Image Service へのアクセス中にエラーが発生した場合、Image Service はエラーコードとエラーメッセージを返します。 これにより、エラーを見つけて修正することができます。

Image Service のエラー応答形式

エラー応答メッセージの例を以下に示します。

<Error>
  <Code>BadRequest</Code>
  <Message>Input is not base64 decoding.</Message>
  <RequestId>52B155D2D8BD99A15D0005FF</RequestId>
  <HostId>userdomain</HostId>
</Error>

このエラー応答メッセージには、以下の要素が含まれています。

  • コード: Image Service がユーザーに返すエラーコード。
  • メッセージ: Image Service が提供する詳細なエラー情報。
  • RequestId: エラー要求を識別するために使用される固有の UUID。 問題を解決できない場合は、この ID を Image Service のエンジニアに送り、エラーの原因を突き止めます。
  • HostId: アクセスされた Image Service クラスターを識別するために使用されます。

Image Service のエラーコード

エラーコード 説明 HTTP ステータスコード
InvalidArgument パラメーターエラー 400
Badrequest 誤った要求 400
Missingargument パラメーターがありません。 400
Imagetoolarge イメージサイズが上限を超えています。 400
Watermarkerror 透かしエラー 400
AccessDenied アクセス拒否 403
Signaturedoesnotmatch 署名の不一致 403
Nosuchfile イメージが存在しません。 404
Nosuchstyle ファイルが存在しません。 404
InternalError 内部サービスエラー 500
NotImplemented メソッドが実装されていません。 501

処理パラメーターの制限

Image Service には以下の制限があります。

  • ファイルサイズは 20 MB を超えることはできません。
  • スケーリング操作: 拡大縮小されるイメージサイズは制限されています。 幅と高さの積は 4096 x 4096 を超えることはできず、また一辺の長さは 4096 x 4 を超えることはできません。
  • 回転操作: 回転させるイメージのサイズは制限されています。 イメージの幅または高さは 4,096 を超えることはできません。
  • 最大 4 チャンネルまで使用可能です。