新バージョンと旧バージョンの API の大きな相違点

  • 新しいバージョンの API: http://bucket.<endpoint>/object?x-oss-process=image/action,parame_value

    すべてのイメージ操作は、x-oss-process によって渡されます。 各アクションはチャンネル管理を必要とせず、順次実行されます。

  • 旧バージョン API: http://channel.<endpoint>/object@action.format

    @ を区切り記号として処理できます。

OSS ドメイン名を Image Service と共に使用した場合の利点はなんですか。

比較項目 IMG ドメインアクセスの使用 OSS ドメイン名 アクセスの直接使用
使用 2 つのドメインネームシステムを保存し処理します。 アップロード、管理、処理、配信のワンストップ処理。
新しいバージョンの API はサポートされていますか。 はい はい
古いバージョンの API はサポートされていますか。 はい 既定ではサポートされていません。
https はサポートされていますか。 いいえ はい
VPC ネットワークはサポートされていますか。 いいえ はい
マルチドメインバインディングはサポートされていますか。 いいえ はい
ソースステーションの更新プログラムは、Alibaba CDN を自動的に更新するようにサポートされていますか。 いいえ はい
  • OSS ドメイン名が使用されている場合は、新しいバージョンの ING サービス用の API のみを使用できます。 IMG ドメイン名が使用されている場合は、IMG サービスの新旧バージョン用の API を使用できます。
  • IMG ドメイン名がマルチ CDN アクセラレーションに対応していると想定される場合は、ソースホストに戻るように CDN を設定することで、IMG ドメイン名へのダイレクトアクセスができます。CDN アクセラレーションを完了するため、ドメイン名をバインドする必要ありません。

コンソール上の 2 つの API メソッドと 2 つのドメイン名アクセスメソッドのロジックはどうなってますか。

旧バージョンのイメージを有効にする前に処理されたバケット

  • 元のロジックと一貫性を保つため、ユーザーには旧バージョンの IMG のドメイン名と、以前にバインドされたカスタムドメイン名が表示されます。
  • IMG ドメイン名上のユーザーの元のグラフ保護構成は、OSS ドメイン名の構成には影響しません。 リージョン間レプリケーションで同じ手順を開始すると、元のグラフ保護およびスタイルの区切り記号は、OSS ドメイン名と同期されます。
  • ユーザーが現在のバケットのイメージ処理サービスを閉じると、スタイル設定とドメイン名のバインドは解除され、自動的に新しいページにジャンプします。

新しく作成されたバケット、または以前に IMG サービスを開いたことのないバケット:

  • 既定値は、イメージ処理サービスを使用できるようになっています。このサービスは、起動または停止する必要はありません。
  • ドメイン名をバインドする必要はありません。ドメイン名バインド操作は、バケット自体のドメイン名管理と直接的に一貫しています。

現在、旧バージョン IMG サービスの API を使用している場合、どのように OSS ドメイン名へ切り替えますか。

現在、旧バージョンの IMG サービス API は、Alibaba Cloud に要求が送信されない限り、OSS ドメイン名と一緒に使用することはできません。 旧バージョンの API の使用を要求するには、このサービスを要求するチケットを起票し、サポートセンターへお問い合わせください。 スタイルベースのアクセスでは、OSS と IMG の両ドメイン名を使用できます。 すべてのイメージがスタイルでアクセスされている場合は、次の手順に従って OSS ドメイン名の使用に切り替えます。

  1. スタイルの区切り記号とソースイメージ保護機能を、OSS ドメイン名と同期できるように、現在の Image Service 構成で、構成の同期を有効にします。
  2. カスタムドメイン名を使用する場合は、その CNAME を OSS ドメイン名に指定します。

IMG ドメイン名と OSS ドメイン名のスタイル構成は同一ですか。

すべてのスタイル構成は、IMG および OSS ドメイン名によって共有されています。 IMG ドメイン名のスタイル構成は、OSS ドメインに適用できます。