Logtail クライアントは、Log Service コンソールの Elastic Compute Service(ECS)インスタンスからログを簡単に収集する方法を提供します。 Logtail クライアントをインストールしたら、Logtail クライアントのログ収集設定を作成する必要があります。 Logtail をインストールする方法については、Logtail の Linux へのインストールLogtail の Windowsへのインストールを参照してください。 Logstore List ページで Logstore の Logtail 設定を作成および変更することができます。

Logtail 設定を作成する

Log Service コンソールでLogtail 設定を作成する方法については、テキストファイルの収集およびlogtailを用いたsyslogデータの収集 を参照してください。

Logtail 設定リストを表示する

  1. Log Serviceコンソールにログインします。
  2. プロダクトページでプロジェクト名をクリックしてLogstore リストページへ移動します。
  3. Logstore リストページで、Logstore の右側にある管理をクリックします。 Logtail 設定ページが 表示されます。
    このLogstore のすべての設定が、設定名、データソース、設定の詳細など、このページに表示されます。 データソースがテキストの場合、 ファイルパスとファイル名が構成の詳細に表示されます。
    図 1. Logtail 設定リスト


    ファイルは、1つの設定だけで収集できます。

Logtail 設定の変更

  1. Log Service コンソールにログインします。
  2. プロダクトページでプロジェクト名をクリックします。
  3. Logstore リストページで、Logstore の右側にある管理をクリックします。 Logtail 設定ページが表示されます。
  4. 変更するLogtail の名前をクリックします。

    ログ収集モードを変更し、この変更された設定を適用するマシングループを指定できます。 設定変更プロセスは、設定作成プロセスと同じです。

Logtail 設定の削除

  1. Log Serviceコンソールにログインします。
  2. プロダクトページでプロジェクト名をクリックします。
  3. Logstore リストページで、Logstore の右側にある管理をクリックします。 Logtail 設定ページが表示されます。
  4. 削除しようとするLogtail 設定の右側にある削除をクリックします。

    設定が正常に削除されると、この構成を適用したマシングループからアンバインドされ、 Logtailは削除された構成のログファイルの収集を停止します。

    Logstoreを削除する前に、LogstoreのすべてのLogtail 設定を削除する必要があります。