この機能により、イメージを円形に保存することができます。 イメージの最終的な形式が透明チャンネルをサポートする PNG、WebP、または BMP の場合、円形領域の外側のイメージ領域は透明になります。 イメージの最終的な形式が JPG の場合、円形領域の外側のイメージ領域は白になります。

パラメーター

このテーブルは、circle操作のパラメーターの説明と値を示しています。

パラメーター 説明
r イメージの円形領域の半径 半径 r は、ソースイメージの短辺の半分を超えることはできません。 半径 r がソースイメージの短辺の半分を超える場合、その円は依然としてソースイメージの最大の内接円です。

注意事項

  • イメージの最終的な形式が透明チャンネルをサポートする PNG、WebP、または BMP の場合、円形領域の外側のイメージ領域は透明になります。 イメージの最終的な形式が JPG の場合、円形領域の外側のイメージ領域は白になります。 PNG 形式が推奨されています。
  • 指定された半径がソースイメージの最大の円の半径よりも大きい場合、その円は以前としてソースイメージの最大の内接円です。