edit-icon download-icon

レコードタイプ

最終更新日: May 14, 2018

本ドキュメントはAレコードCNAMEレコードNSレコードMXレコード AAAAレコードSRVレコードTXTレコードなど、Alibaba Cloud DNS がサポートするレコードについて説明しています。

レコードの追加

Alibaba Cloud DNSにドメイン名を追加したら、レコードを追加してDNS設定の構成を開始できます。[レコードの追加]ページに移動するには、次の手順に従います(たとえば、追加するドメイン名は abc.comとします)。

  1. [Alibaba Cloud DNSコンソール]にログインします。

  2. [ドメインリスト] ページに移動して、設定するドメイン名を探し、対応する [操作]列の[設定]をクリックします。

  3. [レコードを追加]をクリックします。

レコードを追加

Aレコード

レコードは、ドメイン名をIPアドレスにする場合に使用されます。

[レコードを追加] ページにAレコードを追加するには、以下の情報が必要です。

  • レコードタイプ:A.

  • ホスト:サブドメイン名。例えば、

    • www.abc.com の名前解決を追加するには、ホストフィールドに wwwを入力します。
    • abc.comを解決するには、ホストフィールドを空のままにして、システムは自動的に @ をフィールドに入れます。
  • ISP回線:必須です。指定しない場合、一部のユーザーがドメイン名の解決に失敗することがあります。

  • 値:IPアドレス。IPv4アドレスのみが許可されます。

  • TTL:オプション。システムはデフォルトで600秒の値を自動的に生成します。TTLはキャッシュ時間です。値が小さいほど、変更されたレコードがさまざまな地域で有効になります。

CNAMEレコード

CNAMEレコードは、ドメイン名を別のドメイン名にリダイレクトするために使用されます。別のドメイン名には、目的のIPアドレスを指すレコードがあります。

[レコードの追加]ページにCNAMEレコードを追加するには、次の情報が必要です。

  • レコードタイプ:CNAME。

  • ホスト:サブドメイン名。例えば、

    • www.abc.com の名前解決を追加するには、ホストフィールドに wwwを入力します。
    • abc.comを解決するには、ホストフィールドを空のままにします。システムは @ をフィールドに自動的に挿入します。ホストとして @ を使用するCNAMEレコードは、MXレコードの通常の解決に影響する可能性があるため、この操作を実行する際は注意してください。
  • ISP回線:必須です。指定しない場合、一部のユーザーがドメイン名の解決に失敗することがあります。

  • 値:指定されたドメイン名。

  • TTL:オプション。システムはデフォルトで600秒の値を自動的に生成します。TTLはキャッシュ時間を示します。値が小さいほど、変更されたレコードがさまざまな地域で有効になります。

NSレコード

NSレコードは、サブドメイン名を解決するDNSサービスプロバイダを変更するために使用されます。

[レコード追加]ページにNSレコードを追加するには、以下の情報が必要です。

  • レコードタイプ:NS。

  • ホスト:サブドメイン名。たとえば、他のDNSサーバにサブドメインwww.abc.comを解決する権限を与えるには、ホストとしてwwwを入力します。

    • NSレコードのホストレコード(RR値)は空ではなく、NSレコードはワイルドカード解決(1レコード内の複数のサブドメイン名を含む)をサポートしていません。
    • 他のDNSプロバイダの管理に割り当てられたサブドメイン名は、他のサブドメイン名の通常の解決に影響しません。
  • ISP回線:必須です。指定しない場合、一部のユーザーがドメイン名の解決に失敗することがあります。

  • 値: ns-alidns.com;など、許可されたDNSサーバのDNSドメイン名。サービスの可用性を保証するために、少なくとも2つのDNSサーバを追加することをお勧めします(たとえば、 ns-alidns.comns-alidns.com)。

  • TTL:オプション。システムはデフォルトで600秒の値を自動的に生成します。TTLはキャッシュ時間を示します。値が小さいほど、変更されたレコードがさまざまな地域で有効になります。

MXレコード

MXレコードは電子メールを受信するドメイン名に電子メールアドレスを割り当てる場合に使用されます。

[レコードの追加]ページにMXレコードを追加するには、次の情報が必要です。

  • レコードタイプ:MX。

  • ホスト:サブドメイン名。

通常は電子メールアドレス[xxx @ abc.com]が使用され、ホストレコードは空のままです。ホストレコードが mailと入力された場合、電子メールアドレスはxxx@mail.abc.comになります。

