このドキュメントでは、AnalyticDB for PostgreSQL の基本的な機能と制限について説明します。

機能

  • Greenplum Database の主要な機能をカバー。 詳細は、『Summary of Greenplum Features』をご参照ください。

  • MetaScan と SortKey のサポート

  • ORCA オプティマイザのサポート

  • PL/ PGSQL と PL/JAVA の分散ストアドプロシージャのサポート

  • PostGIS、PostGIS、MADlib、fuzzystrmatch、 orafunc、pgcrypto、intarray などの多様な拡張機能のサポートOrafunc 、 pgcrypto 、と intarray 。 (CREATE EXTENSION コマンドで作成できます。)

  • OSS_EXT 拡張機能を使用した Alibaba Cloud OSS (オブジェクトストレージサービス) のデータの読み書きや、 外部テーブルの ストレージコストを削減する gzip 圧縮のサポート

  • JSON データ型と HyperLogLog 型のサポート ( CREATE EXTENSION コマンドで作成できます。)

制限

  • 主要な機能における制限については、『Summary of Greenplum Features』をご参照ください。

  • 権限の制限 : AnalyticDB for PostgreSQL の初期ユーザー (root ユーザー) は、 データベースの作成 (CREATEDB) 権限と ユーザーの作成 (CREATEROLE) 権限を持ちますが、 スーパーユーザー権限 (SUPERUSER) は持っていません。 つまり、

    • root ユーザーはスーパーユーザー権限を必要とする操作を 実行できません。 たとえば、root ユーザーは pg\_ls\_dir といったファイル関連関数は実行できません。

    • root ユーザーには、スーパーユーザー以外の全ユーザーのデータを表示、変更する権限と、 スーパーユーザーでない他のユーザーの接続を終了 (Kill) させる権限が あります。

  • PL/R 拡張機能はサポートしていません。

  • PL/Python 拡張機能の作成はサポートしますが、 PL/Python を使っての関数の作成はサポートしていません。

  • gpfdist ツールはサポートしていません。

  • MapReduce インターフェイス、gphdfs ストレージインターフェイス、およびローカル外部テーブルは サポートしていません。

  • 自動バックアップや自動リカバリはサポートしていません。 AnalyticDB for PostgreSQL はデータを二重に保持しており、 pg_dump ツールを使用することでデータをバックアップできます。