必要に応じてイメージの縮小版を生成するか、指定された倍率にします。

サポートされている形式は jpg、png、bmp、gif、webp、 および tiff です。

パラメーター

操作名: サイズ変更

  • 指定の幅と高さでスケールアップ、スケールダウンする
    名前 説明 値の範囲
    m 拡大縮小モードを指定:
    • lfit: 比例スケーリング。 これは、指定された "w" と "h" の四角形内で制限されている中での最大サイズのイメージを表します。
    • mfit: 比例スケーリング。 これは、指定された "w" と "h" の四角形からはみ出している最小サイズのイメージを表します。
    • fill: 幅と高さの固定。 これは、指定された w と h の四角形からはみ出している、クロップされ中央に配置された最小サイズのイメージを表します。
    • pad: 幅と高さを固定し、縮小して塗りつぶします。
    • fixed: 幅と高さを固定。縮小の実行。
    [lfit、mfit、fill、pad、fixed] 既定値は lfit
    w 対象の幅を指定 1 から 4096
    h 対象の高さを指定 1 から 4096
    l 対象の長辺を指定 1 から 4096
    s 対象の短辺を指定 1 から 4096
    limit 元のイメージよりも大きい場合、対象の縮小版を処理するかどうかを指定します。 "1" は処理しないことを示し、"0" は処理することを示します。 0 か 1。 既定値は 1
    color 拡大縮小モードを "pad" (縮小および塗りつぶし) に設定すると、塗りつぶしの色を選択できます (既定値は白)。 パラメーターの入力形式: 16 進数のカラーコード、たとえば "00FF00" (緑色)を使用します。 [000000-FFFFFF]
  • 比例スケーリング
  • 名前 説明 値の範囲
    p パーセンテージ。 100 より小さい場合は、スケールダウンすることを意味します。 100 より大きい場合は、スケールアップすることを意味します。 1 から 1000

  • 元のイメージの場合:
    • サポートされている形式: jpg、png、bmp、gif、webp、および tiff。
    • ファイルサイズは 20MB を超えることはできません。
    • イメージの回転を使用する場合、イメージの幅または高さは、4096 を超えることはできません。
    • 片面のサイズは、30,000 を超えることはできません。
  • 縮小版の場合: 拡大縮小するイメージのサイズは制限されています。 対象の縮小版の幅と高さの積は、4096 x 4096 が限界です。また、1 辺の長さは 4096 x 4 が限界です。
  • 縮小版の幅または高さが指定されている場合、比例スケーリングにおいて、イメージは既定では片側にスケールダウンされます。 幅と高さが固定されている場合は、幅と高さが等しいと仮定してイメージがスケールダウンされます。
  • 縮小版の幅または高さのみを指定した場合、イメージは元のイメージと同じ形式で返されます。 イメージを他の形式に保存したい場合は、「品質変換」と「形式変換」をご参照ください。
  • resize が呼び出されると、イメージは既定では拡大できません。 つまり、要求されたイメージが元のイメージよりも大きい場合、元のイメージが返されます。 イメージを拡大したい場合は、パラメーター limit,0 を追加して呼び出します (例: https://image-demo.oss-cn-hangzhou.aliyuncs.com/example.jpg?x-oss-process=image/resize,w_500,limit_0)

片側のスケールダウン (幅と高さ)
片側のスケールダウン (長辺と短辺)
対象の幅または高さに基づくスケールダウン
四角形の枠内で制限される比例スケーリング
四角形のフレームに制限された比例スケーリング
幅と高さを固定、自動クロッピング
幅と高さの固定、スケールダウンと塗りつぶし