  • ISP回線:必須です。

    • 指定されていない場合、一部のユーザーがドメイン名の解決に失敗する可能性があり、電子メールを受信できない可能性があります。
    • MXレコードは通常、インテリジェントな名前解決を必要としないため、デフォルト値を適用できます。
  • 値:メールサービスプロバイダから提供されたドメイン名。

    注意:自家用電子メールサーバーを使用している場合、電子メールサーバーのドメイン名が必要で、ドメイン名にはAレコードが必要です。

  • MX優先度:必須です。MX優先度値が低いほど優先度が高くなります。MXレコードが1つしかない場合、MXの優先順位は必要ありません。

ドメイン名解決レコードに複数のMXレコードが含まれている場合:

  • 電子メール送信者サーバーは、MX優先順位の値が最も低いサーバーに電子メールを配信します。

  • そのサーバーに障害が発生しても電子メールを受信できない場合、送信者サーバーは、電子メールが正常に配信されるまで、他のサーバーの中で優先順位が最も低い次のサーバーを自動的に選択します。すべてのサーバーに障害が発生すると、送信エラーが返されます。

  • TTL:オプション。システムはデフォルトで600秒の値を自動的に生成します。TTLはキャッシュ時間を示します。値が小さいほど、変更されたレコードがさまざまな地域で有効になります。

AAAAレコード

AAAAレコードは、ドメイン名をIPv6アドレスに向けるために使われます。

[レコードの追加] ページにAAAAレコードを追加するには、次の情報が必要です。

  • レコードタイプ:AAAA。

  • ホスト:サブドメイン名。例えば、

    • www.abc.comの名前解決を追加するには、ホストフィールドに wwwを入力します。
    • abc.comの名前解決するには、ホストフィールドを空のままにします。システムは @ をフィールドに自動的に挿入します。
  • ISP回線:必須です。指定しない場合、一部のユーザーがドメイン名の解決に失敗することがあります。

  • 値:IPアドレス。IPv6アドレスのみが許可されます。

  • TTL:オプション。システムはデフォルトで600秒の値を自動的に生成します。TTLはキャッシュ時間を示します。値が小さいほど、変更されたレコードがさまざまな地域で有効になります。

SRVレコード

SRVレコードは、サーバーによって使用されるサービスを識別し、コンピューターによって提供されるサービスを記録するために使用されます。

[レコードの追加] ページにSRVレコードを追加するには、次の情報が必要です。

  • レコードタイプ:SRV。

  • ホスト:フォーマットされた文字列 service name.protocol(例えば、_example-server._tcp)。

  • ISP回線:必須です。指定しない場合、一部のユーザーがドメイン名の解決に失敗することがあります。

  • 値:フォーマットされた文字列 priority&space&weight&space&port&space&target address(たとえば、3 0 2176 example-server.-google.com)。

  • TTL:オプション。システムはデフォルトで600秒の値を自動的に生成します。TTLはキャッシュ時間を示します。値が小さいほど、変更されたレコードがさまざまな地域で有効になります。

TXTレコード

TXTレコードは、ドメイン名を識別して記述するために使用されます。TXTレコードは、一般にSPFレコード(スパム対策)に適用されます。

[レコードの追加]ページにTXTレコードを追加するには、次の情報が必要です。

  • レコードタイプ:TXT。

  • ホスト:サブドメイン名。例えば、

    • www.abc.comの名前解決を追加するには、ホストフィールドに wwwを入力します。
    • abc.comの名前解決するには、ホストフィールドを空のままにします。システムは @ をフィールドに自動的に挿入します。
  • ISP回線:必須です。

    • 指定されていない場合、一部のユーザーがドメイン名の解決に失敗することがあります。
    • TXTレコードはインテリジェントな解決を必要とせず、デフォルト値を適用できます。
  • 値:任意の値(または空白のまま)

    注意:SPFレコード(スパム対策)として使用される場合、最も一般的なSPF形式のTXTレコードは v = spf1amx~allであり、このドメインのAレコードとMXレコードのIPアドレスのみを示します名前は、このドメイン名を使用して電子メールを送信することを許可されています。

  • TTL:オプション。システムはデフォルトで600秒の値を自動的に生成します。TTLはキャッシュ時間を示します。値が小さいほど、変更されたレコードがさまざまな地域で有効になります。