ログファイルを展開すると、各ログにイベントが記録されます。 一般に、ログは互いに独立しているわけではありません。 いくつかの連続したログにより、イベント全体のプロセスを順番に見ることができます。

ログ・コンテキスト・クエリは、ログ・ソース(マシン + ファイル)とログ・ソース内のログを指定し、 元のログ・ファイルのログの前(前の部分)および後(次の部分)にいくつかのログを照会します。これにより、DevOps シナリオで問題を簡単にトラブルシューティングする方法が提供されます。 提供されます。

ログサービスコンソールには、クエリ用の特定のページが用意されています。コンテキスト情報は、コンソールの指定されたログの元のログファイルに表示できます。 これは元のログファイルのページングの上または下に似ています。 指定したログのコンテキスト情報を表示することで、ビジネス上の問題をすばやく解決できます。

シナリオ

たとえば、O2O テイクアウトウェブサイトは注文書のトランザクショントラックをサーバー上のプログラムログに記録します。

ユーザログオン> 商品を閲覧 > 商品をクリックする> 買い物カゴに追加 > 注文> 注文の支払い> 注文方法から引き落とし> 注文完了

注文を行うことができない場合、運営責任者と顧客サービス担当者は、問題の原因をすばやく突き止めなければなりません。 従来のコンテキストクエリでは、管理者は関連するメンバにマシンログイン許可を追加し、次にアプリケーションが展開される各コンピュータにログインし、 注文 ID をキーワードとして使用してアプリケーションログファイルを検索します。

Log Service、次の手順で問題のトラブルシューティングを行うことができます。

  1. ログ収集クライアント Logtail をサーバーにインストールし、マシン・グループとログ収集構成をコンソールに追加します。 その後、Logtail は増分ログのアップロードを開始します。 Log4J、LogBack、C-Producer などのプロデューサ関連の SDK のアップロードを使用することもできます
  2. Log Service コンソールのログクエリページで、時間範囲を指定し、注文 ID に基づいて注文失敗ログを検索します。
  3. 見つかったエラーログに基づいて、他の関連するログが見つかるまでページングします(たとえば、クレジットカードでの支払いが失敗した場合など)。
図 1. シナリオ


利点

  • アプリケーションへの接続はありませんし、 ログファイル形式を変更する必要もありません。
  • Log Service ログファイルを表示するために、各マシンにログオンせずに、任意のマシンまたはファイルのログコンテキスト情報を表示することができます。
  • イベントが発生した時刻と合わせて疑わしいログをすばやく探し出し、Log Service コンソールでコンテキスト情報を効率的に照会するための時間範囲を指定することができます。
  • サーバーの記憶域の不足やログファイルのローテーションによるデータの損失を心配する必要はありません。 Log Service コンソールで履歴データをいつでも参照できます。

始める前に

  • Logtail によるログの収集。 Logstore にデータをアップロードします。 マシングループとコレクション構成を作成します。 他の構成は必要ありません。 プロデューサライブラリなど、プロデューサ関連の SDK アップロードを使用することもできます。
  • ログのインデックスとクエリ関数を有効にします。
現在、syslog データのコンテキスト情報を照会することはできません。

手順

  1. Log Service コンソールにログインします。
  2. プロダクトページでプロジェクト名をクリックします。
  3. Logstore List ページで、Logstore の右側にある Search をクリックします。
  4. クエリと解析文を入力し、時間範囲を選択します。 Search をクリックします。
    クエリ結果では、 Context View リンクがログの左側に存在する場合、ログがコンテキストクエリ機能をサポートしていることを示します。
    図 2. ログを検索


  5. ログの左側にある Context View をクリックします。 このログのコンテキストログを右側に表示します。
  6. 上下にスクロールすると、指定したログのコンテキストログが表示されます。 より多くのコンテキストログを表示するには、前の または後のをクリックします。