1. CIDR とは?

###クラスレスインタードメインルーティング (classless inter-domain routing:CIDR) Classless Inter-Domain Routing(CIDR)は、IP アドレスと IP ルーティングを割り当てるための方法です。 クラシッククラスの A、B、C アドレスと比較すると、CIDR ブロックは IP アドレス割り当てにおいては非常に効率的です。 たとえば、CIDR形式の IP 125.203.96.0 - 125.203.127.255 は:

125.203.0110 0000.0000 0000 から 125.203.0111 1111.1111 1111、及び 203.96.0 / 19 です。

VPC と VSwitch の IP アドレス範囲は、作成の段階で CIDR ブロックの形式で指定する必要があります。

2. VPC の IP アドレス範囲を指定する方法

192.168.0.0/16、172.16.0.0/12、10.0.0.0/8の3つのスタンダードCIDRブロック及びそのサブセットをVPCのIPアドレス範囲として使用可能です。API を使用して VPC を作成する場合、VPC CIDR ブロックの使用可能ブロックサイズは、/ 8 ネットマスクと/ 24 ネットマスクの間です。

詳細は、VPCの管理をご参照ください。

3. VSwitch の IP アドレス範囲を指定する方法

  • VSwitch CIDR ブロックは、対応する VPC CIDR ブロックに所属する必要があります。 VSwitch の CIDR ブロックが VPC の CIDR ブロックと同じ場合、作成できる VSwitch は 1 つのみです。
  • VSwitch の使用可能なブロックサイズは、/16 ネットマスクから /29 ネットマスクまでの間の数値です。これにより、8 から 65,536までの IP アドレスを提供できます。
  • VSwitch CIDR ブロックを既存の VSwitch CIDR ブロックと同じにすることはできません。また、お互いのサブセットを使用することはできません。
  • VSwitch の CIDR ブロックは、VPC 内のルートエントリの宛先 CIDR ブロックと同じにすることはできません。
  • VSwitch の CIDR ブロックには、VPC 内のルートエントリの宛先 CIDR ブロックを含めることはできませんが、VPC CIDR ブロックのサブセットにすることはできます。

詳細は、VSwitchの管理をご参照ください。