サブスクリプションインスタンスのタイプを変更するには、この操作を行います。 新しいインスタンスタイプは、インスタンスのライフサイクルを通して有効になります。

説明

この操作を実行する前に、ECSの請求方法と料金表の内容を十分に確認してください。

この操作を実行する際は、次の点に留意してください。

  • インスタンスのステータスは、[停止] (停止)である必要があります。
  • 指定されたインスタンスは、期限切れの支払いがない状態である必要があります。
  • サブスクリプションのインスタンスタイプを変更する前に、DescribeResourcesModificationの操作を実行して利用可能なインスタンスタイプを照会することができます。
  • 例えば、インスタンスタイプをダウングレードする場合:
  • インスタンスタイプは最大 3 回までダウングレード可能です。 価格の差額分の返金は3回以上することはできません。
  • 価格の差額分は、支払い時に使用した口座に返金されます。 クーポンで購入した場合、価格の差額分は返金されません。
  • インスタンスのダウングレード完了後は、別のインスタンスタイプのダウングレード開始まで 5 分間待つ必要があります。

デバッグ

デバッグを実行するには、API Explorerが使用可能です。 API Explorer で各種操作を実行して API の使用を簡素化することができます。 例えば、API の取得、API の呼び出し、SDK のサンプルコードの動的な生成などが可能です。

パラメータのリクエスト

名称 タイプ 必須項目 説明
InstanceId String 必須 i-xxxxx1

インスタンスの ID。

InstanceType String Yes ecs.s1.large

新しいインスタンスタイプ 詳細については、インスタンスタイプファミリーを参照するか、またはDescribeInstanceTypesの操作を行って最新のインスタンスタイプのリストを取得してください。

RegionId String Yes cn-hangzhou

インスタンスのリージョン ID。 DescribeRegionsを実行すると、最新のリージョンリストが表示されます。

Action String No ModifyPrepayInstanceSpec

実行する操作です。 値をModifyPrepayInstanceSpec に設定します。

AutoPay Boolean No true

自動支払いが有効になっているかを示します。 OperatorTypeがダウングレードに設定されている場合、自動支払いは無効になります。 デフォルト値:true 有効な値:

  • true:自動支払いを有効化します。 口座に十分な資金があることを確認してください。 資金が不足している場合、オーダーは無効になり、オーダーをキャンセルする必要があります。
  • false:支払いは行われず、オーダーのみが生成されます。 請求方法を変更すると、自動支払いがtrueに設定されます。 口座に十分な資金があることを確認してください。 資金が不足している場合、オーダーは無効になり、オーダーをキャンセルする必要があります。 口座の資金が不足している場合は、AutoPay false に設定することができます。 その後、オーダーが生成されます。 ECSコンソールにログインすると、支払いをすることができます。
MigrateAcrossZone Boolean No false

クロスクラスターインスタンスタイプのアップグレードが有効になっているかを示します。 デフォルト値 : false

MigrateAcrossZoneがtrueに設定されており、取得した情報に基づいてインスタンスタイプをアップグレードする場合は、次の点に留意してください。

クラシックインスタンス:

  • フェーズアウトインスタンスタイプの場合は、非 I/O 最適化インスタンスが I/O 最適化インスタンスにアップグレードされると、プライベート IP アドレス、ドライバー名、およびソフトウェア認証コードが変更されます。 Linuxインスタンスの場合、ベーシックディスク(クラウド)はxvdaまたはxvdbとして識別されます。 ウルトラディスク(cloud_efficiency)およびSSD(cloud_ssd)は、vdaまたはvdbとして識別されます。
  • Alibaba Cloud のマーケットで入手可能なインスタンスタイプのファミリーでは、インスタンスタイプのアップグレード後にプライベートIPが変更されます。

VPCタイプのインスタンス:フェーズアウトインスタンスタイプの場合、非 I/O 最適化インスタンスが最適化インスタンスにアップグレードされると、ドライバ名およびソフトウェア認証コードが変更されます。 Linuxインスタンスの場合、ベーシックディスク(クラウド)はxvdaまたはxvdbとして識別されます。 ウルトラディスク(cloud_efficiency)およびSSD(cloud_ssd)は、vdaまたはvdbとして識別されます。

OperatorType String No ダウングレード

設定変更タイプ。 デフォルト値:ダウングレード。 有効な値:

  • アップグレード。 OperatorTypeアップグレードに設定されている場合、支払い口座に十分な資金またはクレジットがあることを確認してください。
  • ダウングレード。

[DO NOT TRANSLATE] ~~55263~~インスタンスタイプファミリー[DO NOT TRANSLATE] [DO NOT TRANSLATE]

  • [DO NOT TRANSLATE]
  • [DO NOT TRANSLATE]
SystemDisk.Category String No cloud_efficiency

システムディスク変更オプション。 このパラメータは、フェーズアウトインスタンスタイプから、Alibaba Cloud マーケットで入手可能なインスタンスタイプファミリーのいずれかに変更し、非最適化インスタンスから最適化インスタンスにアップグレードする場合のみに有効です。 有効な値:

  • cloud_efficiency:ウルトラディスク。
  • cloud_ssd:SSD
ClientToken String No 123e4567-e89b-12d3-a456-426655440000

