Ossutil を使用すると、マルチパートアップロードでアップロードれたファイルと未完成のアップロードタスク (UploadID) を一覧表示し、指定したオブジェクトのアップロードファイルと未完成のアップロードタスク (UploadID) を削除できます。

マルチパートアップロードの詳細については、「マルチパートアップロード」をご参照ください。
大きなファイルをアップロードまたはコピーする場合、ossutil は UploadPart コマンドを実行せず、再開可能なアップロードを自動的に使用します。
  • UploadID を一覧表示する

    -m オプションを指定して ls コマンドを実行し、指定-a オプションを指定して ls コマンドを実行し、指定れたプレフィックスを持つオブジェクトのすべてのアップロード済みファイルおよび未完成のアップロードタスク (UploadID) を一覧表示します。

    $ ossutil ls oss://bucket1/obj1 -m
    InitiatedTime                     UploadID                               ObjectName
    2017-01-13 03:45:26 +0000 CST     15754AF7980C4DFB8193F190837520BB    oss://bucket1/obj1
    2017-01-13 03:43:13 +0000 CST     2A1F9B4A95E341BD9285CC42BB950EE0    oss://bucket1/obj1
    UploadId Number is: 2
    0.070070(s) elapsed
    $ ossutil ls oss://bucket1/obj1 -a
    LastModifiedTime                    Size(B)  StorageClass   ETAG                                    ObjectName
    2015-06-05 14:36:21 +0000 CST        241561      Standard   6185CA2E8EB8510A61B3A845EAFE4174        oss://bucket1/obj1/test.txt
    2016-04-08 14:50:47 +0000 CST       6476984      Standard    4F16FDAE7AC404CEC8B727FCC67779D6        oss://bucket1/obj1/sample.txt
    Object Number is: 2
    InitiatedTime                     UploadID                               ObjectName
    2017-01-13 03:45:26 +0000 CST     15754AF7980C4DFB8193F190837520BB    oss://bucket1/obj1
    2017-01-13 03:43:13 +0000 CST     2A1F9B4A95E341BD9285CC42BB950EE0    oss://bucket1/obj1
    UploadId Number is: 2
    0.091229(s) elapsed
  • 指定したオブジェクトのデータを削除

    rm コマンドを実行して、指定したオブジェクトの未完成のアップロードタスク (UploadID) を削除します。

    たとえば、bucket1 に次のオブジェクトが含まれている場合、 ls コマンドを実行して、アップロードされたすべてのファイルと未完成のアップロードタスク (UploadID) を一覧表示します。
    $ ossutil ls oss://bucket1 -a
    LastModifiedTime                    Size(B)  StorageClass   ETAG                                    ObjectName
    2015-06-05 14:06:29 +0000 CST        201933      Standard   7E2F4A7F1AC9D2F0996E8332D5EA5B41        oss://bucket1/dir1/obj11
    2015-06-05 14:36:21 +0000 CST        241561      Standard   6185CA2E8EB8510A61B3A845EAFE4174        oss://bucket1/obj1/test.txt
    2016-04-08 14:50:47 +0000 CST       6476984      Standard    4F16FDAE7AC404CEC8B727FCC67779D6        oss://bucket1/sample.txt
    Object Number is: 3
    InitiatedTime                     UploadID                               ObjectName
    2017-01-13 03:45:26 +0000 CST     15754AF7980C4DFB8193F190837520BB    oss://bucket1/obj1
    2017-01-13 03:43:13 +0000 CST     2A1F9B4A95E341BD9285CC42BB950EE0    oss://bucket1/obj1
    2017-01-13 03:45:25 +0000 CST     3998971ACAF94AD9AC48EAC1988BE863    oss://bucket1/obj2
    2017-01-20 11:16:21 +0800 CST     A20157A7B2FEC4670626DAE0F4C0073C    oss://bucket1/tobj
    UploadId Number is: 4
    0.191289(s) elapsed
    -m オプションを指定して rm コマンドを実行し、指定された未完了のアップロードタスク (UploadID) を削除します。
    $./ossutil rm -m oss://bucket1/obj1/test.txt
    Succeed: Total 1 uploadIds. Removed 1 uploadIds. 
    0.900715(s) elapsed
    -m オプションと -r オプションを指定して rm コマンドを実行し、指定されたプレフィックスを持つ未完成のアップロードタスク (UploadID) をすべて削除します。
    $./ossutil rm -m oss://bucket1/ob -r 
    Do you really mean to remove recursively multipart uploadIds of oss:bucket1/ob(y or N)? y 
    Succeed: Total 4 uploadIds. Removed 4 uploadIds. 
    1.922915(s) elapsed
    -a オプションと -r オプションを指定して rm コマンドを実行し、指定されたプレフィックスを持つアップロードされたすべてのファイルと未完成のアップロードタスク (UploadID) を削除します。
    $./ossutil rm  oss://hello-hangzws-1/obj -a -r
    Do you really mean to remove recursively objects and multipart uploadIds of oss://obj(y or N)? y
    Succeed: Total 1 objects, 3 uploadIds. Removed 1 objects, 3 uploadIds.