プロジェクトは、Log Service におけるリソース管理の単位です。各リソースをそれぞれ管理することができます。プロジェクトで、アプリケーションのログと関連するソースログをすべて管理できます。Logstore 情報やログ収集のためにマシンに設定した情報は、すべてプロジェクトで管理します。プロジェクトは、Log Service リソースにアクセスするためのポータルとしての役割を果たします。

プロジェクトの機能は、次のとおりです。
  • プロジェクトは、複数の Logstore の整理および管理に役立ちます。Log Service を実際に使用する際、複数のプロジェクト、複数のプロダクト、また、さまざまな環境のログを一元管理する必要が出てきます。さまざまなログをプロジェクトごとに分類し、管理することができます。後々のログ読み込み、エクスポート、インデックス作成が容易になります。また、アクセスの権限管理もプロジェクトで行うことができます。
  • プロジェクトは、Log Service のリソースにアクセスするためのポータルとしての役割を果たします。なお、プロジェクトごとに固有のアクセスポイントが割り当てられます。アクセスポイントが割り当てられることで、ネットワークを介してログを書き込み、読み込み、管理することができます。