ほとんどのクラウドプロダクトはVPCネットワークに対応しています。 クラウドリソースの作成する段階でVPCネットワークを選択することと、VPCを作成してから、VPCでクラウドリソースを作成することの、いずれにしましてもかまいません。

VPCの使用方法

VPC は分離されたプライベートネットワークです。 デフォルトでは、異なったVPCの間でイントラネットを通して相互に通信することはできません。 VPC内のECSインスタンスはインターネットにアクセス、またはインターネットからアクセスされることはできませんし、イントラネット経由でクラシックネットワークにアクセスすることもできません。 Alibaba Cloudは、インターネットとイントラネットへのアクセスを可能にする多くの接続オプションを提供しています。

イントラネット通信を必要とするクラウドプロダクトは、同一ネットワークタイプを使用する必要があります。 たとえば、VPCネットワーク内のECSインスタンスがイントラネットを通してSLBインスタンスまたはRDSインスタンスにアクセスする必要がある場合、SLBインスタンスとRDSインスタンスもVPCネットワークを使用しなければなりません。

異なるクラウドプロダクトの場合、VPCの使用方法は異なります。

  • 購入ページでVPCの使用を選択します

    この方法は、主にECS、RDS、SLBなどのクラウドプロダクトに適用されます。 これらのクラウドプロダクトは、さまざまなネットワークオプションを提供しています。 インスタンスの購入時に使用するVPCを選択できます。 インスタンスの作成後、プライベートIPアドレスまたはプライベートエンドポイントがインスタンスに割り当てられます。

  • コンソールでVPCの使用を選択します

    この方法は、Table Store、Container Service、E-MapReduce及びNetwork Attached Storageなどのクラウドプロダクトに適用されます。

    Table StoreコンソールでTable StoreインスタンスのVPCエンドポイントを設定し、コンソールにContainer ServiceクラスタまたはE-MapReduceクラスタの作成時にVPCの使用を選択できます。

  • VPCエンドポイントの提供

    これはLog ServiceやObject Storage Serviceなどのクラウドプロダクトに適用されます。

    次のプロダクトのヘルプドキュメントを確認できます:

ネットワークタイプの変更方法

  • ApsaraDB for RDSなどの一部のインスタンスクラウドプロダクトは、コンソールでネットワークタイプをクラシックネットワークからVPCに変更することができます。

  • SLBはネットワークタイプの変更に対応していません。 VPCネットワークのSLBインスタンスを購入して、VPCタイプのECSインスタンスを追加することができます。

詳細は次を参照してください移行方法概要