AnyTunnel VIP

AnyTunnel VIP は各 VPC の 100.64.0.0/10 に属します。 DNS、YUM、NTP、OSS、SLS、その他のクラウドサービスは、すべて 100.64.0.0/10 に属する IP を使用しています。

専用回線のピアエンドとなるローカルデータセンターから、これらのクラウドサービスにアクセスする必要がある場合は、VBR を作成した後、100.64.0.0/10 に向かうルートのネクストホップとして、VPC を指すルーターインターフェイスを設定する必要があります。 また、ローカルデータセンターのゲートウェイデバイス上の 100.64.0.0/10 に向かうルートのネクストホップとして、Alibaba Cloud を指すルーターインターフェイスを設定する必要があります。

100.64.0.0/10 は VPC の予約済み CIDR ブロックであるため、これを 100.64.0.0/11 と 100.96.0.0/11 に分割し、VBR で 2 つのルートエントリを設定する必要があります。

VBR でのルート設定

  1. Express Connect コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[物理接続] > [仮想ボーダールーター] をクリックします。
  3. 対象の VBR の [操作] で [管理] をクリックします。
  4. VBR の詳細ページで、[ルートエントリの追加] をクリックしてルートエントリを設定します。 このチュートリアルで使用される設定は次のとおりです。
    • 宛先 CIDR ブロック: それぞれ 100.64.0.0/11 および 100.96.0.0/11 を入力します。
    • ネクストホップ方向: [VPC] を選択します。
    • ネクストホップ: データパケットの出口を選択します。 このチュートリアルでは、VBR のルーターインターフェイスを選択します。
  5. [OK] をクリックして設定を完了します。

専用回線のユーザー側アクセスデバイスでのルート設定

専用回線のユーザー側アクセスデバイスに、Alibaba Cloud を指す静的ルートを追加します。
ip route 100.64.0.0/10 {Alibaba Cloud-side IP address}