この機能を使用すると、イメージの x 軸と y 軸の座標系を定義し、長さとインデックスを指定してイメージの特定のパーティションを取得できます。

パラメーター

このテーブルは、indexcrop 操作のパラメーターの説明と値を示しています。

パラメーター 説明
X 水平カット中の各イメージパーティションの長さ。 x または y パラメーターを使用する必要があります。 [1、イメージの幅]
Y 垂直カット中の各イメージパーティションの長さ。 x または y パラメーターを使用する必要があります。 [1、イメージの高さ]
i カット後に選択されたイメージパーティション (値 0 は最初のパーティションを示します) [0、最大パーティション数] 最大パーティション数を超えると、システムはソースイメージを返します。

注意事項

指定されたインデックスがカット範囲を超えると、システムはソースイメージを返します。

X 軸上でイメージを 100 で均等に分割し、最初のパーティションを取得します。