コンソールとは別に、OSS には、OSS を効率的に使用するのに役立つ以下のよく使用されるツールがあります。

ツール 説明 注記
ossbrowser Windows、Linux、および Mac プラットフォームをサポートしているグラフィカルオブジェクト管理ツール。 Windows エクスプローラーに似た機能を提供する公式ツール。 ファイルを簡単に閲覧、アップロード、ダウンロードし、再開可能なアップロードを実行できます。
ossutil 便利・簡単で豊富なオブジェクト管理コマンドを提供するコマンドライン管理ツール。 Linux、Windows、および Mac プラットフォームをサポートしている公式ツール。 他のどのコンポーネントにも依存せず、インストールは不要です。
osscmd 完全なバケットとオブジェクト管理コマンドを提供するコマンドライン管理ツール。 Python 2.5 から 2.7 に基づいた公式ツールで、複数のプラットフォームをサポートしています。OSSutil は OSScmd の将来の代替となる予定です。 OSSutil で提供されていないバケット管理機能を必要としない限り、ossutil を強く推奨します。
ossfs ローカルファイルシステムにバケットをマウントします。 ローカルファイルシステムを介して OSS 内のオブジェクトを操作し、データアクセスと共有を実現します。 Linux をサポートしている公式ツール。
ossftp FTPツール。 FTP プロトコルを介して OSS 内のオブジェクトを管理します。 FileZilla、WinSCP、FlashFXP、およびその他の FTP クライアントを介し、 OSS 上で操作できます。 OSSFTP は本質的には FTP サーバーです。 FTP リクエストを受信し、ファイルやフォルダに対する操作を OSS 上での操作にマッピングします。 Windows、Linux、および Mac をサポートしている Python2.7 以降のバージョンに基づく公式ツール。
ossimport ローカルまたはサードパーティーのクラウドに保存されているファイルを OSS と同期できるデータ同期ツール。 公式ツール。JRE 7 以降のバージョンに依存し、Windows および Linux プラットフォームをサポートしています。
RAM Policy Editor OSS 承認ポリシーオートメーション生産ツール。 独自の承認ポリシーを作成する必要がある場合、このツールの使用を強く推奨します。 公式ツール Web ページ編集 ブラウザーの chrome、Firefox、Safari をサポートしています。
oss-emulator OSS アプリケーションに基づくデバッグとパフォーマンステストのための軽量 OSS サービスシミュレーター。 Windows、Linux、および Mac をサポートしている公式ツール。