サブスクリプションインスタンスの自動更新を行うと、通常の手動更新を行う必要がなくなります。 また、インスタンスの有効期限が切れて期限内に更新されない場合に発生するサービスの中断も防ぎます。

サブスクリプションインスタンスを購入したときに自動更新を選択しなかった場合は、Alibaba Cloud Billing Management コンソールで自動更新を設定できます。 セットアップが完了すると、選択した更新サイクルに基づいてサブスクリプションが自動的に更新されます。 たとえば、3 か月の更新サイクルを選択した場合、更新されるごとに 3 か月間のサブスクリプションが自動的に支払われます。 この文書では、サブスクリプションインスタンスの自動更新を有効にする方法について説明します。

前提条件

マスターアカウントで Alibaba Cloud コンソールへログインしています。

注意

  • 自動更新を選択した場合、インスタンスが期限切れになる 3 日前に料金の請求が行われます。 更新の際にはクレジットカードとクーポンをご利用いただけます。
  • 請求日の前に手動でインスタンスを更新すると、新しい有効期限に基づいて自動更新が行われます。

  • 自動更新機能は、機能を有効にした翌日に有効になります。 インスタンスが翌日に期限切れになった場合は、サービスの中断を防ぐために手動で更新します。

手順

  1. Alibaba Cloud の [課金管理] コンソールへログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[更新] を選択します。
  3. [プロダクト] ドロップダウンリストの [ApsaraDB for RDS] を選択し、対象インスタンスがあるリージョンとその作成日を選択します。 または、デフォルトの検索範囲を選択してください。
  4. [検索] をクリックします。


  5. 対象インスタンスの[自動更新] カラムで、スライダ-を右へ動かします。
  6. 開いている自動ページで、自動更新時間を設定します。
  7. [自動更新を有効にする] を選択します。