用されています。
    • Username: ユーザー名として「root」を入力します。
    • Password: インスタンスのログインパスワードを入力します。
  5. ツールバーで、[Remote Controls] をクリックします。
  6. Remote Controlsページで、左上隅の [+] アイコンをクリックしてリモート接続セッションを作成します。 この例では、New remote が使用されています。
    次の図は、手順 1 ~ 6 を示しています。

  7. New remote ページで、[Host1] をクリックします。
  8. 操作シートで、[Bind] をクリックします。
  9. 新しい Linux インスタンスを選択します。 この例では、[DocTest] を選択します。
  10. New remote ページで、[Done] をクリックして [Edit] モードに切り替え、[DocTest] をクリックします。
  11. 操作シートで、[Connect] をクリックします。
    次の図は、手順 7 ~ 11 を示しています。

  12. 操作シートで、[Yes, Once] または [Yes, Permanently] を選択します。接続が成功すると、[DocTest] の前のインジケーターが緑色に変わります。
  13. New remote ページで、[DocTest] をクリックします。
  14. 操作シートで、[Console] をクリックして Linux インスタンスのコンソールを開きます。
    次の図は、手順 12 ~ 14 を示しています。

JuiceSSH を使用した Linux インスタンスへの接続
  1. JuiceSSH を起動し、[Connections] をクリックします。

  2. Connections タブの下で [+] アイコンをクリックします。

  3. New Connection ページで接続情報を追加して、アイコンをクリックします。 以下の接続情報が必要です。
    • Nickname: 接続セッションの名前を指定します。この例では、DocTest が使用されています。
    • Type: 既定値の SSH を使用します。
    • Address: 接続先の Linux インスタンスのパブリック IP アドレスを入力します。
    • Identity を設定するには、以下の手順を実行します。
      1. [Identity] をクリックし、ドロップダウンリストの [New] をクリックします。
      2. New Identity ページで、接続情報を追加して、アイコンをクリックします。 以下の接続情報が必要です。
        • Nickname: オプション。この例では DocTest が使用されています。
        • Username: ユーザー名として「root」と入力します。
        • Password: [SET (OPTIONAL)] をクリックし、インスタンスのログインパスワードを入力します。

    • Port: SSH プロトコルのポート番号を入力します。 この例では、22 が使用されています。

  4. メッセージを確認して、[ACCEPT] をクリックします。

  5. (オプション) 初めて接続する場合、アプリは役立つヒントのプロンプトを表示します。 [OK - I’VE GOT IT!] をクリックします。

Linux インスタンスへの接続に成功すると、次の画面が表示されます。



Windows インスタンスへの接続

このセクションでは、例として Microsoft リモートデスクトップを使用して、モバイルデバイス上で Windows インスタンスに接続するためのアプリの使用方法を説明します。

前提条件

  • インスタンスが "Running" ステータスである必要があります。
  • インスタンスにはパブリック IP アドレスがあり、インターネットにアクセスできる状態です。
  • インスタンスのログインパスワードが設定されています。パスワードを紛失した場合は、インスタンスパスワードをリセットします
  • インスタンスのセキュリティグループは、 次のセキュリティグループルールを含んでいます。
    ネットワークタイプ NIC ルールの方向 許可ポリシー プロトコルタイプ ポート範囲 許可タイプ 許可オブジェクト 優先度
    VPC 設定不要 インバウンド 許可 RDP(3389) 3389/3389 アドレスフィールドアクセス 0.0.0.0/0 1
    クラシック インターネット
  • Microsoft リモートデスクトップをダウンロードしてインストールしておきます。
    • iOS デバイスの場合は、iTunes からアプリをダウンロード
    • Android デバイスの場合は、Google Play からアプリをダウンロード
手順

Microsoft リモートデスクトップを使用して Windows インスタンスに接続するには、次の手順を実行します。

  1. RD クライアントを起動します。 ナビゲーションバーで、[+] アイコンをクリックします。

  2. Add New ページで、[Desktop] を選択します。

  3. Edit Desktop ページで、接続情報を入力し、[Save] をクリックします。 以下の接続情報が必要です。
    • PC Name: 接続先の Windows インスタンスのパブリック IP アドレスを入力します。
    • User Account: アカウント名に「administrator」と入力し、 Windows インスタンスのログインパスワードを入力します。

  4. Remote Desktop ページで、Windows インスタンスのアイコンをクリックします。

  5. 確認ページでメッセージを確認し、 [Accept] をクリックします。

Windows インスタンスへの接続に成功すると、次の画面が表示されます。