edit-icon download-icon

メトリックのユーザーガイド

最終更新日: Jun 22, 2018

Function Compute のリソース構造とユースケースに基づいて、メトリックは次のディメンションでモニターされます。

  • リージョンディメンション
  • サービスディメンション
  • 関数ディメンション

すべてのメトリック値は、分レベルで集計され、時系列を形成します。Duration メトリックは、分レベルで平均化されます。他のメトリックは、分レベルで合計されます。

リージョンディメンション

リージョンディメンションメトリックを使用して、リージョン内の Function Compute リソースの全体的な使用状況をモニタリングおよび測定することができます。次の表に、リージョンディメンションメトリックを示します。

リージョンディメンションメトリック 単位 説明
TotalInvocations リージョンの関数を呼び出すリクエストの総数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出すすべてのリクエスト (HTTP ステータス 202 を返すリクエストを除く) と、非同期呼び出しを実行するシステムのリクエストを含みます。非同期呼び出しリクエストは、開始時はリクエストの総数から除外されます。これらのリクエストは、システムによって実際に実行された場合にのみカウントされます。つまり、HTTP ステータス 202 を返すリクエストは、リクエストの総数から除外されます。システムによって実際に実行される場合、時間系列に含まれます。
BillableInvocations リージョンの関数を正常に呼び出すリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出し、HTTP ステータス 200 を返すリクエスト、またはシステムによって正常に実行された非同期呼び出しリクエストを含みます。そのようなリクエストは、メータリング項目の呼び出しに相当し、課金されます。関数構文エラーまたは実行エラーがメトリックに含まれていることに注意してください。
Throttles リージョンの関数を呼び出すが、スロットリングされるリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出し、HTTP ステータス 429 を返すリクエストおよびスロットリングによって実行されない非同期呼び出しリクエストを含みます。
ClientErrors リージョンの関数を呼び出すがクライアントエラーになるリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出し、HTTP ステータス 4xx (429 を除く) を返すリクエストおよびクライアントエラーのために実行が失敗する非同期呼び出しリクエストを含みます。
ServerErrors リージョンの関数を呼び出すがサーバーエラーになるリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出し、HTTP ステータス 5xx を返すリクエストおよびサーバーエラーのために実行が失敗する非同期呼び出しリクエストを含みます。
BillableInvocationsRate % リージョンの総リクエスト数に対するリージョンの BillableInvocation の割合
ThrottlesRate % リージョンの総リクエスト数に対するリージョンのスロットリングの割合
ClientErrorsRate % リージョンの総リクエスト数に対するリージョンの ClientErrors の割合
ServerErrorsRate % リージョンの総リクエスト数に対するリージョンの ServerErrors の割合

サービスディメンション

サービスディメンションメトリックを使用して、サービスのリソースの使用状況をモニタリングおよび測定することができます。次の表に、サービスディメンションメトリックを示します。

サービスディメンションメトリック 単位 説明
TotalInvocations サービスの関数を呼び出すリクエストの総数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出すすべてのリクエスト (HTTP ステータス 202 を返すリクエストを除く) と、システムが非同期呼び出しを実行するリクエストを含みます。非同期呼び出しリクエストは、開始時はリクエストの総数から除外されます。これらのリクエストは、システムによって実際に実行された場合にのみカウントされます。つまり、HTTP ステータス 202 を返すリクエストは、リクエストの総数から除外されます。システムによって実際に実行される場合、時間系列に含まれます。
BillableInvocations サービスの関数を正常に呼び出すリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出し、HTTP ステータス 200 を返すリクエストまたはシステムによって正常に実行された非同期呼び出しリクエストを含みます。そのようなリクエストは、メータリング項目の呼び出しに相当し、課金されます。関数構文エラーまたは実行エラーがメトリックに含まれていることに注意してください。
Throttles サービスの関数を呼び出すがスロットリングされるリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction APIを呼び出し、HTTP ステータス 429 を返すリクエストおよびスロットリングによって実行されない非同期呼び出しリクエストを含みます。
ClientErrors サービスの関数を呼び出すがクライアントエラーになるリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出し、HTTP ステータス 4xx (429 を除く) を返すリクエストおよびクライアントエラーのために実行されない非同期呼び出しリクエストを含みます。
ServerErrors 関数を呼び出すがサーバーエラーになるリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出し、HTTP ステータス 5xx を返すリクエストおよびサーバーエラーのために実行されない非同期呼び出しリクエストを含みます。
BillableInvocationsRate % サービスの総リクエスト数に対するサービスの BillableInvocation の割合
ThrottlesRate % サービスの総リクエスト数に対するサービスの Throttles の割合
ClientErrorsRate % サービスの総リクエスト数に対するサービスの ClientErrors の割合
ServerErrorsRate % サービスの総リクエスト数に対するサービスの ServerErrors の割合

関数ディメンション

関数ディメンションメトリックを使用して、関数のリソースの使用状況をモニタリングおよび測定できます。次の表に、関数ディメンションメトリックを示します。

関数ディメンションメトリック 単位 説明
AvgDuration ミリ秒 リクエスト時間は、呼び出される関数のコードを実行する時間を示します。リクエスト時間を 100 ミリ秒単位に切り上げて計測するメータリングシステムとは異なり、このメトリックはリクエストの実際の実行時間を示します。平均時間は、すべてのリクエスト時間の平均値を分単位で計算するために使用されます。
MaxMemoryUsage MB 期間内に関数を呼び出すことで使用される最大メモリ
TotalInvocations 関数を呼び出すリクエストの総数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出すすべてのリクエスト (HTTPステータス 202 を返すリクエストを除く) と、システムが非同期呼び出しを実行するリクエストを含みます。非同期呼び出しリクエストは、開始時のリクエストの総数から除外されます。これらのリクエストは、システムによって実際に実行された場合にのみカウントされます。つまり、HTTP ステータス 202 を返すリクエストは、リクエストの総数から除外されます。システムによって実際に実行される場合、時間系列に含まれます。
BillableInvocations 関数を正常に呼び出すリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出し、HTTP ステータス 200 を返すリクエストまたはシステムによって正常に実行された非同期呼び出しリクエストを含みます。そのようなリクエストは、メータリング項目の呼び出しに相当し、課金されます。関数構文エラーまたは実行エラーがメトリックに含まれていることに注意してください。
Throttles 関数を呼び出すがスロットリングされるリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出し、HTTP ステータス 429 を返すリクエストおよび、スロットリングによって実行されない非同期呼び出しリクエストを含みます。
FunctionErrors 関数を呼び出して発生する実行エラーです。 例えば : Hanled/Unhandled/OOM/timeout
ClientErrors 関数を呼び出すがクライアントエラーになるリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出し、HTTP ステータス 4xx (429 を除く) を返すリクエストおよびクライアントエラーによって実行されない非同期呼び出しリクエストを含みます。
ServerErrors 関数を呼び出すがサーバーエラーになるリクエストの数。アクセスのために InvokeFunction API を呼び出し、HTTP ステータス 5xx を返すリクエストおよびサーバーエラーのために実行されない非同期呼び出しリクエストを含みます。
BillableInvocationsRate % 関数の総リクエスト数に対する関数の BillableInvocations の割合
ThrottlesRate % 関数の総リクエスト数に対する関数のスロットリングの割合
ClientErrorsRate % 関数の総リクエスト数に対する関数の ClientErrors の割合
ServerErrorsRate % 関数の総リクエスト数に対する関数の ServerErrors の割合