ここでは、基本設定済みの ECS インスタンス上の CentOS で、どのようにして LNMP 環境を構築するかを説明します。

  • Linux: 無料でオープンソースの、UNIX 系のソフトウェア OS (オペレーティングシステム)ファミリー。
  • Nginx: 軽量なHTTP 兼リバースプロキシサーバー。
  • MySQL: リレーショナルデータベース管理システム。
  • PHP: 特に Web 開発に最適なスクリプト言語。

対象

本手法は、Linux には習熟しているものの、Alibaba Cloud ECS を使った Web サイト構築の経験は浅い個人ユーザーを対象としています。

手順

次の手順で、ECS インスタンス上に LNMP 環境を構築します。

  1. コンパイル環境を準備します。
  2. Nginx をインストールします。
  3. MySQL をインストールします。
  4. PHP-FPM をインストールします。
  5. テスト。
ステップ 1: コンパイル環境の準備

次の手順でコンパイル環境を準備します。 LNMP イメージを Cloud Marketで購入して ECS インスタンスを開始し、Web サイトをすばやく構築することもできます。

  1. オペレーティングシステムのバージョンを確認します。
    # cat /etc/redhat-release 
    CentOS release 6.5 (Final)
    ここでは、CentOS 6.5 が動作中の Linux インスタンスに基づいています。 OS のバージョンは異なる可能性があります。 以下で言及する Nginx、MySQL、PHP のバージョンも同様です。
  2. SELINUX を無効化します。

    次のコマンドを実行して設定ファイルを変更します。変更された設定は、サービスの再起動後に有効になります。

    # sed -i 's/SELINUX=. */SELINUX=disabled/g' /etc/selinux/config

    次のコマンドを実行して設定を即時反映させます。

    # setenforce 0
  3. セキュリティグループの設定。

    インスタンス上の Web サーバーがインターネットからのアクセスを受け入れるようにセキュリティルールを追加します。

ステップ 2: Nginx のインストール

Nginx は Linux ベースの小型で高効率の Web サーバーです。 次の手順で Nginx をインストールします。

  1. Nginx のサーバープロセスを実行するためのユーザーを追加します。
    # groupadd -r nginx    
    # useradd -r -g nginx  nginx
  2. ソースコードパッケージをダウンロード、展開、コンパイルします。
    # wget http://nginx.org/download/nginx-1.10.2.tar.gz
    # tar xvf nginx-1.10.2.tar.gz -C /usr/local/src
    # yum groupinstall "Development tools"
    # yum -y install gcc wget gcc-c++ automake autoconf libtool libxml2-devel libxslt-devel perl-devel perl-ExtUtils-Embed pcre-devel openssl-devel
    # cd /usr/local/src/nginx-1.10.2
    # ./configure \
    --prefix=/usr/local/nginx \
    --sbin-path=/usr/sbin/nginx \
    --conf-path=/etc/nginx/nginx.conf \
    --error-log-path=/var/log/nginx/error.log \
    --http-log-path=/var/log/nginx/access.log \
    --pid-path=/var/run/nginx.pid \
    --lock-path=/var/run/nginx.lock \
    --http-client-body-temp-path=/var/tmp/nginx/client \
    --http-proxy-temp-path=/var/tmp/nginx/proxy \
    --http-fastcgi-temp-path=/var/tmp/nginx/fcgi \
    --http-uwsgi-temp-path=/var/tmp/nginx/uwsgi \
    --http-scgi-temp-path=/var/tmp/nginx/scgi \
    --user=nginx \
    --group=nginx \
    --with-pcre \
    --with-http_v2_module \
    --with-http_ssl_module \
    --with-http_realip_module \
    --with-http_addition_module \
    --with-http_sub_module \
    --with-http_dav_module \
    --with-http_flv_module \
    --with-http_mp4_module \
    --with-http_gunzip_module \
    --with-http_gzip_static_module \
    --with-http_random_index_module \
    --with-http_secure_link_module \
    --with-http_stub_status_module \
    --with-http_auth_request_module \
    --with-mail \
    --with-mail_ssl_module \
    --with-file-aio \
    --with-ipv6 \
    --with-http_v2_module \
    --with-threads \
    --with-stream \
    --with-stream_ssl_module
    # make && make install
    # mkdir -pv /var/tmp/nginx/client
  3. SysV の起動スクリプトを追加します。
    # vim /etc/init.d/nginx
    #!/bin/sh 
    # 
    # nginx - this script starts and stops the nginx daemon 
    # 
    # chkconfig:   - 85 15 
    # description: Nginx is an HTTP(S) server, HTTP(S) reverse \ 
    #               proxy and IMAP/POP3 proxy server 
    # processname: nginx 
    # config:      /etc/nginx/nginx.conf 
    # config:      /etc/sysconfig/nginx 
    # pidfile:     /var/run/nginx.pid 
    # Source function library. 
    . /etc/rc.d/init.d/functions
    # Source networking configuration. 
    . /etc/sysconfig/network
    # Check that networking is up. 
    [ "$NETWORKING" = "no" ] && exit 0
    nginx="/usr/sbin/nginx"
    prog=$(basename $nginx)
    NGINX_CONF_FILE="/etc/nginx/nginx.conf"
    [ -f /etc/sysconfig/nginx ] && . /etc/sysconfig/nginx
    lockfile=/var/lock/subsys/nginx
    start() {
     [ -x $nginx ] || exit 5
     [ -f $NGINX_CONF_FILE ] || exit 6
     echo -n $"Starting $prog: " 
     daemon $nginx -c $NGINX_CONF_FILE
     retval=$?
     echo 
     [ $retval -eq 0 ] && touch $lockfile
     return $retval
    }
    stop() {
     echo -n $"Stopping $prog: " 
     killproc $prog -QUIT
     retval=$?
     echo 
     [ $retval -eq 0 ] && rm -f $lockfile
     return $retval
    killall -9 nginx
    }
    restart() {
     configtest || return $?
     stop
     sleep 1
     start
    }
    reload() {
     configtest || return $?
     echo -n $"Reloading $prog: " 
     killproc $nginx -HUP
    RETVAL=$?
     echo 
    }
    force_reload() {
     restart
    }
    configtest() {
    $nginx -t -c $NGINX_CONF_FILE
    }
    rh_status() {
     status $prog
    }
    rh_status_q() {
     rh_status >/dev/null 2>&1
    }
    case "$1" in
     start)
         rh_status_q && exit 0
     $1
         ;;
     stop)
         rh_status_q || exit 0
         $1
         ;;
     restart|configtest)
         $1
         ;;
     reload)
         rh_status_q || exit 7
         $1
         ;;
     force-reload)
         force_reload
         ;;
     status)
         rh_status
         ;;
     condrestart|try-restart)
         rh_status_q || exit 0
             ;;
     *)
       echo $"Usage: $0 {start|stop|status|restart|condrestart|try-restart|reload|force-reload|configtest}" 
         exit 2
    esac
  4. このスクリプトを実行する権限を付与します。
    # chmod +x /etc/init.d/nginx
  5. Nginx をサービス管理リストに追加し、起動時に自動的にスタートするよう設定します。
    # chkconfig --add nginx
    # chkconfig  nginx on
  6. サービスを開始します。
    # service nginx start
  7. http://Public IP アドレスを使って、インスタンスにアクセスします。 下記のようなページ が表示されれば、Nginx のインストールは成功しています。

