この機能により、イメージまたはテキストを透かして他のイメージに追加できます。

パラメーター

このテーブルは、watermark操作で使用できる基本パラメーターとその値の説明です。

基本パラメーター
名前 説明 パラメーター種別
t

透明度を示します。 このパラメーターは、追加されたイメージの透かし、またはテキストの透かしの透明度を上げます。

既定値: 100 (単位は % )。透明度はありません。値の範囲: [0 - 100]

オプション
g

対象のイメージ上の透かしの位置を示します。 位置をを次の図に示します。

値の範囲: [nw,north,ne,west,center,east,sw,south,se]

オプション
x

水平方向の余白、つまり透かしとイメージの端との間の水平方向の距離を示します。 このパラメーターは、透かしがイメージの左上、左中央、左下隅、右上、右中央、または右下隅にある場合にのみ有効です。

既定値: 1

値の範囲: [1 - 1000]

単位: ピクセル (px)

オプション
y 垂直余白、つまり透かしとイメージの端との間の垂直距離を示します。 このパラメーターは、透かしがイメージの左上、中央上部、右上、左下隅、中央下部、または右下隅にある場合にのみ有効です。 既定値: 1 値の範囲: [0 - 4,096] 単位: ピクセル (px) オプション
voffset 正中線の垂直方向のオフセットを示します。 透かしがイメージの中央左、中央、または右中央にあるときは、正中線に沿って透かしの垂直方向のオフセットを指定します。 既定値: 0 値の範囲: [ - 1,000 - 1,000] 単位: ピクセル (px) オプション
  • イメージに複数の透かしがある場合、イメージ上の透かしの位置に加えて、水平方向の余白、垂直方向の余白、および正中線の垂直方向のオフセットにより、透かしのレイアウトを調整します。
  • イメージ処理中、URL セーフの Base64 エンコードを使用できます。 詳しくは、RFC4648 または URL セーフの Base64 エンコードのセクションをご参照ください。
  • g パラメーターの、パラメーター位置マッピングテーブルは、次のように提供されます。
イメージ透かしパラメーター
名前 説明 パラメーター種別
image

これは、イメージ透かしのオブジェクト名 (エンコードする必要があります) を示します。

URLセーフの base64 エンコードが必要です。: encodedObject = url_safe_base64_encode(object) たとえば、オブジェクト名が "panda.png" の場合、エンコードされた名前は "cGFuZGEucG5n" です。
必須パラメーター

透かしイメージの前処理

ユーザーが透かしを適用すると、透かしイメージを前処理することができます。 サポートされている前処理操作は次のとおりです。 イメージの拡大縮小、イメージのクロッピング (内接円の調整はサポートされていません)、およびイメージの回転。 さらに、サイズ変更操作で使用するパラメーターは他にもサポートされています。: P パラメーター。 P は、マスターイメージに対する透かしイメージの縮尺を示します。 値の範囲は [1 - 100] で、スケールの割合を示します。

前処理の例

たとえば、P_10 が設定されている 100 × 100 のマスターイメージの透かしのサイズは 10 × 10 です。 同じ透かし処理パラメーターが異なるサイズのイメージに適用される場合、透かしイメージは大きすぎるか小さすぎになる可能性があります。 Pパラメーターはこの問題を解決します。 IMGは、p パラメーターを使用し、メインイメージのサイズに応じて透かしイメージのサイズを動的に調整します。

panda.pngを 30% の幅に拡大縮小すると、透かしファイルは次のようになります。"panda.png?x-oss-process=image/resize,P_30" URL セーフの Base64 エンコードを追加した後は、この透かしファイルは次のようになります。 "cGFuZGEucG5nP3gtb3NzLXByb2Nlc3M9aW1hZ2UvcmVzaXplLFBfMzA"

透かしが右下隅の角に配置され、ソースイメージの幅が 400 に縮小される場合、透かし演算は "watermark=1&object=cGFuZGEucG5nQDMwUA&t=90&p=9&x=10&y=10" となります。 これは、次のようにイメージに適用されます。

http://image-demo.img-cn-hangzhou.aliyuncs.com/example.jpg?x-oss-process=image/resize,w_400/watermark,image_cGFuZGEucG5nP3gtb3NzLXByb2Nlc3M9aW1hZ2UvcmVzaXplLFBfMzA,t_90,g_se,x_10,y_10

ソースイメージの幅が 300 に縮小された場合、透かし演算は次のようになります。

http://image-demo.img-cn-hangzhou.aliyuncs.com/example.jpg?x-oss-process=image/resize,w_300/watermark,image_cGFuZGEucG5nP3gtb3NzLXByb2Nlc3M9aW1hZ2UvcmVzaXplLFBfMzA,t_90,g_se,x_10,y_10

