edit-icon download-icon

RestoreObject

最終更新日: Aug 01, 2018

アーカイブタイプのオブジェクトを読み取るには、復元操作を実行して、サーバーにオブジェクトを復元させます。オブジェクトのタイプがStandardまたはIAの場合は、Restoreインタフェースを呼び出さないでください。

リストア操作前後のアーカイブされたオブジェクトの状態変更プロセスを以下に示します。

  1. アーカイブタイプのオブジェクトは、最初にアーカイブされます。
  2. 復元要求が開始されると、サーバーはオブジェクトの復元を開始します。
  3. サーバーの復元が完了すると、オブジェクトが復元され、オブジェクトを読み取ることができます。
  4. 修復の状態は、デフォルトでは1日間続き、最大7日まで延長できます。有効期限が切れた後、オブジェクトは再びアーカイブされます。

アーカイブされたオブジェクトに対して復元操作を実行すると、データ取得コストが発生します。復元または既に復元されているアーカイブオブジェクトに対して別の復元要求を開始しても、それ以上のデータ取得コストは発生しません。

リクエスト構文

  1. POST /ObjectName?restore HTTP/1.1
  2. Host: archive-bucket.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com
  3. Date: GMT Date
  4. Authorization: SignatureValue

詳細分析

  • 最初にオブジェクトのRestoreインタフェースが呼び出された場合、システムは202を返します。
  • リストアインターフェースが呼び出され、リストアがすでに進行中で、インターフェースが2度目に呼び出された場合、システムはエラーコード “RestoreAlreadyInProgress”を返して409を返します。これは、サーバーがリストア操作を実行しており、完了まで最大で4時間待たなければなりません。
  • Restoreインターフェースが呼び出され、リストアが完了した後、インターフェースが再度呼び出されると、システムは200を返し、ダウンロード可能時間は1日(最大7日)延長されます。
  • オブジェクトが存在しない場合、システムは404を返します。
  • アーカイブタイプではないオブジェクトに対して復元要求が開始された場合、エラーコード “OperationNotSupported”とともにエラー400が返されます。

最初に開始されたリストアリクエストの例

  1. POST /oss.jpg?restore HTTP/1.1
  2. Host: oss-archive-example.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com
  3. Date: Sat, 15 Apr 2017 07:45:28 GMT
  4. Authorization: OSS e1Unnbm1rgdnpI:y4eyu+4yje5ioRCr5PB=

戻り値の例

  1. HTTP/1.1 202 Accepted
  2. Date: Sat, 15 Apr 2017 07:45:28 GMT
  3. Content-Length: 0
  4. Connection: keep-alive
  5. Server: AliyunOSS
  6. x-oss-request-id: 5374A2880232A65C23002D74

リストアが完了していないときに再度呼び出されたリクエストの例

  1. POST /oss.jpg?restore HTTP/1.1
  2. Host: oss-archive-example.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com
  3. Date: Sat, 15 Apr 2017 07:45:29 GMT
  4. Authorization: OSS e1Unnbm1rgdnpI:21qtGJ+ykDVmdy4eyu+NIUs=

戻り値の例

  1. HTTP/1.1 409 Conflict
  2. Date: Sat, 15 Apr 2017 07:45:29 GMT
  3. Content-Length: 556
  4. Connection: keep-alive
  5. Server: AliyunOSS
  6. x-oss-request-id: 5374A2880232A65C23002D74
  7. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  8. <Error>
  9. <Code>RestoreAlreadyInProgress</Code>
  10. <Message>The restore operation is in progress.</Message>
  11. <RequestId>58EAF141461FB42C2B000008</RequestId>
  12. <HostId>10.101.200.203</HostId>
  13. </Error>

リストアが完了したときに再度呼び出されたリクエストの例

  1. POST /oss.jpg?restore HTTP/1.1
  2. Host: oss-archive-example.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com
  3. Date: Sat, 15 Apr 2017 07:45:29 GMT
  4. Authorization: OSS e1Unnbm1rgdnpI:u6O6FMJnn+WuBwbByZxm1+y4eyu+NIUs=

戻り値の例

  1. HTTP/1.1 200 Ok
  2. Date: Sat, 15 Apr 2017 07:45:30 GMT
  3. Content-Length: 0
  4. Connection: keep-alive
  5. Server: AliyunOSS
  6. x-oss-request-id: 5374A2880232A65C23002D74