Logtail でのログ収集時に Logtail マシングループのハートビートが異常ステータスである場合、Logtail 自動診断ツールを使用するか、手動で問題をトラブルシュートします。

ログの収集に Logtail をサーバーにインストールすると、Logtail より定期的にハートビートパケットがサーバーに送信されます。 マシングループのステータスページに、マシンからのハートビートがない旨のメッセージが表示される場合は、Logtail およびサーバーとが接続されていません。 Logtail 自動診断ツールを使用するか、手動で問題をトラブルシュートします。
  • 自動診断: Log Service には、Linux サーバー用の Logtail 自動診断ツールが用意されています。 詳細は、「Logtail 自動診断ツール」をご参照ください。
  • 手動診断: Logtail の自動診断ツールで問題が解決しない場合、または、Windows 上で稼働しているサーバーの場合は、次の手順で問題のトラブルシュートします。


1. Logtail がインストールされていることを確認

次のコマンドを実行して、Logtail クライアントがインストールされているかどうかを確認します。
说明 Logtail クライアントがインストールされていない場合は、「Linux に Logtail をインストール」、または「Windows に Logtail をインストール」に記載の手順に従ってインストールします。 Log Service プロジェクトの属するリージョンおよびネットワークタイプに合わせて、Logtail をオペレーティングシステムにインストールします。
  • Linux の場合
    sudo /etc/init.d/ilogtaild status 
    実行結果がilogtail is runningであれば、Logtail はインストールされています。 実行結果の例:
    [root@****************~]# sudo /etc/init.d/ilogtaild status 
    ilogtail is running
  • Windows の場合
    1. コントロールパネルより、システムとセキュリティ > 管理ツールを順にクリックして、サービスプログラムを表示します。
    2. LogtailDaemon および LogtailWorker の実行ステータスを確認します。 正常に実行されていれば、Logtail は正常にインストールされています。

Logtail が稼働中の場合は、次のステップに進みます。

2. Logtail のインストールパラメータに間違いがないことを確認

Logtail をインストールする前に、サーバーアクセスポータルを指定します (Logtail インストールパラメータ の指定)。Log Service プロジェクトの属しているリージョンおよびネットワークタイプに合わせて Logtail をインストールします。 Logtail マシンからハートビートが届かない原因として、インストールスクリプトやインストールパラメータが正しくないことが考えられます。

Logtail 構成ファイル ilogtail_config.json には、Logtail のインストールパラメータおよびインストールコマンドが指定されています。 ファイルの格納場所:
  • Linux: /usr/local/ilogtail/ilogtail_config.json
  • Windows x64: C:\Program Files (x86)\Alibaba\Logtail\ilogtail_config.json
  • Windows x32: C:\Program Files\Alibaba\Logtail\ilogtail_config.json
  1. インストールパラメータを確認

    Logtail クライアントのアクセスするネットワークポータルのリージョンが、Log Service プロジェクトと同じリージョンを ilogtail_config.json に指定していることを確認します。

    下図は、ECS サーバーが「中国 (杭州)」リージョンに Logtail がインストールされていることを示します。

    图 1. インストールパラメータの確認


  2. インストールコマンドを確認

    サーバーのネットワークタイプに合わせて Logtail がインストールされていることを確認するために、ilogtail_config.json に設定されているドメイン名に telnet 接続します。

    たとえば、ilogtail_config.json にドメイン名cn-hangzhou-intranet が設定されている場合は、 telnet logtail.cn-hangzhou-intranet.log.aliyuncs.com 80を実行して、ネットワーク接続を確認します。 Logtail クライアントがサーバーに接続されれば、Logtail のインストールコマンドに間違いがないことを示します。

    次のコマンドを実行して、Logtail および Linux ECS サーバーのネットワーク接続を確認します。
    [root@*********** ~]# telnet logtail.cn-hangzhou-intranet.log.aliyuncs.com 80
    Trying 100*0*7*5...
    Connected to logtail.cn-hangzhou-intranet.log.aliyuncs.com.
    Escape character is '^]'. 

