ルーターインターフェイスを作成します。

このアクションを呼び出す前に、次の内容をご確認ください。
  • 2 つの VRouter 間に最大 1 ペアの相互接続されたルーターインターフェイスを作成できます。

  • VRouter には最大 5 つのルーターインターフェイスを作成できます。

  • アカウントに未払いのルーターインターフェイスがある場合はルーターインターフェイスを作成することはできません。

  • 同じルートテーブル内のルートエントリに同じターゲット CIDR ブロックを含めることはできません。

  • VBR が接続イニシエーターである必要があります。また、ステータスが有効である必要があります。

このアクションによって作成されたルーターインターフェイスは従量課金の課金方法をサポートしています。

デバッグ

API Explorer を使用して、API のデバッグ、SDK コード例の自動生成、API のすばやい検索が簡単にできます。

リクエストパラメーター

パラメーター データ型 必須/省略可能 値の例 説明
Action String 必須 CreateRouterInterface

この操作の名前。 値 :

CreateRouterInterface

OppositeRegionId String 必須 cn-shanghai

接続アクセプターのリージョン。

RegionId String 必須 cn-hangzhou

ルーターインターフェイスが属するリージョン。

リージョン ID を照会するには、 DescribeRegions を呼び出します。

Role String 必須 InitiatingSide|AcceptingSide

ルーターインターフェイスの役割。 有効値:

  • InitiatingSide:接続イニシエーター。

  • AcceptingSide :接続アクセプター。

RouterId String 必須 cn-hangzhou

ルーターインターフェイスに関連付けられているルーターの ID 。

RouterType String 必須 VRouter

ルーターインターフェイスに関連付けられているルーターのタイプ。 有効値:

  • VRouter:VRouter

  • VBR:VBR

Spec String 必須 Large

ルーターインターフェイスの仕様を変更します。 利用可能な仕様と対応する帯域幅は以下の通りです。

  • Mini. 2:2 Mbps

  • Mini. 5:5 Mbps

  • Small 1:10 Mbps

  • Small 2:20 Mbps

  • Small 5:50 Mbps

  • Middle. 1:100 Mbps

  • Middle. 2:200 Mbps

  • Middle. 5:500 Mbps

  • Large. 1:1000 Mbps

  • Large. 2:2000 Mbps

  • Large. 5:5000 Mbps

  • Xlarge. 1:10000 Mbps

    役割が AcceptingSide の場合、 Spec の値は Negative になります。
AccessPointId String 省略可能 ap-cn-shanghaiSZ-pd-A

VBR が属するアクセスポイントの ID 。

リージョン ID を照会するには、 DescribeAccessPoints を呼び出します。

物理アクセスのシナリオでは、このパラメーターを指定する必要があります。
AutoPay String 省略可能 false

オーダーが自動的に支払われるかどうか。 有効値:

  • false:自動支払いは無効です。 オーダーが生成された後、オーダーセンターで支払いをします。

  • true:自動支払いが有効です。オーダーは自動的に支払われます。

InstanceChargeType の値が PrePaid の場合は、必要なパラメーターです。
ClientToken String 省略可能 sjffha123334

リクエストの冪等性を保証するために使用されるクライアントトークン。

このパラメーター値はクライアントによって生成され、多様なリクエストにおいて一意であることが保証されています。 長さは 1 〜 64 ASCII 文字でなければなりません。

Description String 省略可能 This is my description.

ルートテーブルの説明。

説明の長さは 2 ~ 256 文字でなければなりません。 名前は英字で始まる必要があります。先頭文字列は http:// または https:// にすることはできません。

HealthCheckSourceIp String 省略可能 116.62.222.28

ヘルスチェックの実行に使用されるソース IP アドレス。 ローカル VPC の未使用の IP アドレスである必要があります。

このパラメーターは、物理アクセスのシナリオで指定できます。
HealthCheckTargetIp String 省略可能 116.62.222.28

ヘルスチェックのターゲット IP アドレス。

HealthCheckSourceIp パラメーターが指定されている場合は、必要なパラメーターです。
InstanceChargeType String 省略可能 PrePaid

ルーターインターフェイスの課金方法。 有効値:

  • PostPaid (デフォルト):従量課金

Name String 省略可能 Router interface 1

ルーターインターフェイスの名前。

名前の長さは 2 ~ 128 文字である必要があります。 英数字、ピリオド (.)、アンダースコア (_)、ハイフン (-) を含めることができます。 名前は英字で始まる必要があります。先頭文字列は http:// または https:// にすることはできません。

OppositeAccessPointId String 省略可能 ap-cn-shanghaiSZ-pd-A ピアルーターインターフェイスのアクセスポイントの ID 。
VBR 上にピアルーターインターフェイスがある場合は、必要なパラメーターです。 ルーターインターフェイスの作成後は変更できません。
OppositeInterfaceId String 省略可能 ri-2zeo3xzyf38r4urzdpvfs

