Alibaba Cloud OSS Image Processing (IMG) は、大容量、高セキュリティ、低コスト、および高信頼性を特長とするイメージ処理サービスです。 オリジナルのイメージを OSS にアップロードして保存することで、シンプルな RESTful API を通じて、いつでも、どこでも、あらゆるインターネット機器でイメージを処理できます。 IMG はイメージ処理 API を提供しています。 イメージをアップロードするには、OSS アップロード APIを使用します。 IMG は、イメージ関連サービスを構築するための優れたソリューションです。

OSS をアクティブにすると、IMG は自動的にアクティブになります。

基本機能

IMG は以下の機能を提供します。

  • 画像情報の取得
  • 画像フォーマットの変換
  • 画像の拡大縮小、トリミング、回転
  • 画像、テキスト、および画像とイメージの透かしをイメージに追加
  • イメージ処理スタイルのカスタマイズ
  • パイプラインを介して一連のシーケンスで複数のイメージ処理機能を呼び出す

旧バージョン

IMG には 2 つの API バージョンがあります。

この記事では、新しいバージョンの機能を紹介します。 旧バージョンのAPI の機能はアップデートされません。 互換性の詳細については、 新旧のバージョンの API とドメイン名の使用に関するよくある質問をご参照ください。

クイック スタート

イメージスタイルの作成
  1. OSS コンソールにログインします。
  2. バケット名をクリックして [バケットの概要] ページに移動します。
  3. [概要] ページで[イメージ処理]をクリックし、[スタイルの作成] をクリックします。
  4. イメージスタイルページでイメージスタイルを作成します。

    イメージスタイルページに関する詳細:

    • スタイル名: 作成するイメージスタイルの名前。 "XX透かしイメージの回転" など、覚えやすいように、スタイルにわかりやすい名前を付けることを推奨します。
      • 名前の長さは 1 から 64 文字以内でなければなりません。
      • 名前には、数字、文字、アンダースコア ( _ )、短いクロスライン ( - )、および小数点 ( . ) のみ、含めることができます。
    • 編集タイプ: グラフィック操作でイメージスタイルを編集するためには、[基本編集] を選択します。 SDK またはパラメーターを使用してイメージスタイルを編集するには、[高度な編集] を選択します。
    • サイズ変更モード: イメージの拡大縮小モードを設定します。
      "長辺" とは、ソースサイズとターゲットサイズの比率がより大きい辺のことです。 "短辺"についても同様です。 たとえば、400 × 200 から 800 × 100 に拡大縮小されたオリジナルイメージの場合、オリジナルとターゲットの比率は 0.5 (400 / 800) と 2 (200 / 100) です。 0.5 は 2 未満なので、200 側が長い方、400 側が短い方です。
    • 適応方向: イメージの適応方向を設定します。

      既定では有効にすることを推奨します。 イメージは最初に回転され、次に EXIF 情報に基づいてサイズ変更されます。

    • 保存形式: 元の形式、JPG、PNG、WebP、および BMP 形式を選択できます。
    • イメージの鮮明化: イメージを鮮明にする必要があるかどうかを設定します。
    • 画質: 画質を設定します。
    • 透かし: イメージの透かしモードを設定します。
  5. イメージスタイルを編集し、[OK] をクリックしてスタイルを保存します。

新しいイメージスタイルを作成したら、OSS を介してそれをイメージに適用することができます。

イメージスタイルの適用
  1. OSS コンソールにログインします。
  2. バケット名をクリックし、バケットの概要ページに移動します。
  3. [概要] ページで、[ファイル] をクリックして既存のイメージを選択するか、新しいイメージをアップロードして [プレビュー] ページを開きます。

    新しい画像のアップロードについては、オブジェクトのアップロード をご参照ください。

  4. [イメージスタイル] ドロップダウンリストからイメージスタイルを選択します。

    すぐにプレビューウィンドウで処理されたイメージを見ることができます。 イメージスタイルのパブリックネットワークアクセスアドレスも同時に生成されます。 ファイルへのアクセスアドレスを取得するには、[ファイルURLのコピー] をクリックするだけです。