    上記の実行に失敗した場合、Logtail のインストールパラメータ設定が正しくないために、不適切なインストールコマンドが実行されたことを示します。 インストールパラメータの設定方法を「Linux に Logtail をインストール」または「Windows に Logtail をインストール」でご確認ください。

Logtail が正しくインストールされていれば、次のステップに進みます。

3.マシングループの IP アドレスが正しいかどうかを確認

マシングループの IP アドレスは、Logtail の取得するサーバーの IP アドレスと同じである必要があります。 Logtail の取得したサーバーの IP アドレスでない場合、マシンにハートビートが届かないか、Logtail はログの収集に失敗します。

Logtail は、次のいずれかの方法でマシンの IP アドレスを取得します。

  • サーバー名がマシンに紐づけられていない場合は、サーバーのプライマリ NIC の IP アドレスを取得します。
  • /etc/hosts にマシンとサーバー名を紐づけている場合は、紐づいている IP アドレスが適切かどうかをご確認ください。 hostname を実行して、サーバー名を確認します。

トラブルシューティングの手順

  1. Logtail の取得した IP アドレスを確認します。

    app_info.json ファイルの ip フィールドには、Logtail の取得した IP アドレスを指定します。 ファイルの保管場所:

    • Linux: /usr/local/ilogtail/app_info.json
    • Windows x64: C:\Program Files (x86)\Alibaba\Logtail\app_info.json
    • Windows x32: C:\Program Files\Alibaba\Logtail\app_info.json
    说明
    • ip フィールドが空の場合、Logtail は正常に動作しないため、 サーバーの IP アドレスを設定して Logtail を再起動します。
    • app_info.json は、情報を記録するだけのファイルです。 ファイルに変更を加えても、Logtail の取得する IP アドレスは変わりません。
    图 2. Logtail の取得した IP アドレスを確認


  2. マシングループページより、ステータスをクリックして、マシングループに設定されている IP アドレスを確認します。
    图 3. マシングループのステータスを表示

    Logtail の取得した IP アドレスがマシングループの IP アドレスでない場合は、IP アドレスを変更します。

    • マシングループに別の IP アドレスが設定されている場合には、IP アドレスを変更し、保存します。 1 分後にハートビートのステータスを確認します。
    • マシングループのネットワーク設定を変更した場合は (たとえば、/etc/hosts)、Logtail を再起動します。Logtail に IP アドレスの変更が反映されます。 また、app_info.json ファイルの ip フィールドに従ってマシングループに設定されている IP アドレスを変更します。
Logtail を再起動する方法
  • Linux の場合、次のコマンドを実行します。
    sudo /etc/init.d/ilogtaild stop
    sudo /etc/init.d/ilogtaild start
  • Windows の場合、コントロールパネル > システムとセキュリティ > 管理ツールを順にクリックして、サービスを開き、 LogtailWorker を再起動します。

Logtail の取得した IP アドレスおよびマシングループに設定された IP アドレスが同じである場合、次のステップに進みます。

4. ECS サーバーに AliUid が設定されていることを確認

ECS サーバーが、別の Alibaba Cloud アカウント、他クラウドベンダーのサーバー、または、オンプレミス IDC のものである場合、Logtail をインストールしたサーバーが認証されるよう AliUid を設定します。

/etc/ilogtail/users ディレクトリに、Alibaba Cloud アカウント ID がファイル名となっているファイルがあることを確認します。

ファイルがない場合は、「別の Alibaba Cloud アカウントおよびオンプレミス IDC で稼働している ECS サーバーに AliUid を設定」を参照して設定します。

说明
  • AliUid は Alibaba Cloud アカウント ID である必要があります。
  • Alibaba Cloud コンソールのユーザー情報ページで、Alibaba Cloud アカウント ID を確認します。
    图 4. Alibaba Cloud アカウント ID を表示


問題が解決しない場合は、チケットを起票し、サポートセンターにお問い合わせください。 起票の際は、プロジェクト名、Logstore 名、マシングループ名をお知らせください。また、app_info.jsonilogtail_config.json、および自動診断ツールの出力結果をお送りください。