ハイブリッドアクセスとは、クラシックネットワーク内、及びVPCネットワーク内のECSインスタンスが両方データベースにアクセスできることを意味しています。 ハイブリッドアクセス/バイアス方法を使用してAsaraDBをクラシックネットワークからVPCネットワークに移行するには、ApsaraDBをハイブリッドアクセスモード(クラシックネットワークエンドポイントとVPCエンドポイントを同時に保留すること)に切り替える必要があります、そうすれば移行中のサービス中断を避けることができます。

ApsaraDBをVPCに移行する際には、クラシックネットワークエンドポイントの保留時間を指定できます。 クラシックネットワークエンドポイントは、時間に達すると自動的にリリースされます。

次のApsaraDBのハイブリッドアクセスの制限事項をご注意ください。

  • 現時点では、次のデータベースがハイブリッドアクセスに対応しています:

    • 安全接続モードでのApsaraDBのRDS MySQL、SQL Server、PPAS、及びPostgreSQL

    • ApsaraDB for Redis/Redisクラスタバージョン

    • ApsaraDB for Memcache新バージョン(2017年5月12日後に購入)

    • ApsaraDB for MongoDBレプリカセット

      MongoDBインスタンス、RDSインスタンス、Redisインスタンスの場合は、コンソールまたはAPIを使用してネットワークタイプを変更できます。 クラシックネットワークエンドポイントは変更されず、スイッチオーバー後にVPCエンドポイントが追加されます。 クラシックネットワークエンドポイントとVPCネットワークエンドポイントをコンソールで確認できます。

      Memcacheインスタンスの新バージョンに対しては、APIを使用して移行する必要があります。 現時点では、コンソールでネットワークタイプを変更後、クラシックネットワークエンドポイントを保留することはできません。 クラシックネットワークエンドポイントは変更されず、スイッチオーバー後にVPCエンドポイントが追加されます。 コンソールには、VPCネットワークエンドポイントのみが表示されます。 クラシックネットワークエンドポイントを確認するには、APIを使用する必要があります。

  • 現時点では、次のデータベースはハイブリッドアクセスに対応していません:

    • 標準ネットワークモードにあるApsaraDB for RDS。 ネットワークタイプを変更するには、安全接続モードに切り替えてください。

    • ApsaraDB for MongoDBクラスタバージョン。

    • ApsaraDB for Memcache以前のバージョン(2017年5月12日前に購入)。 ネットワークタイプを変更するには、新しくインスタンスを購入し、ApsaraDB for Memcacheの新バージョンに移行します。