ステップ 3: MySQL のインストール
  1. コンパイルの環境を準備します。
    # yum groupinstall "Server Platform Development"  "Development tools" -y
    # yum install cmake -y
  2. MySQL のデータを保存するディレクトリを作成します。
    # mkdir /mnt/data
    # groupadd -r mysql
    # useradd -r -g mysql -s /sbin/nologin mysql
    # id mysql
    uid=497(mysql) gid=498(mysql) groups=498(mysql)
  3. データ保存用ディレクトリの所有者とグループを変更します。
    # chown -R mysql:mysql /mnt/data
  4. 安定版のソースコードパッケージを MySQL official website からダウンロードして展開、コンパイルしま す。 ここでは、バージョン 5.6.24 を使います。
    # tar xvf mysql-5.6.24.tar.gz -C  /usr/local/src
    # cd /usr/local/src/mysql-5.6.24
    # cmake . -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local/mysql \
    -DMYSQL_DATADIR=/mnt/data \
    -DSYSCONFDIR=/etc \
    -DWITH_INNOBASE_STORAGE_ENGINE=1 \
    -DWITH_ARCHIVE_STORAGE_ENGINE=1 \
    -DWITH_BLACKHOLE_STORAGE_ENGINE=1 \
    -DWITH_READLINE=1 \
    -DWITH_SSL=system \
    -DWITH_ZLIB=system \
    -DWITH_LIBWRAP=0 \
    -DMYSQL_TCP_PORT=3306 \
    -DMYSQL_UNIX_ADDR=/tmp/mysql.sock \
    -DDEFAULT_CHARSET=utf8 \
    -DDEFAULT_COLLATION=utf8_general_ci
    # make && make install
  5. インストールディレクトリのグループを mysql に変更します。
    # chown -R mysql:mysql /usr/local/mysql/
  6. データベースを初期化します。
    # /usr/local/mysql/scripts/mysql_install_db --user=mysql --datadir=/mnt/data/
    CentOS 6.5 オペレーティングシステムの最小構成インストールを完了すると、my.cnf というファイルが /etc ディレクトリの下に生成されます。 このファイルの名前を変更します。 たとえば、/etc/my.cnf.bak という名前にします。 そうしないと、このファイルが、ソースコードからインストールされた MySQL の正しい設定に干渉してしまい、MySQL が起動できなくなります。
  7. 設定ファイルと起動スクリプトをコピーします。
    # cp /usr/local/mysql/support-files/mysql.server /etc/init.d/mysqld
    # chmod +x /etc/init.d/mysqld
    # cp support-files/my-default.cnf /etc/my.cnf
  8. 起動時の自動スタートを設定します。
    # chkconfig mysqld  on 
    # chkconfig --add mysqld
  9. 設定ファイルの中のインストールパスとデータ保存パスを変更します。
    # echo -e "basedir = /usr/local/mysql\ndatadir = /mnt/data\n" >> /etc/my.cnf
  10. PATH 環境変数を設定します。
    # echo "export PATH=$PATH:/usr/local/mysql/bin" > /etc/profile.d/mysql.sh      
    # source /etc/profile.d/mysql.sh
  11. サービスを開始します。
    # service mysqld start 
    # mysql -h 127.0.0.1
ステップ 4: PHP-FPM のインストール

