edit-icon download-icon

レコード管理

最終更新日: May 14, 2018

Alibaba Cloud DNSコンソールでドメイン名のDNS設定を行うことができます。
レコードの追加レコードを編集するレコードの有効化などの操作を実行して、レコードを管理することができます。 レコードの無効化レコードの削除も実行可能です。

レコードの追加

レコードを追加するには、次の手順を実行します。

  1. [Alibaba Cloud DNS コンソール]にログオンします。

  2. 標準 DNS またはエンタプライズ DNS ページで、DNS設定を変更するドメイン名の下にある設定をクリックします。

  3. レコードの追加をクリックします。

  4. 次のようにレコード情報を入力します。

    • タイプを選択します。

      • A (アドレス): Aレコードは、ドメインをホストのIPアドレス(例えば、10.10.10.10)に指定します。
      • CNAME (エイリアス): CNAMEレコードは、サブドメインを別のドメイン名にリダイレクトします(例えば、www.yourdomain.comwww.anotherdomain.comにリダイレクトされます) 。その後、元のDNSクエリを解決するためにクエリが実行されます。
      • MX (メール): MXリソースレコードは、ドメインをメール交換サーバーにポイントします。
      • TXT (テキスト): TXT レコードは、最大 255 文字の任意の文字列を指定します。通常、スパム対策の目的でSender Policy Framework(SPF)レコードを追加するために使用されます。
      • NS (ネームサーバーr): NSレコードは、サブドメインを解決するための別の権限のあるネームサーバを指定します。
      • AAAA (IPv6): AAAAレコードはAレコードに似ていますが、ドメインがIPv4ではなく、IPv6のIPアドレスにポイントされます(例えば、ff06:0:0:0:0:0:0:c3)。
      • SRV (サービス): SRVレコードは、特別なサービスを提供するサーバを指定します(例えば、_example-server._tcp)。
    • ドメイン名の前に接頭辞を参照するホストを選択します。

      • www: www.yourdomain.tldに一致するようにwwwを使用します。
      • @: 元のドメイン名と完全に一致するように@を使用します(例えば、@yourdomain.tld)。
      • *: ワイルドカードとして *(アスタリスク)を使用して任意の接頭辞を照合します。たとえば、*.example.com<any prefix>.example.comと一致します。
      • メール:mail.yourdomain.comにマッチするメールを使います。通常、メールサーバーの解決に使用されます。
      • 第2レベルのドメイン名: 例えば、abc.yourdomain.comにマッチさせるには、abcを入力します。
      • モバイルウェブサイト: 例えば、m.yourdomain.comにマッチさせるには、mを入力します。
    • 訪問者が特定のISP回線を介してウェブサイトにアクセスできるように、ISP回線を選択します。

    • 値とTTLを入力します。

  5. 確認をクリックします。

新しく追加されたレコードは数秒で有効になり、デフォルトで有効になります。

レコードの管理

ドメイン名のレコードが追加された後、ドメイン名のDNS設定ページで次の操作を実行できます。

[Alibaba Cloud DNS コンソール]にログオンし、ドメイン名の下にある設定 をクリックして、DNS 設定ページに入ります。

レコードの編集

DNS設定ページでドメイン名の既存のレコードを編集するには以下となります。

  1. レコードの下の編集をクリックします。

  2. レコード情報を入力し、確認をクリックします。

変更されたレコードが有効になる時間は、ローカルDNSサーバーで指定されたTTLによって異なります。デフォルトのTTLは10分です。TTL値が小さいほど、変更されたレコードが有効になるまでの時間が短くなります。

レコードの有効化

DNS設定ページでドメイン名に無効なレコードを有効にするには、レコードの下にある有効をクリックします。

レコードの無効化

DNS設定ページでドメイン名の有効レコードを無効にするには、レコードの下の無効をクリックします。

無効は、レコードを一時的に中断するために使用されます。無効なレコードを再度有効にすることができます。

レコードの削除

DNS設定ページでドメイン名の既存のレコードを削除するには以下となります。

  1. レコードの下にある削除をクリックします。

  2. 削除の確認ダイアログボックスで、確認をクリックします。

削除は、レコードを完全に削除するために使用されます。レコードが削除されると、リダイレクト先のIPアドレスにアクセスできなくなります。潜在的な問題を回避するために、デフォルト行を使用するレコードを保持することをお勧めします。