VPC が作成されると、システムは自動的にデフォルトルートテーブルを作成し、ルートテーブルにシステムルートを追加してトラフィックを管理します。 システムルートを作成または削除することはできませんが、指定した宛先 CIDR ブロックにトラフィックを転送するためのカスタムルートを作成することはできます。

背景信息

ルートテーブルの各項目が、ルートエントリと呼ばれます。 ルートエントリはトラフィックの宛先を指定し、宛先 CIDR ブロック、ネクストホップタイプ、およびネクストホップで構成されています。 ルートエントリには、システムルートとカスタムルートがあります。

カスタムルートエントリは、システムルートテーブルとカスタムルートテーブルの両方に追加できます。

操作步骤

  1. VPC コンソールにログインします。
  2. 対象の VPC が属するリージョンを選択します。
  3. 左側のナビゲーションウインドウで、 ルートテーブル をクリックします。
  4. 対象のルートテーブル ID をクリックし、ルートエントリリストタブをクリックします。


  5. ルートエントリの追加をクリックします。
  6. 表示されたダイアログボックスで、次の情報に従ってルートエントリを構成し、OK をクリックします。
    構成 説明
    宛先 CIDR ブロック 宛先の CIDR ブロック。
    • IPv4 CIDR ブロック:トラフィックは IPv4 アドレスに転送されます。
    • IPv6 CIDR ブロック:トラフィックは IPv6 アドレスに転送されます。
    ネクストホップタイプとネクストホップ ネクストホップタイプを選択します:
    • ECS インスタンス:宛先 CIDR ブロックを指すトラフィックを、選択した ECS インスタンスに転送します。

      指定したトラフィックを ECS インスタンスに転送してトラフィックを一律に転送および管理する場合は、このタイプを選択します。 たとえば、ECS インスタンスをインターネットゲートウェイとして構成して、インターネットへの他の ECS インスタンスのアクセスを管理します。

    • VPN Gateway:宛先 CIDR ブロックを指すトラフィックを、選択した VPN Gateway に転送します。

    • NAT Gateway:宛先 CIDR ブロックを指すトラフィックを、選択した NAT Gateway に転送します。

    • セカンダリ ENI:宛先 CIDR ブロックを指すトラフィックを、選択したセカンダリ ENI に転送します。

    • ルーターインターフェイス(To VPC):宛先 CIDR ブロックを指すトラフィックを選択した VPC に転送します。

      Express Connect を使用して VPC を接続する場合は、このタイプを選択します。

    • ルーターインターフェイス(To VBR):宛先 CIDR ブロックを指すトラフィックを VBR に関連するルーターインターフェイスに転送します。

      Express Connect を使用して VPC をオンプレミスデータセンターに接続する場合は、このタイプを選択します。

      このモードでは、ルートタイプも選択する必要があります。

      • 通常ルーティング:関連するルーターインターフェイスを選択します。

      • アクティブ / スタンバイルーティング:次のホップとして使用できるインスタンスは 2 つだけです。1 つはアクティブ、もう 1 つはスタンバイとして指定されています。 アクティブルートは 100、スタンバイルートは 0 で重み付けされています。 アクティブ経路が異常であると宣言された場合、スタンバイ経路がアクティブ経路を置き換えます。

      • 負荷分散ルーティング:ネクストホップとして 2~4 つのルーターインターフェイスを使用する必要があり、ネクストホップのピアルーターは VBR である必要があります。 ルーターインターフェイスの重みの有効値は 1~255、デフォルトのルータインターフェイスの重みは 100 です。 各ルータインターフェイスの重みは同じである必要があります。 システムはトラフィックをネクストホップルータインターフェイスに均等に割り当てます。

    • IPv6 Gateway:宛先 CIDR ブロックを指すトラフィックを、選択した IPv6 Gateway インスタンスに転送します。
      说明 このオプションは、宛先 CIDR ブロックが IPv6 CIDR ブロックの場合にのみ使用可能です。