べき等性を保証するために使用されるトークン。 クライアントでトークンの生成が可能ですが、トークンはグローバル一意である必要があります。ClientToken は、ASCII 文字のみ使用可能です。 長さは 64 文字以下である必要があります。 詳細は、 べき等性を確保する方法を参照してください。

レスポンスのパラメータ

名称 タイプ 説明
OrderId String 1111111111111111111111110

オーダーの ID。

RequestId String 473469C7-AA6F-4DC5-B3DB-A3DC0DE3C83E

リクエスト ID。

リクエストの例


https://ecs.aliyuncs.com/?Action=ModifyPrepayInstanceSpec
&RegionId=cn-hangzhou 
&InstanceId=i-xxxxx1 
&InstanceType=ecs.s1.large 
&AutoPay = true 
&OperatorType = upgrade 
&ClientToken = xxxxxxxxxxxxxx 
&<Common request parameters>

通常のレスポンスの例

XML 形式

<ModifyPrepayInstanceSpecResponse>
  <RequestId>04F0F334-1335-436C-A1D7-6C044FE73368</RequestId> 
  <OrderId> 1011111111111111 </OrderId> 
</ModifyPrepayInstanceSpecResponse>

JSON 形式

{
	"OrderId":1011111111111111、
	"RequestId":"04F0F334-1335-436C-A1D7-6C044FE73368"
}

エラーコード

HTTP ステータスコード エラーコード エラーメッセージ 説明
400 InvalidInstanceType.ValueNotSupported 指定された InstanceType は存在しないか、許可範囲を超えています。 指定のインスタンスタイプが非対応である場合に表示されるエラーメッセージ。
500 InternalError 未知のエラー、例外、または障害が発生した為、リクエスト処理に失敗しました。 未知のエラーが発生した場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidBillingMethod.ValueNotSupported インスタンスの請求方法が無効である為、この操作は許可されていません。 インスタンスの請求方法が無効である為に操作が非対応である場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidInstanceId.Released 指定されたインスタンスがリリースされています。 インスタンスがリリースされている場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidInstance.PurchaseNotFound 指定されたインスタンスには購入履歴がありません。 インスタンスにオーダー履歴が存在しない場合に表示されるエラーメッセージ。
400 Account.Arrearage アカウントに未処理の支払いがあります。 アカウントに未払いのオーダーがある場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidUser.PassRoleForbidden-US RAM ユーザーにはロールをパスする権限がありません。 RAM ユーザーが RAM のロールを割り当てようとした場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidRebootTime.MalFormed 指定された RebootTime は無効です。 指定された RebootTime が無効な場合に表示されるエラーメッセージ。
403 ImageNotSupportInstanceType 指定されたイメージは、指定のインスタンスタイプに対応していません。 指定されたイメージが指定のインスタンスタイプに対応していない場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InstanceType.Offline %s 指定されたインスタンスタイプが存在しない場合に表示されるエラーメッセージ。
400 IdempotenceParamNotMatch 以前のリクエストのクライアントトークンが使用されていますが、同一のリクエストではありません。 リクエストの ClientToken が以前のリクエストのトークンと異なる場合に表示されるエラーメッセージ。
403 IncorrectInstanceStatus リソースの現行ステータスでは、この操作を実行できません。 リソースの現行ステータスでは該当の操作が非対応の場合に表示されるエラーメッセージ。
400 IdempotenceParamNotMatch %s べき等シグネチャが一致していない場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidInstanceChargeType.ValueNotSupported %s 指定された請求方法が非対応の場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidStatus.NotStopped インスタンスステータスを停止する必要があります。 インスタンスが停止されていない場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidAction %s 無効な操作が実行された場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InstanceDowngrade.QuotaExceed インスタンスダウングレードのクォータを超えています。 該当のインスタンスのインスタンスタイプダウングレードの最大数に達した場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidInstanceType.ValueNotSupported %s インスタンスタイプの属性が正しくない場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidParameter.InstanceId %s 指定された InstanceId が無効な場合に表示されるエラーメッセージ。
400 InvalidParameter %s パラメータの形式が正しくない場合に表示されるエラーメッセージ。
403 ImageNotSupportInstanceType 指定された instanceType は、マーケットプレースイメージのインスタンスで非対応の instanceType です。 マーケットプレイスイメージで非対応のインスタンスタイプの場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidInstanceStatus インスタンスの現行ステータスでは、この操作を実行できません。 現行ステータスでは該当の操作が非対応の場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidInstance.PreInstanceExpired インスタンスのビジネスステータスの期限は切れていません インスタンスのステータスが正しくない場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidInstance.EipNotSupport 非対応 eip の特別なインスタンスです。先に eip のバインド解除をしてください。 EIP がインスタンスにバインドされている為に該当の操作が非対応である場合に表示されるエラーメッセージ。 先に EIP をバインド解除します。
403 InvalidOperation.Ipv4CountExceeded %s IPv4 アドレスの最大数に達した場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidOperation.Ipv6CountExceeded %s IPv6 アドレスの最大数に達した場合に表示されるエラーメッセージ。
403 InvalidOperation.Ipv6NotSupport %s IPv6 アドレスが該当のインスタンスタイプで非対応の場合に表示されるエラーメッセージ。

エラーコードの表示