テキストの透かし
名前 説明 パラメーター種別
text

テキスト透かしのテキストを示します (エンコードが必要です)。

URL セーフの base64 エンコーディングが必要です。: encodeText = url_safe_base64_encode(fontText) 最大長: 64 文字
必須項目
type

テキスト透かしのリテラルタイプを示します (エンコードが必要です)。

注記: URL セーフの base64 エンコードが必要です。: encodeText = url_safe_base64_encode(fontType)

値の範囲: 次のリテラルタイプエンコードテーブルをご参照ください。

既定値: wqy-zenhei (エンコード値: d3F5LXplbmhlaQ)

オプション
color

テキスト透かしのテキストコンテンツの色を示します (エンコードが必要です)。

URL セーフの base64 エンコードが必要です。: EncodeFontColor = url_safe_base64_encode(fontColor) パラメーターの形式は # + 6 つの 16 進数でなければなりません。 たとえば、"#000000" は黒色を示します。"#" はプレフィックスを示します。 000000 の 2 桁ごとに RGB カラーが構成されます。 #FFFFFF は白色を表します。

既定値: #000000 (黒色)

オプション
size

テキスト透かしのテキストコンテンツのサイズ (px) を示します。

値の範囲: [0 - 1000]

既定値: 40

オプション
shadow

テキスト透かしの影の透明度を示します。

値の範囲: [0 - 100]

オプション
rotate

テキストの時計回りの回転角度を示します。

値の範囲: [0 - 360]

オプション
fill

イメージに透かしを入れる効果を示します。

値の範囲: [0 , 1] 1 はイメージが透かしで塗りつぶされることを示します。 0 は塗りつぶし効果がないことを示します。

オプション

リテラル型エンコードテーブル

パラメーターの値 意味 URL セーフの Base64 エンコード値 備考
wqy-zenhei Wen quan yi zheng hei ti、漢字のフォントタイプ D3F5LXplbmhlaQ== RFC の基準では、埋め込み文字 == を省略することができるため、d3F5LXplbmhlaQ となります。
wqy-microhei WenQuanYi Chinese font プロジェクトの Micro Hei フォント d3F5LW1pY3JvaGVp
fangzhengshusong 簡体字フォント Founder ShuSong ZmFuZ3poZW5nc2h1c29uZw== RFC の基準では、埋め込み文字 == を省略することができるため、ZmFuZ3poZW5nc2h1c29uZw となります。
fangzhengkaiti 簡体字フォント Founder Kai ZmFuZ3poZW5na2FpdGk= RFC の基準では、埋め込み文字 = を省略することができるため、ZmFuZ3poZW5na2FpdGk となります。
fangzhengheiti 簡体字フォント Founder Hei ZmFuZ3poZW5naGVpdGk= RFC の基準では、埋め込み文字 = を省略することができるため、ZmFuZ3poZW5naGVpdGk となります。
fangzhengfangsong 簡体字フォント Founder FangSong ZmFuZ3poZW5nZmFuZ3Nvbmc= RFC の基準では、埋め込み文字 = を省略することができるため、ZmFuZ3poZW5nZmFuZ3Nvbmc となります。
droidsansfallback フォールバックフォント Droid Sans ZHJvaWRzYW5zZmFsbGJhY2s= RFC の基準では、埋め込み文字 = を省略することができるため、ZHJvaWRzYW5zZmFsbGJhY2s となります。
テキスト& イメージの透かし
名前 説明 パラメーター種別
order

テキスト & イメージの透かしのテキストの透かしと、イメージの透かしの順番を示します。

値の範囲: [0 , 1] 0 (既定値) は、イメージの透かしがテキストの透かしより前にあることを示します。 1 は、テキストの透かしがイメージの透かしの前にあることを示します。

オプション
align

テキスト & イメージの透かしのテキストの透かしと、イメージの透かしの配置を示します。

値の範囲: [0, 1, 2] 0 (既定値): 上、1: 中央、2: 下

オプション
interval

テキスト & イメージの透かしのテキストの透かしと、イメージの透かしの間のスペースを示します。

値の範囲: [0, 1000]

オプション
URL セーフの Base64 エンコーディング

多くのパラメーターは、イメージ処理中に Base64 エンコードをする必要があります。 詳しくは、「RFC4648」をご参照ください。 URL セーフの Base64 エンコードは、特定の透かしパラメーター (テキストコンテンツのテキストコンテンツ、色、フォント、イメージ透かしのオブジェクト) にのみ適用できます。 署名には使用しないでください。 エンコード形式は次のとおりです。

  • コンテンツをエンコードして base64 結果を生成します。
  • 結果のプラス記号 (+) をマイナス記号 (-) に置き換えます。
  • 結果のスラッシュ記号 (/) を下線 (_) に置き換えます。
  • 結果の末尾にあるイコール記号 (=) を維持します。

Python での例を以下に示します。

import base64
input='wqy-microhei'
print(base64.urlsafe_b64encode(input))