カスタムイメージを同じリージョンの OSS バケットへ、カスタムイメージとしてエクスポートします。

説明

  • マーケットミラーリングのシステムディスクスナップショットを使用して作成された、カスタムイメージをエクスポートすることはできません。
  • ミラーのディスクスナップショットを含む情報をエクスポートする、カスタムミラーをサポートします。データディスクの数は 4 を超えることはできず、単一のデータディスクの最大容量が、500 GiB を超えることはできません。
  • エクスポートミラーリングを有効にするには、Alibaba Cloud に連絡するために、チケットを作成する必要があります。

  • RAM を使用して OSS にデータを書き込むには、ECS 公式サービスアカウントを承認する必要があります。
    1. ロールを作成します。 AliyunECSImageExportDefaultRole (他のロール名は無効です) 。そして、以下のポリシーをロールに設定します。
      1. { Statement”: [ { Action”: sts:AssumeRole”, Effect”: Allow”, Principal”: { Service”: [ ecs.aliyuncs.com ] } } ], Version”: 1 }
    2. ロール AliyunECSImageExportDefaultRole : AliyunECSImageExportRolePolicy に、デフォルトのシステム許可ポリシーを追加します。このポリシーは、ECS がエクスポートされたイメージを提供するための、デフォルトのポリシーです。また、以下のカスタムポリシーを作成することもできます。
      1. { Version”: 1”, Statement”: [ { Action”: [ oss:GetObject”, oss:PutObject”, oss:DeleteObject”, oss:GetBucketLocation”, oss:AbortMultipartUpload”, oss:ListMultipartUploads”, oss:ListParts ], Resource”: “*”, Effect”: Allow } ] }

リクエストパラメーター

名前 必須かどうか 説明
Action String はい 必須パラメーター。値:ExportImage
RegionId String はい カスタムイメージの RegionId。詳細については、DescribeRegions を呼び出して、最新のリージョン ID のリストを照会してください。
ImageId String はい カスタムイメージの ID。
OssBucket String はい イメージのエクスポート先の OSS バケット。
OssPrefix String いいえ OSS オブジェクト名の接頭辞は、 [1, 30] 桁または文字で構成されます。
ClientToken String いいえ リクエストのべき等性を保証するために使用されます 。値はクライアントによって生成されます。すべてのリクエストで一意でなければならず、最大で 64 ASCII 文字を含みます。詳細については、「べき等性を確保する方法」をご参照ください。

レスポンスパラメーター

名前 説明
RegionId String リージョン ID。
ExportTaskId String タスク ID をエクスポートするイメージ。

リクエストの例
  1. https://ecs.aliyuncs.com/?Action=ExportImage&RegionId=cn-hangzhou&ImageId=m-231234567&OssBucket=testexportImage&<Common Request Parameters>
レスポンスの例

XML 形式

  1. <ExportImageResponse> <RequestId>C8B26B44-0189-443E-9816-D951F59623A9</RequestId> <ExportTaskId>tsk-231234567</ExportTaskId> <RegionId>cn-hangzhou</RegionId></ExportImageResponse>
JSON 形式
  1. { RequestId”: C8B26B44-0189-443E-9816-D951F59623A9”, RegionId”: cn-hangzhou”, ExportTaskId”: tsk-231234567”}

エラーコード

次のエラーコードは、このインターフェイスに固有のものです。その他のエラーコードについては、API エラーセンターをご覧ください。

エラーコード エラーメッセージ HTTP ステータスコード 意味
Forbidden User is not authorized to operate on the specified image. 400 イメージをエクスポートすることはできません。
IncorrectImageStatus The image is not available. 400 指定されたイメージは使用できません。
MissingParameter An input parameter RegionId that is mandatory for processing the request is not supplied. 400 RegionId パラメーターが必要です。
MissingParameter An input parameter ImageId that is mandatory for processing the request is not supplied. 400 ImageId パラメーターが必要です。
MissingParameter An input parameter OssBucket that is mandatory for processing the request is not supplied. 400 OssBucket パラメーターが必要です。
OssBucket.NotFound The specified OssBucket does not exist. 400 指定された OSS バケットは、指定されたリージョンに存在しません。
OssPrefix.Malformed The specified OssPrefix format is incorrect. 400 OSS オブジェクトの指定した接頭辞形式が無効です。
RegionId.NotFound The specified RegionId does not exist. 400 指定されたイメージの RegionId は存在しません。
ExportImageFailed Failed to export image. 403 イメージのエクスポートに失敗しました。
ImageId.NotFound The image does not exist. 403 指定されたイメージ ID は存在しません。
ImageNotSupported The specified image is from the image market and does not support export. 403 指定されたイメージは、イメージマーケットプレイスからのものであるため、エクスポートできません。
InvalidRegion.NotSupport The specified region does not support image import or export. 403 指定されたリージョンは、一時的にイメージのインポートやエクスポートをサポートしていません。
OperationDenied.ImageExporting The specified image is being exported. 403 指定されたイメージはエクスポートされています。