ピアルーターインターフェイスの ID 。

OppositeInterfaceOwnerId String 省略可能 fffsf

ピアルーターインターフェイスの所有者の ID 。

OppositeRouterId String 省略可能 vrt-bp1lhl0taikrteen80oxx

ピアルーターの ID 。

OppositeRouterType String 省略可能 VRouter

ピアルーターインターフェイスに関連付けられているルーターのタイプ。 有効値:

  • VRouter:VRouter

  • VBR:VBR

Period String 省略可能 3

購入内容の有効期間。 値の範囲:

  • 月ごとの支払い:1 〜 9。

  • 年ごとの支払い:1 〜 3。

InstanceChargeTypeパラメーターの値がPrePaid の場合は、必要なパラメーターです。
PricingCycle String 省略可能 Month

サブスクリプション課金方法の課金サイクル。 有効値:

  • Month (デフォルト):月単位で課金されます

  • Year:年単位で課金されます

InstanceChargeType パラメーターの値が PrePaid5 の場合は、必要なパラメーターです。

レスポンスパラメーター

パラメーター データ型 値の例 説明
OrderId String 202008594930117 オーダーナンバー。 サブスクリプションの課金方法を選択すると、このパラメーターが返されます。
RequestId String 079874CD-AEC1-43E6-AC03-ADD96B6E4907 リクエストの ID です。
RouterInterfaceId String ri-2ze7fbuohmxxxxxx ルーターインターフェイスの ID 。

リクエストの例


http(s)://vpc.aliyuncs.com/?Action=CreateRouterInterface
&OppositeRegionId=cn-shanghai
&RegionId=cn-hangzhou
&Role=InitiatingSide|AcceptingSide
&RegionId=cn-hangzhou
&RouterType=VRouter
&Spec=Large
&<CommonParameters>
レスポンス例
  • XML 形式

    <CreateRouterInterfaceResponse>
      <RequestId>980960B0-2969-40BF-8542-EBB34FD358AB</RequestId>
      <RouterInterfaceId>ri-2ze7fbuohmxxxxxx</RouterInterfaceId>
    </CreateRouterInterfaceResponse>
    
  • JSON 形式

    {
    	"RouterInterfaceId":"ri-2ze7fbuohmxxxxxx",
    	"RequestId":"980960B0-2969-40BF-8542-EBB34FD358AB"
    }

エラーコード

HTTP ステータスコード エラーコード エラーメッセージ 説明
404 InvalidRegionId.NotFound 指定された regionId はレコードに存在しません。 指定された リージョン ID は存在しません。
400 InvalidRole.ValueNotSupported 指定された役割は無効です。 指定された役割は無効です。
400 InvalidSpec.ValudNotSupported 指定された Spec はサポートされていません。 指定された仕様はサポートされていません。
400 InvalidRouterType.ValueNotSupported 指定された RouterType は無効です。 指定されたルータータイプは無効です。
404 InvalidRouterId.NotFound 指定された RegionId はレコードに存在しません。 指定されたルーター ID は存在しません。
400 InvalidDescription.Malformed 指定された "Description" は無効です。 指定された説明は無効です。 説明の長さは 2~256 文字でなければなりません。 先頭文字列を http:// または https:// にすることはできません。
400 Forbidden.BillsOutstanding 未払いの請求書があるため、新たに RouterInterface を作成することはできません。 支払い期限が過ぎている支払いがあるため、ルーターインターフェイスを作成できません。
400 LimitationExceed.InterfaceNumberOnRouter ルーター上の RouterInterface の総数を超えています。 ルーターインターフェイスのクォータに達しました。
400 Forbidden.NotInRouterInterfaceCreateWhitelist ルーターインターフェイス作成ホワイトリストの範囲外です。 ルーターインターフェイスのホワイトリスト上に存在しません。
400 RI_CREATE_ONE_LIMIT_BY_SYNC 同期によって 1 つのルーターインターフェイスのみ作成。 一度に作成できるルーターインターフェイスは 1 つのみです。
400 InvalidAccessPoint.ValueNotAllowed 非 vbr のルーターインターフェイスにアクセスポイントを設定することはできません。 VBR にないルーターインターフェイスにアクセスポイントを設定することはできません。
400 InvalidAccessPoint.ValueNotAllowed 非 vbr のピア側ルーターインターフェイスには、ピア側のアクセスポイントを設定することはできません。 VBR にないルーターインターフェイスにアクセスポイントを設定することはできません。
400 InvalidAccessPoint.NotMatch accessPoint ID が一致しません アクセスポイントの ID が無効です。
400 InvalidAccessPoint.NotExist accessPoint が存在しません 指定されたアクセスポイントは存在しません。
400 InvalidRouterType.ValueNotSupported 指定された RouterType は無効です 指定されたルータータイプは無効です。
400 ForbiddenAction 該当ユーザーはこのアクションを行うことができません。 この操作を行う権限がありません。

一般的なエラーコードをご参照ください。