クラシックネットワークにデプロイされたリソースをVPCネットワークに移行することができます。 VPCは分離されたネットワーク環境で、安全性が高いです。

VPCへ移行する理由は?

仮想プライベートクラウド(VPC)はAlibaba Cloudでのお客様専用のプライベートネットワークです。 お客様はご自身のVPC内のAlibaba Cloudリソース、及びプロダクトを使用することができます。 VPCには次のような利点があります:

  • 安全で分離されたネットワーク環境

    VPCはトンネリング技術に基づき、データリンク層を分離し、各ユーザーに独立で隔離されたネットワークを提供しています。 異なったVPCの間は完全に分離しています。

  • 制御可能なネットワーク構成

    お客様にはご自身のVPCネットワークに完全な制御権を持っています。 IPアドレス範囲の指定、サブネットの作成、ルートテーブルやゲートウェイの設定などができます。 また、VPCを専用回線またはVPN経由でローカルIDCネットワークに接続して、Alibaba Cloudにアプリケーションのスムーズな移行、ローカルIDCのネットワークトポロジの拡張などに対応できるようにするための、オンデマンドネットワーク環境を構築することができます。

移行の方法は?

次の2つの方法でシステムをVPCネットワークに移行することができます。 この2つの方法のいずれも単独で使用するか、組み合わせで使用することができます、様々な移行シナリオに対応しています。

  • ハイブリッド追加及びハイブリッドアクセスでの移行

    システムはRDS、SLB、または他のクラウドプロダクトにデプロイされている場合、この方法をお勧めします。 サービスを中断することなくシステムをVPCネットワークに移行できるシームレスな移行ソリューションです。

    ClassicLink機能を使用して、クラシックネットワーク内のECSインスタンスはVPCネットワーク内のリソースにアクセスできます。 詳細は次を参照してくださいClassicLink概要

  • 単一ECSの移行

    アプリケーションはECSインスタンスにデプロイされ、ECSインスタンスの再起動はシステムに影響を与えない場合は、この方法をお勧めします。

ハイブリッドアクセス及びハイブリッド追加

ハイブリッドアクセスとハイブリッド追加はシームレスな移行方法です。 まず、移行先のVPCネットワーク内にECSなどのクラウドリソースを新規作成して、この方法を使用してシステムをスムーズにVPCに移行します。 すべてのリソースがVPCに移行後、クラシックネットワーク内のクラウドリソースをリリースして、すべての移行プロセスを完了させます 詳細は次を参照してくださいハイブリッド追加とハイブリッドアクセス方式での移行の例

  • ハイブリッド追加

    ハイブリッド追加とは、SLBがクラシック、及びVPCネットワーク両方のECSインスタンスをバックエンドサーバーとして追加し、転送された要求の処理に対応していることを意味します。 仮想サーバーグループもハイブリッド追加に対応しています。

    インターネット及びイントラネットSLBの両方もハイブリッド追加に対応しています。

    クラシックECSインスタンスとVPC ECSインスタンスを同時にイントラネットSLBインスタンスに追加し、レイヤー4(TCP及びUDPプロトコル)リスナーを構成することで、VPCネットワーク内のECSインスタンスクライアントの実IPアドレスを取得できるようになります。(クラシックECSインスタンスでは取得できません) レイヤー7リスナーには関係なく、 バックエンドサーバーのネットワークタイプを問わず、実IPアドレスを取得できます。
  • ハイブリッドアクセス

    RDS、OSSなどのクラウドプロダクトがハイブリッドアクセスに対応しています。つまり、クラシックネットワーク及びVPCネットワーク内のECSインスタンスに同時にアクセスされることに対応しています。 一般的に、この類のプロダクトには2つのエンドポイントがあり、1つはクラシックネットワークへのアクセス用で、もう1つはVPCネットワークへのアクセス用です。

この方法を使用するには次の点に注意してください:

  • この方法は大概のシステムの移行要件を満たしています。 クラシックネットワーク内のECSインスタンスはVPCネットワーク内のクラウドリソースに通信する必要がある場合、ClassicLink機能を使用します。

  • この方法は、システムをクラシックネットワークからVPCネットワークへの移行にのみ使用されます。