性能比較

項目 ApsaraDB for RDS ローカルデータベース
サービスの可用性 99.95% 手動でマスタースレーブレプリケーションと RAID を構築する必要があります。
データの信頼性 99.9999% 手動でマスタースレーブレプリケーションと RAID を構築する必要があります。
システムセキュリティ DDoS 防御、トラフィッククリーニング、データベースの脆弱性に対する素早い修復。 高いコストをかけてデータベースを構築し、脆弱性を自分で修復する必要があります。
データベースバックアップ 自動バックアップ バックアップを独自に行うこともできますが、バックアップ用のストレージスペースを見つけ出し、バックアップデータを回復できるかどうかを定期的に検証する必要があります。
ソフトウェアとハードウェアへの投資 従量課金制またはサブスクリプションで、ソフトウェアやハードウェアへの投資は不要です。 データベースサーバーはかなり高価であり、SQL Server のライセンス料を支払う必要があります。
システムホスティング ホスティング料不要 1 台の 2 U サーバーのコストは、年間 5,000 元以上です。 (必要な場合、マスターサーバーとスレーブサーバーのコストは 1 万元以上)
メンテナンス費用 メンテナンス不要 プロのデータベース管理者を雇わなければならず、人件費が高くなります。
データベース構築とサイズ変更 即時アクティベーション、素早い構築、自動サイズ変更 ハードウェアの調達、データセンターのホスティング、ホストの構築、その他の作業が必要で、時間がかかります。
リソース利用率 実際の使用量に基づいて課金され、使用率は 100% になります。 ピーク時間とオフピーク時間があるため、リソース使用率は低くなります。

価格比較

項目 ApsaraDB for RDS ローカルデータベース
ハードウェア、スペアパーツ、アクセサリーのコスト たとえば、メモリが 1,200 MB、ストレージスペースが 50 GB のインスタンス (IOPS は最大 600) の場合、2,040 人民元/年です。
  • データベースクラスタには最低 2 台のサーバーが必要で、IOPS が最大 600 の単一サーバーには約 6,000 人民元の費用がかかります。
  • イントラネットスイッチを使用してフロントエンド Web サーバーに接続します (安価な非 NMS 型 1 U スイッチのコストは約 1,000 人民元です)。 後から発生するハードウェアの損傷と交換には コストの 30% 以上がかかります。
  • ハードウェアコスト: (6,000 x 2 + 1,000) x 130% = 16,900 人民元

    年間コスト: 16,900 人民元 / 3 = 5,633 人民元 (ハードウェアコストは 減価償却期間 3 年間にわたって算出)

データセンターホスティング料金 サービスプロバイダが負担し、ホスティング料金は必要ありません。 1 U キャビネット 1 台分のホスティング料金は 3,000 人民元/年で、1 U サーバー 2 台と 1 U イントラネットスイッチ 1 のホスティング料金が課金されます。 データセンターのホスティング料金: 3,000 x 3 = 9,000 人民元
帯域幅料金 同一リージョン内の ECS と ApsaraDB for RDS 間の通信は、イントラネットを通じて無料で利用できます。 ただし、異なるリージョンにまたがる ECS と ApsaraDB for RDS の間の通信は、インターネット経由で利用でき、インターネットトラフィックのコストが必要です。 詳細については、「」をご参照ください。 イントラネットでのみ利用可能で、インターネットトラフィックは無料です。
データベース保守エンジニアのコスト データベースの保守はサービスプロバイダによって行われるため、人件費はかかりません。 初級レベルのデータベース保守エンジニアの月給は少なくとも5000 人民元です。 稼働中のプロジェクトにフルタイムエンジニアの 30% の作業負荷が必要な場合: 人件費: 5,000 x 12 x 30% = 18,000 人民元
年間総コスト 2,040 人民元/年 32,633 人民元/年