edit-icon download-icon

用語集

最終更新日: Apr 17, 2018

事前チェック

事前チェックは、移行タスクの開始前に必要な段階です。これには、ソースおよびターゲットのインスタンスの接続性、移行アカウントのアクセス許可など、移行の成功に影響する可能性のある事前条件のチェックが含まれます。事前チェックが失敗した場合は、問題のトラブルシューティングを行い、事前チェックを再実行することができます。

スキーマ移行

スキーマ移行は、テーブル、ビュー、トリガー、ストアドプロシージャ、ストレージ関数、シノニムその他の構文を含む構造オブジェクト定義構文の移行を示します。異種データベース間の移行では、スキーマの移行段階でデータ型がマップされ、オブジェクト定義構文はソースおよびターゲットのインスタンス定義構文に従って変換されます。たとえば、Oracle から MySQL への移行では、Oracle の number 型は MySQL の decimal 型にマップされます。

既存データ移行

既存データ移行は、ソースインスタンスデータベース内の既存のすべてのデータ (構造構文の定義を除く) をターゲットインスタンスに移行することを示します。移行タスクの作成時に既存データ移行のみを選択すると、移行プロセス実行中にソースインスタンスに書き込まれた新規データは、ターゲットインスタンスに移行されません。

変更データレプリケーション

変更データレプリケーションは、移行プロセス実行中にソースインスタンスに書き込まれた増分データを、ターゲットインスタンスに同期させることを示します。移行タスクの作成時に既存データ移行および変更データレプリケーションを選択すると、DTS はまずソースインスタンスに静的スナップショットを作成し、スナップショットデータをターゲットインスタンスに移行し、移行プロセス実行中にソースインスタンスに書き込まれた増分データを同期させます。変更データレプリケーションは、ソースインスタンスとターゲットインスタンスとの間で、リアルタイムにデータを同期する処理です。このタスクは自動的に停止することはありません。移行を停止する場合は、コンソールでタスクを手動で停止する必要があります。

同期の初期化

同期の初期化は、ターゲットインスタンスに増分データを同期する前に、オブジェクトの履歴データを初期化することです。

同期の初期化は、構造初期化と完全データ初期化との 2 種類に分けられます。構造初期化は、同期されるオブジェクトの構造定義の初期化です。完全データ初期化は、同期されるオブジェクトのデータの初期化です。

同期パフォーマンス

同期パフォーマンスは、1 秒あたりにターゲットインスタンスに同期されたレコード数を示し、単位は RPS です。同期パフォーマンスは、データ同期サービスに使用される仕様です。パフォーマンスの仕様が違えば、1 秒あたりに同期されるレコード数が違います。詳細は、同期仕様を参照してください。

同期レイテンシ

同期レイテンシは、ソースデータベース内での、ターゲットインスタンスに同期された最新データのタイムスタンプと、ソースインスタンスの現在のタイムスタンプとの間の時間差を示します。同期レイテンシは、ターゲットインスタンスとソースインスタンスとの間のデータの時間差を反映します。同期レイテンシがゼロの場合、ソースインスタンスとターゲットインスタンスが完全に一致していることを示します。

サブスクリプションチャネル ID

サブスクリプションチャネル ID は、サブスクリプションチャネルの一意に識別するための ID です。サブスクリプションチャネルを購入すると、DTS によって自動的にサブスクリプションチャネル ID が生成されます。SDK を使用して増分データを使用する場合は、対応するサブスクリプションチャネル ID を指定する必要があります。各サブスクリプションチャネルに対応するサブスクリプションチャネル ID が、サブスクリプションリストに表示されます。

データ更新

DTS は、データベースの更新を、データ更新と構造更新の 2 種類に分類します。データ更新は、insert、update、delete など、データは変更されますが、構造オブジェクト定義は変更されないものです。

構造更新

DTS は、データベースの更新を、データ更新と構造更新の 2 種類に分類します。構造更新は、create table、alter table、drop view など、構造オブジェクトによって定義された構文の変更を示します。サブスクリプションチャネルを設定するときに、構造更新を含めるかどうかを選択できます。

データスコープ

データスコープは、サブスクリプションチャネルに格納される増分データタイムスタンプの範囲です。増分データタイムスタンプは、増分データが RDS インスタンスに適用され、トランザクションログに書き込まれたときのタイムスタンプを示します。デフォルトでは、当日の増分データのみがサブスクリプションチャネルに保持されます。DTS は期限切れの増分データを定期的に消去し、サブスクリプションチャネルのデータスコープを更新します。

消費時刻

消費時刻は、サブスクライブ中の下流 SDK が、最後に消費した増分データに対応するタイムスタンプです。SDK は、消費したすべてのデータについて、DTS に ACK を返します。次に、サーバーは SDK に対応する消費時刻を更新して保存します。SDK に例外があり再起動した場合、サーバーは最後の消費時刻以降のサブスクリプションデータを自動的に送信します。