edit-icon download-icon

ECS で SMTP(25番ポート)を使用する際の注意事項

最終更新日: Aug 22, 2019

概要

Alibaba Cloud Elastic Compute Service (ECS)では、当クラウドサービスで提供する IP アドレスからのメール送信品質を強化するため、SMTP (25 番ポート)を使ったメール送信(25 番ポートの外部接続)が制限されています。

メール送信が制限される条件

  • ネットワークタイプが「VPC」のECSインスタンス
    • 日本リージョンのECSで選択できるネットワークタイプは「VPC」のみです。
    • ECSがスパムメールの送信を行い、第三者から訴えられた場合、25番ポートの外部接続がブロックされる場合があります。

注意事項

  1. メールサーバーの構築について
    • ECS インスタンスには、メールサーバー(MTA)を構築することはできません。
    • SMTP over SSL (SMTPS) (465番ポート)や SMTP TLS/STARTTLS (587番ポート)に制限はありません。
  2. 第三者メールサービスのご利用について
    • 第三者のメールサービスにSMTP over SSL (SMTPS) (465番ポート)や SMTP TLS/STARTTLS (587番ポート)の送信機能の有無について、ご確認ください。
    • 上記ポートでの送信機能がない場合、下記の情報を チケット でご連絡ください。
    • 解除できるドメインは 3 件までです。

解除リクエストに必要な情報

========================

  • 解除申請するECSのパブリックIPアドレス:
  • 第三者のSMTPメール送信サービス名:
  • 第三者のSMTPのドメイン名:
  • 送信するメールの種類:
  • 一日あたりの送信件数:
  • ユースケースの説明:
  • ECS内にメールサーバー(MTA)を構築しないことに同意します:(はい/いいえ)

========================

注意事項:

  • 送信先を限定するメールサーバーを含め、ECS インスタンスには、メールサーバー(MTA)を構築することはできません。
  • 第三者の SMTP メール送信サービスを利用する目的のみ、申請可能です。
  • 上記第三者の SMTP メール送信サービスにSMTP over SSL (SMTPS) (465番ポート)や SMTP TLS/STARTTLS (587番ポート)送信機能を提供してない場合のみ、申請可能です。