このトピックでは、イメージをエクスポートする際に考慮が必要な事項、および Alibaba Cloud カスタムイメージをエクスポートする方法について説明します。

始める前に

  • OSSを有効化し、OSSバケットがカスタムイメージと同じリージョンで使用できることを確認してください。 詳細については、「バケットの作成」をご参照ください。
    カスタムイメージをエクスポートすると、OSSストレージとトラフィックのダウンロード料金が発生します。 詳細については、「課金項目」をご参照ください。
  • この操作では、Alibaba Cloud Marketplace イメージから作成されたカスタムイメージをエクスポートできません。
  • Windows Server オペレーティングシステムが含まれたカスタムイメージはエクスポートできません。
  • エクスポートするカスタムイメージには、最大 4 つのデータディスクのスナップショットのみを含めることができます。 各データディスクのサイズは 500 GiB 以下とする必要があります。

このタスクについて

カスタムイメージをエクスポートする前に、以下の事項を考慮してください。
  • エクスポートされたカスタムイメージにデータディスクのスナップショットが含まれていると、OSS に複数のファイルが表示されます。 名前に system が含まれるオブジェクトは、システムディスクのスナップショットです。 名前に data が含まれるオブジェクトは、データディスクのスナップショットです。 データディスクスナップショットの ID は、ソースデータディスクのマウントポイント (xvdb および xvdc など) です。
  • エクスポートされたイメージを使用して同じ構成のインスタンスを作成する場合は、 /etc/fstab に記録されたファイルの保存場所と保存スペースの分割方法が、エクスポートされたデータディスクのスナップショット情報と一致していることを確認する必要があります。
  • カスタムイメージのエクスポートに必要な時間は、イメージファイルのサイズとキュー内のエクスポートタスクの数によって異なります。

手順

  1. エクスポートするカスタムイメージを確認します。 イメージの [操作]列で、 [詳細] をクリックし、ショートカットメニューから [イメージのエクスポート] を選択します。
    1. [イメージのエクスポート] ダイアログボックスで、[アドレスの確認] をクリックします。
      export_image
    2. [クラウドリソースのアクセス許可] ウィンドウで、[認証ポリシーの確認] をクリックし、ECS に対して OSS リソースへのアクセスを許可します。
  2. ECS コンソールのホームページに戻り、再度 [イメージ] ページに移動します。 エクスポートするカスタムイメージを確認します。 イメージの [操作]列で、 [詳細] をクリックし、ショートカットメニューから [イメージのエクスポート] を選択します。
  3. [イメージのエクスポート] ダイアログボックスで、以下のパラメーターを設定します。
    • OSS バケットアドレス:カスタムイメージと同じリージョンに属する OSS バケットを選択します。
    • OSS オブジェクトプレフィックス:カスタムイメージのオブジェクト名のプレフィックスを設定します。 たとえば、Demo をプレフィックスとして設定した場合、OSS バケットに表示されるエクスポートされたイメージファイルの名前は Demo-[自動生成されたファイル名] となります。
  4. [OK] をクリックして、カスタムイメージをエクスポートします。

    エクスポートタスクは、タスクが完了する前であればいつでもキャンセルできます。 ECS コンソールの [タスク] ページに移動し、指定したリージョンのタスクを確認し、タスクをキャンセルします。

次のタスク

  • OSS コンソールにログインして、エクスポートタスクの結果を照会します。
  • カスタムイメージをダウンロードします。 詳細については、「オブジェクトのダウンロード」をご参照ください。
    エクスポートされたカスタムイメージのデフォルトのフォーマットは .raw.tar.gz です。解凍後のフォーマットは .raw です。 ローカルコンピューターで Mac OS Xシステムを実行している場合、GNU Tar を使用してイメージを解凍することを推奨します。