Nginx は PHP を処理できません。 Ngnix は、Web サーバーとしてリクエストを受け取っ ても、外部プログラムを直接呼び出すことも解析することもサポートしていません。 そのようなプログラムを呼び出すには、FastCGI を使用しなければなりません。 ただし、PHP のリクエストの場合、Nginx はリクエストを PHP インタープリターに転送し、その結果をクライアントに返します。 PHP-FPM は FastCGI のプロセスマネージャーであり、PHP コードの解析をサポートします。 PHP-FPM により、PHP のプロセスマネジメントのメソッドが向上するため、メモリと処理を効率的に制御し、PHP 設定ファイルのスムーズなリロードが実現します。

  1. 依存関係パッケージをインストールします。
    # yum install libmcrypt libmcrypt-devel mhash mhash-devel libxml2 libxml2-devel bzip2 bzip2-devel
  2. 公式サイトからダウンロードしたソースコードパッケージを展開、コンパイル、インストールします。
    # tar xvf php-5.6.23.tar.bz2 -C /usr/local/src
    # cd /usr/local/src/php-5.6.23
    # ./configure --prefix=/usr/local/php \
    --with-config-file-scan-dir=/etc/php.d \
    --with-config-file-path=/etc \
    --with-mysql=/usr/local/mysql \
    --with-mysqli=/usr/local/mysql/bin/mysql_config \
    --enable-mbstring \
    --with-freetype-dir \
    --with-jpeg-dir \
    --with-png-dir \
    --with-zlib \
    --with-libxml-dir=/usr \
    --with-openssl \
    --enable-xml \
    --enable-sockets \
    --enable-fpm \
    --with-mcrypt \
    --with-bz2
    # make && make install
  3. PHP と PHP-FPM の設定ファイルを追加します。
    # cp /usr/local/src/php-5.6.23/php.ini-production /etc/php.ini
    # cd /usr/local/php/etc/
    # cp php-fpm.conf.default php-fpm.conf
    # sed -i 's@;pid = run/php-fpm.pid@pid = /usr/local/php/var/run/php-fpm.pid@' php-fpm.conf
  4. PHP-FPM の起動スクリプトを追加します。
    # cp /usr/local/src/php-5.6.23/sapi/fpm/init.d.php-fpm /etc/init.d/php-fpm
    # chmod +x /etc/init.d/php-fpm
  5. PHP-FPM をサービスリストに追加し、起動時に自動スタートするよう設定します。
    # chkconfig --add php-fpm     
    # chkconfig --list php-fpm     
    # chkconfig php-fpm on
  6. サービスを開始します。
    # service php-fpm start
  7. 以下のステップに従って Nginx を設定し、fastcgi をサポートします。デフォルトの設定ファイ ルをバックアップします。
    # cp /etc/nginx/nginx.conf /etc/nginx/nginx.confbak
    # cp /etc/nginx/nginx.conf.default /etc/nginx/nginx.conf

    /etc/nginx/nginx.conf を編集します。次のように、PHP 形式のホームページを追加して、サポートされるホームページ形式に変換します。

    location / {
      root   /usr/local/nginx/html;
      index  index.php index.html index.htm;
    }

    次のコンテンツの前のコメントを削除します。

    location ~ \.php$ {
      root           /usr/local/nginx/html;
      fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
      fastcgi_index index.php;
      fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /usr/local/nginx/html/$fastcgi_script_name;
      include        fastcgi_params;
    }

    Nginx の設定ファイルを再度読み込みます。

    # service nginx reload

    usr/local/nginx/html/ の下に index.php のテストページを作成します。その内容は次のとおりです。

    # cat index.php 
    <?php
    $conn=mysql_connect('127.0.0.1','root','');
    if ($conn){
    echo "LNMP platform connect to mysql is successful!";
    } else{
    echo "LNMP platform connect to mysql is failed!";
    }
    phpinfo();
    ?>

    http://Public IP address/index.php を使って、インスタンスにアクセスします。 次のページが表示されれば、LNMP 環境の構築は成功です。